映画 タイタニック(1997) 実話、キャスト、日本語、あらすじ、動画

スポンサーリンク
映画

『タイタニック』(原題:Titanic)は、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画。

タイタニックを題材にした映画や本は山ほどあるけれど、一番有名なのがこの映画。

タイタニックのあらすじ

映画タイタニック(1997)のあらすじは次の通り。

タイタニック号が沈没してから84年後の1996年。トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド・「碧洋のハート」の在り処を探るべく、小型潜水艇を用い深海のタイタニックの調査を行っていた。そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋から一つの金庫を発見する。歓喜に包まれる調査団は金庫をこじ開けたものの、中にあったのは彼らが探していた宝石ではなく、古ぼけた紙切れだった。

しかし、その紙切れを綺麗に洗い直すと裸体の女性が浮かび上がり、その胸には「碧洋のハート」らしきダイヤを身に着けていたのだった。この一枚の絵画の発見をブロックはテレビで堂々と報じ、その放送を見たある老女は驚きを隠せずにはいられなかった。そしてブロックに一本の電話が入った。その声の主はなんと沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超えるその絵のモデルだった。ブロックと連絡を取り合った女性は孫娘ともども調査団の船に訪れ、静かにあの豪華客船の中で起こった知られざる話を語り始める。

1912年4月10日、イギリスのサウサンプトン港から当時史上最大の豪華客船タイタニックはニューヨークへと向けた処女航海へと出発した。上流階級の令嬢だったローズ・デウィット・ブケイターは、その婚約者のキャルドン・ホックリーと未亡人となった母と共にタイタニックへと乗船するが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。ブケイター家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てにした結婚を強制したのである。一方、貧しい青年、ジャック・ドーソンは、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入れ、友人のイタリア青年ファブリッツィオと共にタイタニックに乗船する。

午後0時00分、正午きっかりにタイタニックは数多くの見物人や見送りの人々の歓声に包まれてサウサンプトンを後にする。故郷であるアメリカに帰れることになった画家志望のジャックは、政略結婚のためにアメリカに向かうイギリスの上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、2人は身分や境遇をも越えて互いに惹かれ合う。

しかし、航海半ばの4月14日午後11時40分、波一つない水平線の向こうに、見張り員はぼんやりとたたずむ白い影を発見する。それはタイタニックの針路に横たわる巨大な氷山の姿だった。「針路正面に氷山!!」。見張員から直進すると氷山に衝突すると報告を受け、当直士官(船長に代わって船を指揮する士官)のマードック次席一等航海士は「取舵一杯[7]、後進全速」の号令をかけたが、衝突を回避することは出来ず、タイタニックは氷山の横を擦るように衝突してしまう。破損個所から浸水が進んで徐々に船体が沈み始め、船全体がパニックに陥る。女子供の救助が優先されるが、ローズは取り残されたジャックを探そうと船に残り逃げ遅れてしまう。多くの乗客を残したまま船は大きく傾いた状態で沈み始め、甲板の先端に逃げ延びていたジャックたちは手すりに決死の覚悟で捕まり、重量に耐え切れず沈んでいくタイタニックと共に海中へ落ちていく。

何とか無事に生き延びた二人だったが、周囲は深い闇に包まれ救援の姿は見えなかった。ローズを瓦礫の上に乗せ、自分はそれに捕まり極寒の海中に浸かっていたジャックは、冷たい水に体力を奪われて力尽きてしまう。ジャックとの約束を守り生き残るべく、生きる気力を振り絞ってローズは警笛を鳴らして自分の居場所を知らせ、救援を経て一命をとりとめる。助けられたローズは、「ローズ・ドーソン」とジャックの姓を名乗り、ジャックの名前と共に生きてきたことを明かす。

全てを語り終えたローズは、こっそりと隠し持っていた碧洋のハートを海に捨ててしまう。そして、心の中でジャックとの再会を思い描きながら静かに床に就くのであった。

タイタニックのキャスト、日本語

1912年の人物

ジャック・ドーソン Jack Dawson
演 – レオナルド・ディカプリオ
本作の主人公。アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身。ギャンブルで資金を稼ぎながら世界を旅する若者。ポーカーでタイタニック号の切符を手に入れ、タイタニックに乗船し、ローズと出会うことになる。

 

ローズ・デウィット・ブケイター Rose Dewitt Bukater
演 – ケイト・ウィンスレット
本作のヒロイン。1996年から84年前の若きローズ。家が破産寸前のため母に言われるがままに政略結婚を強要され、彼女にとってのタイタニックは奴隷船同然であった。決められた人生に絶望する最中、船尾から飛び降り自殺を試みようとしたところを、ジャックと出会い、次第に惹かれていく。当時無名だったパブロ・ピカソやクロード・モネの才能を見抜く慧眼の持ち主であり、ジークムント・フロイトの研究を知っているなど博学である。

 

キャルドン・ホックリー Caledon Hockley
演 – ビリー・ゼイン
ローズの婚約者。アメリカの大富豪の御曹司。劇中ではキャルと呼ばれることが多い。心より物や金で人を動かそうとする傾向にある。ローズを心から愛してはいたものの、ローズを自らの飾り物のように扱うなど、純粋な愛情とは言えず、彼女の心は離れていく。生存者の一人だが、後に世界恐慌で破産して自殺する。

 

スパイサー・ラブジョイ Spicer Lovejoy
演 – デビッド・ワーナー
キャルドン・ホックリーの執事。キャルから与えられた命令を、淡々と、かつ冷酷にこなす。元刑事ということもあり拳銃を持っており、豪華な装飾が施された銀色のコルト・ガバメントM1911を携行している。

 

ルース・デウィット・ブケイター Ruth Dewitt Bukater
演 – フランシス・フィッシャー
ローズの母。裕福な上流階級を装うが実際の家計は火の車であり、破産の危機から脱出する為、ローズにキャルドン・ホックリーとの結婚を強要する。ストーリーの随所で、ジャックに代表される庶民(三等船客)を見下す言動を行う。

 

ファブリッツィオ・デ・ロッシ Fabrizio De Rossi
演 – ダニー・ヌッチ
イタリア人。ジャックの友人でタイタニックの切符を手に入れ、タイタニックに乗船する。映画本編ではカットされたが、ヘルガというノルウェー人女性と出会い惹かれあう。

 

トーマス・“トミー”・ライアン Thomas “Tommy” Ryan
演 – ジェイソン・ベリー(英語版)
アイルランド人。タイタニックでジャックとファブリッツィオに出会い、2人にとって頼もしい存在となる。

 

トゥルーディ・ボルト Trudy Bolt:エイミー・ガイバ
ローズの身の回りの世話をする若いメイド。

1996年の人物

ブロック・ロベット Brock Lovett
演 – ビル・パクストン
トレジャー・ハンター。表向きは新型の無人潜水艇を導入してタイタニックの研究を行ってると言っているが、タイタニックに眠るとされる『碧洋のハート』(The Heart of the Ocean)を狙って沈没したタイタニックを探索している。

 

Mrs.カルバート Rose Dawson Calvert
演 – グロリア・スチュアート
1912年から84年後の1996年のローズ。101歳。碧洋のハートの事を知っている唯一の生存者としてロベットの探索に協力する。この『タイタニック』の物語は彼女の回想で幕を上げる。
タイタニックの証言の為に探査船まで来訪したかに思われたが、真の目的は碧洋のハートを海に棄てる事だった。
初期段階のエンディングではロベット達にダイヤを海に投げ込む寸前に気づかれてロベットに真の宝とは何なのかを咎めて海に投げ込むが、監督のキャメロンが謎めいたラストにしようと変更して現在のエンドに至った。
碧洋のハート廃棄後は眠りにつき、時計がある大階段を白いウェディングドレスを着た若い頃のローズがジャックの元に行き、その周りではタイタニック号でジャックの他にも亡くなった人物が祝福の拍手をしているシーンで終わる。これは、ローズが亡くなりジャック達がいる天国に行った、単なる夢、という二つの説があり、DVDチャプター名は「かなえられた夢」(原題は「A Promise Kept」(約束は果たされた))となっており、メイキングやDVDのオーディオコメンタリーで監督のキャメロンは「観た人それぞれで解釈してほしい」と発言している。

 

リジー・カルバート Lizzy Calvert
演 – スージー・エイミス
ローズ(ミセス・カルバート)の孫娘。

 

ルイス・ボーディーン Lewis Bodine
演 – ルイス・アバナシー
ロベットの相棒のトレジャーハンター。当初ローズの事を世間の注目を浴びたい婆さんだと信用してなかった。
ちなみに演じているアバナシーは俳優ではなく、タイタニックを研究している海洋学者だが、彼自身をモデルにキャメロンが脚本を書いて素で演じて欲しいと頼み、「作品をぶち壊してもいいなら出演する」と演技を任したという。

 

実在の人物

マーガレット・“モリー”・ブラウン Margaret “Molly” Brown
演 – キャシー・ベイツ
タイタニックの一等船客の1人で、新興成金。上流階級である他の一等船客からは成り上がり者として見下されているが、実力で成功をつかんだ彼女は平然と受け流している。貧乏人であるジャックが上流階級のパーティに出席する際に、彼女は息子の礼服を貸し出したり食事のマナーを耳打ちしたりしてジャックを陰から支える。タイタニック沈没の時に救命ボート上で救助のため引き返すのを主張した乗客は彼女だけだった。1996年のローズが彼女を「後に不沈のモリー・ブラウンと呼ばれる」と説明している。

 

エドワード・スミス Edward John Smith
演 – バーナード・ヒル
タイタニック号の船長。定年を間近に控えており、タイタニックの処女航海が最後の務めだった。船長として経験豊富な為、世間からも信頼も厚く、億万長者たちに人気の船長で、彼の船に乗るために旅のスケジュールを変更した人もいるほど。他船から氷山の警告を受けていたが、よくあることと判断して、船のスピードを落とすことはしなかった(史実では、氷山の多い海域を避けるために進路を南寄りに変更したが、氷山群は彼の予想以上に南下していた)。劇中では触れられていないが、オリンピック号(タイタニック号の姉妹船)の船長時代にイギリス海軍の巡洋艦と衝突事故を起こしている。

 

ブルース・イズメイ Bruce Ismay
演 – ジョナサン・ハイド
タイタニック号を建造したホワイト・スターライン社の社長で航海に同伴している。メディア向けのアピールの為に無謀な運転を船長に要求し、事故の引き金を作る。タイタニックの不沈伝説を信じ救命ボートを乗客より遥かに少ない人数の分しか乗せていなかったり、救命ボートで乗客と一緒に脱出するなど、作中では責任者としての自覚が乏しい人物として描かれる。

 

トーマス・アンドリュース Thomas Andrews
演 – ヴィクター・ガーバー
タイタニック号の設計主任。航海中も船の細かい所にまで徹底的に目を通すなど完璧主義者。またタイタニックが氷山に激突した際、タイタニックの末路を誰よりも早く察知した。定員に満たないうちにボートを出してしまう乗組員を注意したり、乗客に脱出を促すなど、思いやりがあり、ローズが心を許している人物。

 

ヘンリー・ワイルド Henry Wilde
演 – マーク・リンゼイ・チャップマン
タイタニック号の主席一等航海士で、甲板部では船長に次ぐナンバー2。映画では描かれてはいないが衝突の直後、パニックを想定して上級船員に拳銃武装を指示した張本人。沈没時も職務を全うして沈みゆく船内の乗客たちに避難誘導を行う。敬礼した後に、頭に銃を突きつけるマードックを(言語版では)あだ名で呼んで自殺を止めようとしたものの、彼が近づいた時には遅かった。また、救命ボートA号のロープを切るように叫んでいた。大勢の乗客と共に海に放り出された後もデッキチェアにつかまり救命ボートを呼び戻そうと笛を吹き続けるも、救命ボートが到着した時は既に死亡していた。しかし、その後これがローズが助かるきっかけとなる。

 

ウィリアム・マードック William Murdoch
演 – ユアン・スチュワート(英語版)
タイタニック号の次席一等航海士。タイタニック号が氷山に衝突した時に当直の上級士官として船を指揮していた。女性と子供を優先を緩やかに対応していた為か、イズメイが救命ボートC号に乗った時に唖然とするものの、結局はそのボートを降ろした。キャルから救命ボートの席を確保するため「ビジネス」と称して賄賂を一旦は受け取るが、最終的には(ソフト版の吹き替えでは)「今更金を貰っても、何の役にも立たないぞ」と言い賄賂の札束をキャルに叩き返して拒否。その後、救命ボートに殺到する乗客を鎮めるため拳銃で威嚇したが、それでも収まらずトミーを含む乗客2名を射殺してしまう。直後、上官のワイルドに敬礼し、その後頭を撃って海に落ちた(この表現が公開後遺族から抗議を受けることとなった。詳細は後述)。

 

チャールズ・ライトラー Charles Lightoller
演 – ジョニー・フィリップス(英語版)
タイタニック号の二等航海士。氷山激突後、女性と子供を優先を徹底した乗客の避難を率先して行った。救命ボートに乗客を定員より少なく乗せてアンドリュースに抗議されたり、パニックを抑えるために威嚇射撃をした(史実での目撃証言を反映している)。最終的には、沈没後に転覆したボートによじ登って生還する。

 

ハーバート・ピットマン Herbert Pitman
演 – サイモン・クレーン
タイタニック号の三等航海士。映画では登場シーンが殆ど無かった上、台詞も無かった。映画では描かれてはいないが、ボートを救助を行う為に戻す提案をしたが、乗っていた他の乗客に拒否された。これによって、後の査問委員会からの質問に対して涙をハンカチで拭っていた。

 

ジョセフ・ボックスホール Joseph Boxhall
演 – ケヴィン・デ・ラ・ノイ
タイタニック号の四等航海士。氷山衝突の際の当直の下級士官であり、ロケット信号弾を打ち上げている間にキャルとラブジョイがブリッジを通り抜けることを止めようとした。ボートを指揮しているシーンでは船が沈没する際に漕いでいる乗客に対してもっと早くするように叫んだ。また、映画では描かれてはいないが、ピットマンのようにボートを戻す提案をしたが、乗っていた乗客に拒否された。そして、カルパチア号に乗り移った時にはアーサー・ロストロン船長に対して多数の乗客が船と共に沈んで犠牲になった事を泣き叫んで訴えた。

 

ハロルド・ロウ Harold Lowe
演 – ヨアン・グリフィズ
タイタニック号の五等航海士。救命ボート14号を担当していたが、ボートを降ろしている間に大勢の乗客が近づいてきた為、自分の所持している銃で空に威嚇射撃を3回した。沈没後に海に投げ出された乗員・乗客たちを救うために現場に戻る事が出来た、唯一の救命ボートの指揮官。未公開シーンでは戻る際に女性に成りすました男性乗客を別のボートへ突き飛ばしている。

 

ジェームズ・ムーディ James Moody
演 – エドワード・フレッチャー
タイタニック号の六等航海士。劇中では出航直前でタイタニックに衛生検査を受けたと嘘をついて搭乗しようとするジャックとファブリッツィオの搭乗を許した。氷山衝突の際のもう一人の当直の下級士官であり、氷山発見の電話を受けた。彼の最期は描かれなかったが、脚本の変更により登場シーンが多くなった(マードックが乗客2名を射殺した後を背景から見ていたりしていた。最後に見られたのはワイルドと共に救命ボートA号と悪戦苦闘しているシーンだった)。

 

ジョン・ジェイコブ・アスター大佐 John Jacob Astor
演 – エリック・ブレーデン(英語版)
一等船客で船内で一番の大富豪。不動産の売買で富を拡大させる。妻をボートに乗せた後、船内に残り最期を迎える。

 

ベンジャミン・グッゲンハイム Benjamin Guggenheim
演 – マイケル・エンサイン
一等船客。先祖代々続く鉱山業の実業家。沈没時救命具を着用することを勧められるも、「紳士たるもの死ぬ時も品格を失いたくない」と述べ、ブランデーを飲みながら最期を迎える。

 

アーチボルド・グレイシー大佐 Archibald Gracie
演 – バーナード・フォックス
一等船客。アマチュア歴史家の資産家。劇中ではキャルと親しく、ローズを助けたジャックにお礼をするようキャルに勧めた。ジャックを招いた晩餐会や、沈没直前に船首にボートが残っていることをローズに伝える役回りでも登場している。

 

ウォレス・ハートリー Wallace Henry Hartley
演 – ジョナサン・エヴァンス=ジョーンズ
タイタニックの楽指団のバンドマスター兼ヴァイオリニスト。タイタニック沈没時メンバーと共に乗客のパニックを抑えるために仲間と共に演奏を行う。作中では、船の沈没が加速化する中、沈没寸前まで賛美歌の『主よ御許に近づかん』を演奏した。

 

トーマス・バイルズ神父 Father Thomas Byles
演 – ジェームズ・ランカスター
二等船客。沈没時乗客たちに新約聖書の海の章(ヨハネの黙示録21章)を読み上げる(目撃証言あり)。

 

イジドー・ストラウス Isidor Straus
演 – ルー・ポルター
一等船客の老夫婦の夫。当時世界最大の百貨店のメイシーズの経営者。沈没時救命ボートに妻だけを乗せようとするが、妻は決して夫と離れないと覚悟を決めたことで、妻と共に客室ベッドで最期を迎える。

 

アイダ・ストラウス Ida Strauss
演 – エルザ・レイブン(英語版)
一等船客の老夫婦の婦人。沈没時救命ボートに夫が乗れないのを知り、夫と共に最期を迎えることを決めて、客室のベッドで夫に抱かれながら最期を迎える。
第5代準男爵サー・コズモ・ダフ=ゴードン Sir Cosmo Duff-Gordon, 5th Baronet
演 – マーティン・ジャーヴィス
一等船客のスコットランド準男爵。劇中ではローズがジャックに有名な一等客を紹介するシーンなどに登場。

 

ルーシー、レディ・ダフ=ゴードン Lucy, Lady Duff-Gordon
演 – ロザリンド・アイレス(英語版)
コズモの妻でファッションデザイナー。劇中ではローズがジャックに有名な一等客を紹介するシーンなどに登場。

 

フレデリック・フリート Frederick Fleet
演 – スコット・G・アンダーソン
氷山を発見した見張り番。劇中では臭いで氷山がわかると豪語していたが、ジャックとローズのキスに気を取られて氷山発見が遅れた。

 

レジナルド・リー(英語版) Reginald Lee
演 – マーティン・イースト
フリートとともに見張り台に立っていた船員。劇中では臭いで氷山がわかると豪語したフリートを攻め立てていた。

 

ロバート・ヒッチェンズ Robert Hichens
演 – ポール・ブライトウェル(英語版)
氷山に接触した際に舵を握っていた操舵員。劇中では氷山接触シーンでマードックの指示で舵を切る姿や、6号ボートの指揮を執っている際に助けに戻ることを提案したモリー・ブラウンを脅迫して黙らせる姿などが描かれた。

 

ジャック・フィリップス Jack Phillips
演 – グレゴリー・コック
通信士長。スミス船長が救難信号を送るよう彼に指示する姿が描かれた。未公開シーンではカリフォルニアン号に対して黙れとモールス信号で送るシーンが有る。

 

ハロルド・ブライド(英語版) Harold Bride
演 – クレイグ・ケリー(英語版)
一等通信士。未公開シーンでは脱出を拒むフィリップスに救命胴衣を着せる場面があった。

 

チャールズ・ジョーキン Charles Joughin
演 – リアム・タオイー(英語版)
パン焼き係主任。デッキチェアを船外に投下する作業をしながらリキュールをラッパ飲みしている。船体沈没時、甲板で転倒したローズに手を貸し、ジャックやローズと相前後して船尾に向かっている。空中高く持ち上がった船尾の安全柵の外側(上側)にジャックやローズより一足先に出ており、ボトルを口にしている。その後ジャックとともに柵の外側(上側)に上ったローズと目を合わせた。柵の外側(上側)に上がってきた他の男性客を助け、沈没寸前には立ち上がっている。海に投げ出された際の描写はないが、カルパチア号に向かう救命ボートに乗っており、キャルにボトルを勧めている。カルパチア号内ではイズメイ社長の後方に姿が見える。劇中では台詞はほとんどないものの、この人物は事故後詳しい証言を残した生存者の一人として知られており、生存に至る経緯などはほぼその通りに描かれている。海に転落したもののアルコールが体内に残っていたため凍死を免れ、救命ボートに助けられたという。

 

ジョセフ・ベル Joseph Bell
演 – テリー・フォレスタル(英語版)
機関長。部下の機関士や機関助士たちに指示を下す姿や、部下たちとともに最期まで脱出せずに電気を供給する姿が描かれた。

タイタニックの実話、生存者、遺体

タイタニックの沈没は、1912年4月15日に起きた実話。

本作の主人公 ジャック・ドーソン、ヒロインのローズ・デウィット・ブケイターのラブストーリーは創作。

 

搭乗者2224人の中で生存者は710名、犠牲者は1514名。

別の統計では1,490 から 1,635 人が死亡したとか。

 

身元不明の遺体が多数回収、埋葬されている。

死因で多いのは、溺死ではなくて凍死だとか。

氷山が浮かんでいる海に投げ出されたら、呼吸すらできないだろう。

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント