君の膵臓をたべたい 相関図、受賞歴、キャスト、あらすじ、動画

スポンサーリンク
映画

『君の膵臓をたべたい』(きみのすいぞうをたべたい)は、住野よるによる日本の青春小説。

略称は「キミスイ」。

住野よるの作品が初めて出版された本でもある。

君の膵臓をたべたい あらすじ

君の膵臓をたべたい のあらすじは次の通り。

「君の膵臓をたべたい」……主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。それは「僕」のクラスメイトである山内桜良 (やまうち さくら) が綴っていた、秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。

「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は、恋人や友人を必要としない「僕」が、初めて関わり合いを持ちたい人に選んでくれたことにより「初めて私自身として必要とされている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。

しかし、余命を全うすることなく、桜良は通り魔に刺されて亡くなってしまう。

キャスト

君の膵臓をたべたいのキャストは次の通り。

 

山内桜良 – 浜辺美波

「僕」(志賀春樹) – 北村匠海

滝本恭子(学生時代) – 大友花恋

一晴(ガム君) – 矢本悠馬

隆弘 – 桜田通

栗山 – 森下大地

桜良の母 ‐ 長野里美

 

 

宮田一晴(現在のガム君)- 上地雄輔

現在の恭子 – 北川景子

現在の「僕」(志賀春樹) – 小栗旬

相関図

相関図のポイントは高校時代の過去と、12年後の現在。

 

受賞歴

受賞歴は次の通り。

 

第41回日本アカデミー賞

  • 優秀作品賞
  • 優秀脚本賞:吉田智子
  • 新人俳優賞:浜辺美波、北村匠海
  • 話題作品賞

 

第30回日刊スポーツ映画大賞

  • 新人賞:浜辺美波

 

第42回報知映画賞

  • 新人賞:浜辺美波、北村匠海

つまらない、ネタバレ

この作品が面白いかどうかは、評価は分かれる。

俺的には、つまらなかった。

まず、現実離れしすぎている。

 

ヒロインの山内桜良(やまうち さくら)、天真爛漫すぎる。

こんな女子高生おらんやろ。

なんで、根暗な志賀春樹に惹かれたのか不明だし、女子からデートに誘ったり、一泊旅行とかありえん。

あと、死因が通り魔殺人とかちょっと突拍子もない展開だし、後味の悪い死に形。

 

12年後に図書館で手紙見つけるとかもちょっと難がある展開。

それより早く誰かに見つかっているだろうし、こんな手の込んだことする必要あるか?

 

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント