メメント ネタバレ、感想、あらすじ、難しくて意味わからない?動画

スポンサーリンク
映画

『メメント』(原題:Memento)は、2000年に公開されたアメリカ映画。クリストファー・ノーラン監督作品。監督の弟であるジョナサン・ノーランが書いた短編『Memento Mori』が元になっている。作品はストーリーを終わりから始まりへ、時系列を逆向きに映し出していくという形式を取っている。

インディペンデント・スピリット賞にて、作品賞、監督賞を受賞した。アカデミー賞ではオリジナル脚本賞、編集賞にノミネート。ゴールデングローブ賞では最優秀脚本賞にノミネートされた

メメントのあらすじ

「メメント」のあらすじは次の通り。

保険の調査員レナードの家に何者かが侵入し、妻がレイプされたうえ殺害される。その光景を目撃した彼は、激しいショックで前向性健忘という珍しい記憶障害になってしまう。10分間しか記憶を保つことができない彼は、謎の女ナタリーに助けられ、ポラロイドにメモを書き、体にタトゥーを刻みながら、妻を殺した犯人の手掛かりを追う。犯人のキーワードは、ジョン・G。だが、謎を追えば追うほどに、さらなる謎が深まる。ジョン・Gはいったいどこにいるのか? だれの言うことが、いったい本当なのか?

メメントを時系列で

メメントは時系列にし直さないと理解できない。

メメントを時系列にまとめたのが以下の通り。

レナードは何をしたのか?

まず、彼は1年前に、テディが見つけてきた、妻を強姦した真犯人の男を殺している。その際にテディがレナードの写真を撮った。レナードが笑顔で映る写真だ。

しかし、10分しか記憶の持たないレナードは犯人を殺したことを忘れ、再び犯人捜しを始めた。

テディは新たなジョン・Gを探してきては、それらしい手掛かりをレナードに与え、その男を殺させた。これを何度も繰り返していた。その何人目か分からない犠牲者の1人がジミー・グランツだった。

ある日、レナードはテディに揃えられた手がかりからジミー・グランツという男を突きとめる。麻薬取引が行われるという人気のない郊外の小屋にレナードは青いピックアップトラックでやってきた。

レナードが待ち構えていると、ジミー・グランツが現われる。レナードはジミーを首を絞めて殺し、地下の部屋に放置し、死体の写真を撮った。さらに、ジミーの死体からスーツを奪い、ジャガーも乗り逃げした。この服装と車はレナードが「メメント」中でずっと使っていたものである。

レナードがジミーを殺す前に、ジミーはジャガーのトランクに20万ドルを持ってきたことやテディを待っていることをレナードに話した。

ジミーの話を怪訝に思ったレナードが直後にやってきたテディを問いただすと、テディはその20万ドルについて自分が取引して得るつもりの金であったことを白状。

しかも、レナードが今までテディの用意したジョン・Gを殺し続けており、ジミーは数人目の被害者であることを教えた。さらに、レナードの持っているレナード自身が笑顔で映る写真は、真犯人を殺した直後に撮ったものだと教えた。

レナードは憤り、建物の外に出て草むらにテディの車のカギを捨て、ジミーの乗ってきたジャガーに乗り込むと、笑いながら映る自分の写真とジミーの死体の写真を燃やした。

そして焦げた写真をポケットに突っ込み、テディの写真に『こいつのウソを信じるな』と書き込む。さらに、レナードは、テディの車のナンバーを書きとめてから走り去った。

 

行き先は刺青屋。

その店で、テディの車のナンバーを”THE FACTS 6″として彫り込ませる。

そこにテディがやってきた。テディは町を離れろとレナードに警告し、ジミーのスーツから着換えろと言って着替えの服をレナードに渡す。

奥の部屋にいったレナードは着替えようとするが、テディの写真を確認すると、『信用するな』と書かれている。そして、ジミーのスーツから黒く焦げた写真のかたまりとファーディーズ・バーのコースターを見つけた。

そこで、レナードは窓から逃げ出し、ジミーの車ジャガーでファーディーズ・バーに向かう。

バーにつくと、ナタリーはゴミ出しをしているところだった。見慣れたジミーのジャガーを見て、「ジミー!」と声をかけるが、乗っていたのはレナード。「間違えたわ」、といってナタリーは店の中に戻っていく。

レナードの見つけたコースターには”後で寄って、ナタリー”と書かれており、レナードはバーに入って「俺の服に入ってた」といってそれを見せると、彼女は不審そうな様子で「あなたの服に ? 」。

「ジミー・グランツという私の恋人があなたのことを知ってたわ」とナタリーは言うが、レナードは自分が殺したジミーのことをすでに忘れていて、覚えていない。ナタリーは「テディがあなたをよこしたの?」とも聞くがレナードには分からない。

ナタリーは彼にビールにつばを吐かせてそれをジミーに飲ませるが、ジミーは少し前に自分がつばを吐いたことを忘れてビールを飲む。

ナタリーはそれを見て、「障害があるのは本当ね、警官が行ってた通りだわ」。

 

ナタリーはレナードを自分の家に連れていき、彼を泊まらせることにする。ナタリーは恋人のジミーがテディという男に会いに行き、戻らなかったと語る。さらに、ナタリーはドッドという男を殺してほしいとレナードに頼む。

レナードはそれを断るがナタリーは怒って殺されたレナードの妻をこき下ろし、罵詈雑言を吐く。レナードは彼女を殴り飛ばし、彼女は家から出ていってしまった。

レナードはナタリーの吐いた悪態を書きとめようとするが、ナタリーはあらかじめ、ペンを隠してしまっていて、メモすることができない。ナタリーは外に止めた車のなかでペンを探しているレナードを見ている。

そして、しばらくして戻ってくると、ナタリーはさっきレナードに殴られてできた傷を見せ、ドッドに殴られたとレナードに言う。

レナードは「ドッドのところに行く」、いって飛び出そうとするが、ナタリーはドッドにレナードの車のナンバーを教えたから、彼からレナードのところに来るかもしれない、と告げる。

そのまま、レナードは彼女の家に泊まり、家を出るとテディが待ち受けていて「ナタリーに気をつけろ」、と警告する。

レナードは「メモをしておけ」、とテディからペンを渡されるが、テディの写真に『この男を信用するな』との書き込みがあることに気が付き、ナタリーの写真に書き込みはしなかった。

妻の遺品を工場跡地に持ち込んで燃やしたあと、車で街を走っていると、突然ドッドから銃で狙われた。

レナードは逃げ、逆にドッドの借りているモーテルに侵入してドッドを待ち伏せする。しかし、待ち伏せしている間に、なぜ、この部屋にいるのか忘れてしまい、シャワーを浴び始めた。

そこにドッドが帰宅。人の気配に気づいたレナードは彼を殴り倒し、クローゼットに押し込める。ドッドの写真を撮り、「テディに会わせるか、ナタリーのために始末しろ」と書く。そして、テディに電話し、モーテルの名前と部屋番号を告げてテディを呼び出してから寝てしまった。

その後、寝ていたレナードが目覚めると、戸口にテディが来ているが、レナードはテディをなぜ呼び出したのか、忘れてしまっていて思い出せない。そのとき、クローゼットからうめき声が聞こえ、ドッドを発見。町はずれまでドッドを連れていき、解放する。

 

その後、ナタリーに会いに行ったレナードはドッドという男にジミーが持っていたはずの麻薬とお金を要求されていて、渡さないと殺すと脅迫されていたので助けてもらったのよ、とレナードに説明する。

そして、ナタリーは妻を殺したジョン・Gを探すのを手伝ってあげるとレナードに言い、レナードは『ナタリーが探すのを助けてくれる』と写真にメモする。

ナタリーとレナードは午後1時にダイナーで会った。ナタリーはレナードが”THE FACTS 6″として彫り込んでいたテディの車のナンバーを調べてきていた。彼女はレナードに車の持ち主はジョン・E・ギャメルという男だと教える。

そして、その男を殺すには恋人のジミーが取引によく使っていた人気のない郊外の小屋を使うといい、という。さらに、ナタリーはジョン・E・ギャメルの免許証のコピーを渡す。

レナードは免許証の写真を見てテディの写真を取り出し、『犯人だ』『殺せ』と書きつける。

さらに、鎖骨の下に彫られた、『ジョン・G・が妻を犯し、殺した』という刺青を確認する。レナードはテディに電話して呼びだす。そして銃とテディの写真を手にしてモーテルの受付に行く。

受付の男にテディが来たら部屋に電話してくれ、と頼んでいるところにテディがやってきた。2人は車に乗って、ナタリーに教えてもらった郊外の小屋に向かう。

小屋には青いピックアップトラックが放置されている。車のドアを開けて乗り込んでみるレナード。これはかつてレナードがジミーを殺したときに乗ってきた車なのだが、当然レナードは覚えていない。

レナードは写真を取り出し、テディの写真に先ほど書きこんだばかりのメモを見つける。

『テディ こいつのウソを信じるな。殺せ』。

小屋に入ったレナードを追ってテディが入ってくる。銃を向けるレナードにテディは慌てて、「地下に行けば…」といいだすがレナードは発砲。テディを射殺した。

メメントのネタバレと感想、難しくて意味わからない?

 

ポイント1

インセプションの監督であるクリストファーノーランの映画。

https://dokuzetu.com/archives/124

 

はっきりいって超難解。

一回だけ見ても意味わからない?意味をすべて理解できる人はいないだろう。

 

ポイント2

レナードは健忘症の前向性健忘の患者。

前向性健忘は受傷などをした時点以降の記憶が抜け落ちる状態。

事件以前の記憶はあるが、事件で頭の怪我をした際に短期の記憶をつかさどる海馬に損傷を受けた模様。

記銘、すなわち新しい物事を覚えることができなくなってしまう状態。

 

ポイント2 テディ:ジョン・ギャメル(悪徳警官) は何者か?

テディは、レナード(サミー)の家に対する押し入り強盗事件を担当した警官。

レナード(サミー)の話を信じて哀れに思い、2人目の犯人(薬代欲しさの金銭目当てで押し入ったヤク中)に復讐するのを認め、探し出すのを手伝い、復讐を見届け、そのまま黙認する。

レナードが復讐を果たした時に、レナードの嬉しそうなポラロイド写真を撮ってやる。

その後、ジミーの麻薬密売事件の担当になり、捜査をしていく中で、レナードを利用して、ジミーの麻薬売買代金20万ドルを横取りしようと思いつく。

それ以降は、本名を隠し、テディと名乗り、レナードにもテディと呼ばせる。

モーテルに泊まらせ、電話嫌いのレナードに電話をかけ続け、電話に出なくなるとドアの下に封筒を入れて答えさせ、麻薬密売人ジョン・Gの話を吹き込み、復讐すべき相手と思わせる。

首尾よく、レナードにジミーを片付けさせ、レナードを騙したままジミーの20万ドルを手に入れようという時に、逆にレナードに射殺されてしまう。

こいつ、最後、殺されたけど、その後はどうなる?大丈夫か?

 

ポイント3 ジミー(麻薬密売人)は何者か?

ジミーは、郊外のモーテル「ディスカウント・イン」で、麻薬の取引を行っている。

フロント係のバートと顔見知りで、短時間記憶喪失のレナードの噂話などもしていた。

テディが周辺をかぎまわっていることは知っている。

もしかすると、口止め料を渡していたかもしれない。

テディに騙され、呼び出された廃屋に行くと、なぜか、レナードがいて、テディにはめられたと気づいた時にはすでに遅く、レナードに絞め殺される。

 

ポイント4 ナタリー(ジミーの女)は何者か?

ナタリーは、普段は、FERDY’S BARで働くバーテンダをしているジミーの女。

店のコースタを使った麻薬密売の連絡係として、ジミーの手伝いをしていた。

ジミーの車(超高級車ジャガー)で、ジミーの高級スーツを着て現れたレナードに話しかけ、ジミーではないことに驚く。

店の中での会話によって、ジミーから「ディスカウントにおかしいのがいる」と噂話をされていた男であり、テディ(刑事)が「自分が何をしたかもわからない男」と言っていたのが、この男ということを知る。

店の常連客と、本当にそんな短期記憶障害みたいなことがあるのかと、酒代を賭けることになっていて、さっそく「つば入りビール」で試してみる。

ドッドに、ジミーの20万ドルを横取りしたのが自分ではないかと勘違いされ、居場所を探され、狙われていることを知り、レナードを利用して、ドッドを遠ざけようと思いつく。

レナードがドッドを殴り、縛り上げたポラロイドを見て、うまくいったことを知り、レナードにやさしくする。

レナードがタトゥーとして入れているナンバープレートを車検局の知り合いに問い合わせてみたら、車の持ち主がジョン・ギャメルとなっていることを知り、店でよく見かけていた男だと気づく。

ジミーがテディに会いに行ったまま行方不明になったことから、おそらく、ジョン・ギャメルがジミーをはめたと考える。

ジミーの女だったナタリーは、レナードにナンバープレートの持ち主を教える際に、復讐相手の「ジョン・G」だと思わせるように話し、車検証と免許証のコピー、居所も知らせ、殺させようと仕向ける。

ナタリーは長難解な行動するけど、身の安全と麻薬のためにレナードを利用する。

こいつも悪よのぉ。

 

ポイント5 ドッド(ジミーの相棒)は何者か?

ジミーから20万ドルの分け前をもらっていなかったことから、ナタリーが金を持っているのではないかと考え、ナタリーを探し始める。

ナタリーに騙されてドッドのところにやって来た「ジミーの車に乗ったレナード」を見つけ、殺そうとするが逃げられる。

自分のモーテルに戻ってくると、先回りしていたレナードに酒ビンで頭を殴られ、縛り上げられる。
銃を突きつけられたまま、街の外れまで行かされ、2度と街に戻るな、街に戻ってきたら殺すと脅される。

ドットは街から出て行ったきりか?

復讐のために戻ってこないかぁ?

 

ポイント6 エレン(サミーの妻) は何者か?

本当のサミーは独身だったので、レナードの妻であり、エレンがサミーの話として、レナードに話すことは、実はレナード自身に妻から語りかけられたことなのだろう。

 

ポイント7 レナード(サミー)は何者か?

保険会社調査員。

夜中、押し入り強盗に妻はレイプされ、犯人の1人を撃ったものの、2人組のもう1人の犯人に頭を殴られ、心理的ショックと脳へのダメージで、記憶障害になる。

しかし、事件後の記憶も断片的にはフラッシュバックしてくる。

実は、脳の機能としては、記憶できないわけではなく、心の病として、記憶することを自ら拒否しているらしいことがわかってくる。

左手の甲という、もっとも目の行くところに「Remember Sammy Jenkins」というタトゥーを入れている。

しかし、本当のサミーはただの保険金詐欺師で、レナードがをそれを見破ったことがあっただけだった。

自分自身が、妻をインシュリン注射で殺してしまったという現実から逃避するために、レナードの中では、妻は強盗犯に殺されたことに置き換える。

インシュリンを重複注射して妻を殺す、という行為については、それをしたのはサミーだということに、自分の中で置き換える。

つまり、妻の死は強盗犯、インシュリンの誤注射は、サミーと置き換えることで、自分が犯した罪から逃れようとする。

少しの記憶さえ次々に消したいほどつらい出来事であり、自己防衛本能の発動であり、心の病(狂気)を発症したのだろう。

 

ポイント8 コールガールを呼んでの遺品焼き

妻の遺品を焼くことで、遺品と一緒に、時々断片的にフラッシュバックする妻の記憶さえも消滅しようと何度も試みるが消しきれない。

その度に、妻の遺品を買ってきて、コールガールを呼び、トイレのドアの音で起きるようにし向け、妻の遺品であることにし、それを焼く(炎とともに消失して欲しい)という儀式を繰り返す。

自己防衛本能にもどづく脳の働きから、つらい記憶をすべて消し去り、メモだけを「真実」として行動をしていくようになっていく。

サミーという名の男は、自分が初めて保険の調査を担当した独身男の名だが、それと過去の自分が人格が結合し、もうひとつの人格「サミー・ジェンキンズ」を作り出す。

少しずつ倒錯傾向が強くなりだしたレナードは、自分の体を傷つけるタトゥーの数を増やし、痛みによって、自分の生を確かめるかのように傾斜していく。

それまでは、テディ、そしてナタリーに、復讐すべき相手を吹き込まれ、それをあたかも自分自身で探し出したように倒錯しながら、復讐を続けていく。

もはや、復讐する相手を探し、それを殺すことしか、生きる目的を失ったレナードは、ついに自ら、次のターゲット(テディ)を作り出すようになる。

復讐相手の自己創作を始めたレナードに、もう、テディは必要なかった…。

 

ポイント9 ラストシーン

テディからレナードへの残酷な真実の通告。

・1年前に、レナードの復讐は完了していた。しかし、それさえも忘れてしまい、一度殺した復讐相手をまた探し始めた。

・レナードは、自分の行為のサミーへの転化を忘れないように、誰かれ構わずサミーの話をし、その内容も、どんどん変化していった。

・本当は、レナードの妻がサミーの妻であり、糖尿病で、レナードの症状を疑っていた。

・レナードの妻はレイプ事件の時には命は助かった。その後、すぐに忘れるレナードに、連続してインシュリンを注射され、死んでしまう。

・犯人を見つけ、レナードに教え、お膳立てをすべて整えたのは悪徳ではあっても「刑事」のテディであって、レナードは探偵ごっごをしてみたが結局、真犯人も何も見つけられないまま、テディのお膳立てのとおりに復讐しただけだった。

 

ポイント10 警察資料の間引き

レナードは、事件のこと、自分が妻を殺してしまったこと、それらの証拠を消さなければ生きていけない状態になっていたため、自ら明確な記述部分を消滅させた。

そして、もう犯人への復讐は終わったのに、それも忘れ、また新たな犯人捜しを始める。

警察の記録、12ページがなくなれば、また謎が生まれ、犯人捜しが可能になり、その犯人への復讐だけを目的として、また生きていけるからだ。

 

ポイント11 ラストシーンの補足

このテディの残酷な真実を聞いているうちに、消し去っていたはずの記憶が戻りそうになり、自己防御反応的に、テディを殺そうとする意識が芽生える。

テディの過酷な通告を消さなければならないレナードは、テディの話はすべて嘘だということにして、ポラロイドに書き込み、テディの話を裏付ける証拠写真、2枚のポラロイド(自分が写ってるのとジミーを殺したあとの写真)を焼く。

テディにさせられた2件の殺人も忘れることにして、また新たなジョン・G探しを始めることにする。

その真犯人をテディ(ジョン・ギャメル)にするという、ついに、復讐相手の自己創作を始める。

映画のラストカット「Emma’s Tatoo」も、途中の「新たな犯人、ジョン・キャメル」が乗る車のナンバープレートをタトゥーに入れているシーンにつながる。

追いかけて店に入ってきたテディは、なんとか、車ごと20万ドルを奪おうと、レナードに対して、「車を後ろに回しておくからキーを貸せ」とか、「デカが探しているから、服も身分証も「車」も変えよう」と言う。

しかし、すでに「テディの嘘を信じるな」と書いていたレナードは、その話を無視し、裏口から逃げる。

その時に、ジミーの服のポケットにあったFERDY’S BARのコースター、ナタリーのメモを見て、店に行ってみることにし、ナタリーが「ジミーが来た」と間違えるところにつながる。

 

ここまで全部理解して、最初から見ないと難しくて意味がわからないだろう。

似た映画 シャッターアイランド、ファイトクラブ、マシニスト

シャッターアイランド

https://dokuzetu.com/archives/917

 

ファイトクラブ

https://dokuzetu.com/archives/1835

 

マシニスト

https://dokuzetu.com/archives/2776

 

映画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

 

コメント