シャッターアイランド ネタバレ、感想、あらすじ、動画

スポンサーリンク
映画

『シャッター アイランド』(英: Shutter Island)は、2010年のアメリカ映画。原作はデニス・ルヘインによる同名のミステリー小説「Shutter Island」。監督マーティン・スコセッシ・主演レオナルド・ディカプリオの4度目の作品。

2009年8月、パラマウント映画は本作の公開を2009年10月2日から2010年2月19日へと延期した。日本では2010年4月9日に公開。

感想などをまとめた。

シャッターアイランドのあらすじ

「シャッターアイランド」のあらすじは次の通り。

1954年、アメリカ、ボストン湾諸島。
ボストンの沖合の孤島・シャッターアイランドに、犯罪者の精神病施設がありました。アッシュクリフ病院といいます。

シャッターアイランドは孤島で、島への出入りはフェリーが停泊する桟橋のみでした。島の反対側は絶壁になっており、人が立ち入る場所もありません。またフェリーも日に何便かあるだけでした。

1954年9月、病院の施錠された一室から女性患者のレイチェル・ソランドが失踪した知らせを受け、アメリカ連邦保安官・テディと相棒・チャックが島を訪れます。

島の警備は厳重でした。桟橋まで迎えに来た警備副隊長・マクフィアソンは、嵐が近付いていることを告げ、テディとチャックを車で病院まで連れていきます。

病院の周囲は電流が通った有刺鉄線が張られており、ものものしい警備の施設でした。マクフィアソンに「できるだけ協力はするが、滞在中は病院のルールを守ってもらう」と釘を刺された後、2人は病院内を案内されます。

広大な施設の中には、右側に男性患者を収容したA棟、左側に女性患者を収容したB棟がありました。

ガケの上には、南北戦争時代の砦になった頑丈な施設があり、そこには特別危険な患者を収容した、C棟があります。C棟に入るには、マクフィアソン警備副隊長と、コーリー院長の許可証と立ち会いが必要でした。

コーリー院長と会った2人は、レイチェルが昨夜22時から0時の間に脱走したと告げられます。レイチェルは家の裏の湖で、1人ずつ頭を押さえてわが子3人を溺死させ、その死体を台所に運んで食事をしているところを、発見されました。

入院してからも、レイチェルは自分の子どもたちは生きているものと信じており、病院をバークシャーにある自宅だと思い込んでいます。レイチェルの夫はノルマンディー上陸作戦で亡くなっていました。

入所して2年が経過するレイチェルに回復の兆しはなく、いまだ、院長やスタッフのことを牛乳屋や郵便配達人と思っています。虚構の世界を作り、そこに入ることで、レイチェルの精神は安定していました。

そんなレイチェルが自分から失踪するとは考えにくいと、テディは思います。なにか理由があると思ったテディは、レイチェルの部屋を見せてもらいました。

窓には鉄格子がはまり、部屋の家具はベッドのみです。与えられた2足の靴はそのままで、つまりはレイチェルは失踪当時、はだしだったということを意味しました。

院長が「人間は思い込みを正せないのだ」と言います。

部屋の床に小さく折り畳んだメモがありました。そこには「4の法則 67番目は誰?」という走り書きが残されています。筆跡はレイチェルのものだと、院長らが言いました。

沿岸警備隊の捜索を視察したテディは、隣の島まで18kmの距離があって、到底泳ぎつけない距離であること、もし溺死した場合、海流の関係で必ず島の岸にあがることも聞きます。

島には洞窟がありますが、周囲には毒性のツタやウルシがあって、辿り着きにくい状態でした。島のかなたには昔の灯台があり、そこは下水処理施設で、もう捜索したと言われます。

職員らに聞き込みをしたテディは、レイチェルの担当医であるシーアン医師が、入れ違いで今朝のフェリーで島を立ち去っていると知ります。しかも前もっての報告ではありますが、休暇を取っており、テディはシーアン医師が何らかの形で事件に関与していると結論づけました。

 

本土に電話をしてシーアン医師と話をしようと考えますが、嵐が本土に上陸しており、電話線が不通でした。嵐の関係で、しばらくフェリーも出そうにありません。

その夜、コーリー院長に夕食に招かれたテディは、ドイツ人のナーリング医師と出会いました。南北戦争時代の元司令官の住居で流れる音楽は、マーラーのピアノ四重奏イ短調で、テディはそれが分かった自分に驚きます。

テディはシーアン医師の個人情報を提示するよう要求しますが、ナーリング医師は拒否しました。
翌日も島は嵐で、フェリーは欠航です。留まらざるを得ないテディとチャックは、捜査を続行しました。

実はテディはレイチェル・ソランドーの捜査以外に、もう1つ別の目的を持って島を訪問していました。テディと妻・ドロレスがかつて住んでいたアパートの管理人で、テディの留守中にドロレスを火事で殺した放火魔・レディスがこの島に収監されているのです。テディはレディスと会って話をしたいと思っているのですが、このシャッターアイランドに収監された後に、レディスのデータは消えていました。

収監されている患者にも聞き込みをしたテディですが、みんな一様に決まった答えをします。それはまるで、コーリー院長から教わった回答を口にしているようだ、そうテディは受け止めました。レディスという単語にも反応はありません。

浮気性の夫を斧で殺したミセス・カーンズに話を聞いていたテディは、相棒・チャックが席を中座した折に「RUN(逃げろ)」と手帳に書かれました。

聞き込みを続けるうちに、この島では、ある人体実験が行なわれている疑惑が浮上します。それは脳の前頭葉切除によるロボトミー手術と呼ばれるもので、凶暴性を抑えるためにおこなわれる手術です。

危険な精神病を患った犯罪者をロボトミー手術にかけると、穏やかにはなりますが、その人の人格や記憶といったものが喪失します。この島はいわば見捨てられた孤島なので、そこで実験してみて、効果が現れるようならば世間に発表しようという病院側の思惑がありました。

嵐が強まり、病院が停電するおそれが出てきます。停電すると、隔離した危険な患者のC棟の施錠も解かれてしまうので、大変です。

マクフィアソン副警備隊長とコーリー院長らの会話を聞いて、テディはレイチェルが残した手がかりの〝4の法則 67は誰?〟という意味に気づきました。

収容されている患者の数は、A棟とB棟あわせて42人、C棟には24人です。これを合わせると66人です。レイチェルは「67番目の患者がいる」ことを示唆しているのではないかと、テディは考えました。しかしそれ以上の手がかりはありません。

島に滞在するうちに、テディは絶えず偏頭痛に悩まされます。めまいもしますし、体調がすぐれません。病院で何か盛られているのではないかと疑いもしました。とにかく病院側の医師の対応が妙なのです。

発電所が浸水して補助発電もきかず、停電した隙を狙って、テディとチャックはC棟に向かいました。C棟はコーリー院長に見せてもらえなかったからです。

途中、患者のビリングスに襲われて殴り返したテディは、ビリングスを相棒・チャックに任せて奥へ向かいました。そこでジョージ・ノイスという男性と会います。

ジョージ・ノイスは学生時代に教授を殺しかけた容疑で逮捕され、島のC棟に収監された後1年で出所し、出所後わずか2週間で酒場で3人の男性を殺した男です。

逮捕されたジョージは「病院に戻るくらいなら死刑を」と望み、電気椅子(死刑)になった筈でした。ジョージの発言から、島で人体実験が行なわれている疑惑がもたれたのです。

ジョージにレディスの居場所を聞いたテディは、「レディスはお前だ」「お前のために仕組まれたゲームだ」と言われました。

残るは灯台しかない…そう考えたテディですが、相棒のチャックは灯台に行くのを止めます。テディはチャックも怪しみ始めました。

ひとりで灯台に行こうとしたテディは、がけの中に洞窟があり、そこにいる女性レイチェル・ソランドと会います。レイチェルは生きており、彼女は患者ではなく医師で、独身で子どももいないと聞かされました。

レイチェルはロボトミー手術に反対し、シャッターアイランドの患者が実験体になっているのを世間に訴えようとして、院長側に止められていました。それで逃亡を図ったのです。

ロボトミー手術の危険性を説いたレイチェルは、テディの体調が悪いのも病院で摂取した食物、飲料、薬、煙草それらの全てに精神薬が入っているからだと指摘しました。レイチェルは逃げるために、毎日居場所を変えているそうです。

レイチェルの生存を確認したテディは、薬を盛られる病院側に不信感を抱き、島を出て帰るとコーリー院長に言いました。

その際、相棒はいなかったと言われたテディは、愕然とします。「君はひとりで来た」と言われたテディは、チャックが病院側に拉致されたと疑いました。逃げようとしたテディは老医師に鎮静剤と言われる謎の薬を注射されそうになり、逃げます。

コーリー院長の車を爆破して警備を引きつけて病院を脱走し、泳いで灯台に向かいました。灯台を監視している警備の人物を殴って気絶させて銃を奪い、灯台の中へ入ります。

中のらせん状の階段をのぼり、ひとつひとつ部屋をチェックしていきますが、何も手がかりがありませんでした。最後の部屋に到達すると、そこにはコーリー院長がいました。

コーリー院長は、テディに説明をし始めました。テディが追っている相手は、テディ自身と奥さんの名前のアナグラム(同じ文字の並び変え)でした。

「エドワード・ダニエル(EDWARD DANIEL) → アンドリュー・レディス(ANDREW LAEDDIS)」「レイチェル・ソランド(RACHEL SOLANDO) → ドロレス・チャナル(DOLORES CHANAL)」といったふうに、です。

実は…テディは、このシャッターアイランドの「C棟患者」でした。67番目の患者とはテディ自身で、テディの本名は「アンドリュー・レディス」だったのです。

第二次世界大戦に出征したテディは、戦場で多くの人を殺すことで精神が磨滅します。さらにナチスの『ダッハウ収容所』で兵を並べて端から銃で殺して行く大量虐殺の現場を見て、テディの精神はバランスを崩しました。

戦争から戻った後に、酒浸りの生活を送るテディを見て、妻・ドロレスは鬱病を患います。

そしてある日、ドロレスは3人の子ども・サイモンとヘンリーとレイチェル(3番目の、テディが最も愛した娘の名がレイチェルだった)を殺害し、「(私を)楽にして」とテディに懇願しました。

テディはドロレスの望み通り、ドロレスを射殺して楽にさせたのですが、この事件が決定打となって、テディは精神崩壊に陥ります。

テディは実のところは、9か月前に一度症状が回復していました。今までテディは、症状が回復したと思ったらまた悪くなる、という繰り返しでした。

病院のスタッフがテディによそよそしかったのは「患者で、いつも同じことを言うから」で、患者が揃って同じことを答えていたのも「いつもテディが同じことを聞くから」でした。

途中からテディの体調がすぐれなかったのは、過去24か月にわたって投与し続けていたクロルプロマジン(抗精神薬)が切れたことによる禁断症状です。

そして…相棒・チャックこそが、テディの主治医のシーアン医師(テディの妄想で、失踪したとされるレイチェルの主治医で、最初にテディが疑った相手)だったのです。

テディは知性が高かっただけに、妄想も厄介なものでした。自分がアメリカ連邦保安官だと信じ込み、一定周期でレイチェルという人物を捜し始める…これらはすべて「テディが自分を許せなくて、他の人格を作り上げることで現実から逃避した」ことから端を発しているわけですが、コーリー院長やシーアン医師は、思いきった手を打ちました。

つまり、「妄想を現実にすれば、それがきっかけで正気に戻るかもしれない」という試みです。
皆がテディを連邦保安官のように扱ったのは、このテストのためでした。最終テストです。

そしてこのテストでテディが正気に戻らなかった場合には…ロボトミー手術をおこなおうと、コーリー医師らは決めていました。

ちなみに洞窟で会ったレイチェルはテディの妄想で、実際にはその女性は存在しません。

現実を知ったテディは、嘆き悲しみます。

翌日、シーアン医師に会ったテディは「島を出よう、チャック」と言います。シーアン医師は「また元の状態に戻っている、つまり回復の見込みなし」とみなし、コーリー医師らに合図を送って、ロボトミー手術の実施を決定しました。

しかし、そこで最後にテディはシーアン医師に言います。

「ここにいると考える。どっちがましかな。モンスターのまま生きるか、善人のままで死ぬか」

と。

この一言にシーアン医師は打ちのめされました。テディは正気に戻っていました。正気なのですが、ロボトミー手術を受けるために、わざと精神病患者のように振る舞ったのです。

テディは自分が犯した罪や過去の経験がつらく、心が引き裂かれそうでした。ロボトミー手術を受けると、感情と共に記憶も消えます。テディは、自分の記憶を消すために、希望したのでした。

コーリー院長やマクフィアソン副警備隊長らに連れられ、自ら灯台へ歩いて手術に向かうテディの後ろ姿を、シーアン医師はなんともやりきれない思いで見送りました。

シャッターアイランドのネタバレと感想

ポイント1

見ていて混乱したけど、途中で、テディが実は患者だっていうのには気付いた。

2回ぐらい見ないと意味が分からない難しい映画だ。

 

ポイント2

映画のすべてのシーンで、テディは患者、看護師、警備員、看守、医師から、意味深な視線や話を見たり聞いたりするけど、それは「演技」しているから。

相棒のチャックが「ボス」と呼ぶのも演技。

最初の方のシーンで海岸でレイチェルを捜索する警備隊のやる気のない態度が、分かってから見ると笑える。

 

ポイント3

映画の途中で出てくる、テディの妻のドロレスや洞窟で会った精神科医のレイチェルは、テディの妄想。

 

ポイント4

本当の事を言ったと思われるシーンは、

浮気性の夫を斧で殺したミセス・カーンズが、テディに「RUN」(逃げろ) って手帳に書いたこと。

C棟に居たジョージノイスがテディに「レディスはお前だ」「お前のために仕組まれたゲームだ」と言ったこと。

洞窟からの帰り道で、警備隊長は、暴力は神からの贈り物、など暴力についての話をテディに聞かせ、「院長は君を無害だと言っているが、私は違う」という警備隊長。テディが俺のことをよく知りもしないで、と言うと、知っているさ、良く知っている、何世紀も前から知っているように知っているぞ、という警備隊長。

警備隊長は、そもそもテディの実験に否定的。

 

ポイント5

一番最後のシーンがポイント。

テディは記憶が戻っているけど、シーアン医師に戻っていないフリをした。

テディはシーアン医師に言う。

「ここにいると考える。どっちがましかな。モンスターのまま生きるか、善人のままで死ぬか」
(Which would be worse: To live as a monster, or to die as a good man?)

これで、シーアン医師は、テディの記憶が戻っていることを知って驚く。

でも、テディは、辛い過去を忘れるためにロボトミー手術を受けることを進んで選択するし、シーアン医師も受け入れたと思われる。

 

ポイント6

この映画の舞台となっている時代である1954年ごろに、ロボトミー手術は大々的に行われていた模様。

ただし、ほとんど成功しなかった模様。

そりゃ前頭葉切り落とせば、死ぬか廃人になるだろ。

1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)が、チンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと、ロンドンで行われた国際神経学会で発表したのを受け、同年、ポルトガルの神経科医エガス・モニスが、リスボンのサンタマルタ病院で外科医のペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトにおいて前頭葉切截術(前頭葉を大脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。

その後1936年9月14日、ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学でも、ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、アメリカ合衆国で初めてのロボトミー手術が、激越性うつ病患者(63歳の女性)に行われた。

当時に於いて、治療が不可能と思われた精神疾病が、外科手術である程度は抑制できるという結果は、注目に値するものであって、世界各地で追試され、成功例も含まれたものの、特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。また生還したとしても、しばしばてんかん発作・人格変化・無気力・抑制の欠如・衝動性など、重大かつ不可逆的な副作用が起こっていた。

しかし、フリーマンとジェームズ・ワッツ (James W. Watts) により術式が「発展」されたこともあり、難治性の精神疾患患者に対して、熱心に施術された。1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられた。しかし、その後、抗精神病薬の発明とクロルプロマジンが発見されたことと、ロボトミーの予測不可能な副作用の大きさと人権蹂躙批判が相まって規模は縮小し、精神医学ではエビデンスが無い禁忌と看做され、廃止に追い込まれる。

また、モニス自身もロボトミー手術を行った患者に銃撃され重傷を負い、諸々の施術が(当時としては)人体実験に近かった事も含め、医学倫理上の槍玉に挙げられ、外科手術が廃れる事になる。

怖いな。

こんなことが最近まで行われていたんだ。

 

似た映画 メメント、ファイトクラブ、マシニスト

メメント

https://dokuzetu.com/archives/791

 

ファイトクラブ

https://dokuzetu.com/archives/1835

 

マシニスト

https://dokuzetu.com/archives/2776

 

映画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント