トータルリコール 2012 あらすじ、キャスト、おばさん、意味わからん?動画

スポンサーリンク
映画

『トータル・リコール』(原題: Total Recall)は、2012年のアメリカ合衆国のSF映画。

原作はアーノルド・シュワルツェネッガー主演の1990年の映画『トータル・リコール』と同一であるフィリップ・K・ディックのSF小説『追憶売ります』だが、より原作に忠実なプロットとなっている。

劇場版とディレクターズカット版では、物語の展開が異なる。なお、ディレクターズカット版はブルーレイディスクのみの収録。

 

1990年版に登場したリクター、ベニー、エッジマーは登場せず、リクターとエッジマーの役割をローリーとハリーにそれぞれ充てたり、反乱分子のリーダーも突然変異のクアトーから一般人のマサイアスに変更されている。

トータルリコールのあらすじ

トータルリコールのあらすじは次の通り。

21世紀末の世界大戦により人類は大量の化学兵器を使用した。その結果地上の大半は居住不可能となり富裕層はヨーロッパを中心としたブリテン連邦(the United Federation of Britain、通称UFB)に住み、貧困層は反対側のオーストラリアを中心としたコロニーに居住する事になり、コロニーの住民はUFBの労働力の為にザ・フォールと呼ばれる巨大なエレベーターに乗りUFBに通勤し働いていた。やがてUFBからの独立と解放を目的とするリーダーのマサイアスを中心としたレジスタンスと呼ばれる反体制派のテロ活動が盛んになり、UFB代表のコーヘイゲンはロボット警官のシンセティックの増産を唱えない。 コロニーで暮すダグラス・クエイドは、このシンセティックの生産を行う労働者であり、貧しいながら美人の妻ローリーと平和に暮らしていたが、ダグラスはいつの頃からか夢の中で見知らぬ女性と病院を脱出し警官に追われる夢を見る様になる。その夢の事が気になりつつ、ある日リコール社の宣伝に興味を持つ。友人であり同僚のハリーからは脳障害になるから行くなと忠告されるが、ダグラスの足はリコール社へと向かっていた。リコール社でサービスを受けている最中にトラブルが発生し、ダグラスは急に追われる身になる。

トータルリコールのキャスト、女優

トータルリコールのキャストは次の通り。

 

ダグラス・クエイド / カール・ハウザー – コリン・ファレル(森川智之)
ローリー – ケイト・ベッキンセイル(岡寛恵)
メリーナ – ジェシカ・ビール(本田貴子)
コーヘイゲン – ブライアン・クランストン(金尾哲夫)
ハリー – ボキーム・ウッドバイン(楠大典)
マクレーン – ジョン・チョー(猪野学)
マレック – ウィル・ユン・リー(土田大)
マサイアス – ビル・ナイ(小川真司)
その他吹き替え:根本泰彦、乃村健次、佐藤せつじ、志村知幸、四宮豪、河本邦弘、幸田夏穂、丸山壮史、行成とあ、岡哲也、小日向みわ、櫻井トオル、丸山雪野、原島梢、西健亮
<日本語版制作スタッフ> 演出:安江誠、翻訳:アンゼたかし、制作:グロービジョン

おばさん、おっぱい3つの娼婦

1990年版へのオマージュとして「検問所で滞在期間を聞かれて2週間と答える女性」や「乳房が3つある娼婦」が登場する。

 

前者を演じる女優は1990年版で演じたプリシラ・アレンではなく(2008年に70歳で死去)、シャリーン・エアーズである。

 

意味わからん?

冒頭に出てくる「夢」は、以前 主人公が反政府軍で逃走していた時の記憶の残滓を語るシーンで、実際に 後の伏線となる 手の銃創を付けられたシーンです。

 

「夢」の概念で語られるのはここのみで、あとは「トータルリコール」した後 物語が動き出してから、実際に これが現実なのか、トータルリコールによる スパイごっこなのか がキモになります。

物語の中盤で、元同僚の説得がありますが その嘘を見破る事で この世界が 現実である事を確信する訳です。

 

もう一つの キモは 主人公が本当に 反政府軍なのか?

 

実は政府側の二重スパイなのか?なんですが、政府側のボスが 結果的に反政府軍のアジトを突き止める事が出来たにせよ、主人公は 完全に反政府側の人間であった、ということです。

 

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント