プリデスティネーションの解説、難しい、時系列、ネタバレ結末、動画

スポンサーリンク
映画

『プリデスティネーション』(Predestination)は、2014年のオーストラリアのSF映画。 ロバート・A・ハインラインによる短編小説『輪廻の蛇』を原作とする本作は、『デイブレイカー』のマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟が監督を務める。日本では2015年2月28日より公開。

プリデスティネーションのあらすじ

プリデスティネーションのあらすじは次の通り。

1970年3月、とあるビルの地下で爆弾を処理しようとしていた男が失敗し、顔に大やけどを負う。男は何者かの助けでバイオリンのケースにも似た謎の装置を使い未来に飛び、ある組織の治療によって別の顔を得る。そして最後の任務を受け過去へ飛ぶところから物語は始まる。

1970年11月、ニューヨークは連続爆弾魔フィズル・ボマーにより混乱していた。あるバーにやってきたジョンは1本のボトルと引き換えに自らの半生をバーテンダーに語る。自身が元はジェーンという女性であったこと。孤児院育ちの天涯孤独の身であること。様々な能力に恵まれながら、それを活かすこともかなわず、今は告白話を雑誌に書いて暮らしていること。不幸な人生の中で運命的に出会った男性に裏切られたこと。彼との間に出来た娘を何者かに奪われたこと。そして男性となった経緯。

ジョンに同情したバーテンダーは、女性であった頃の彼を裏切った男性に報復することを望むジョンに、その機会を与えてやると、共に1963年にタイムスリップする。バーテンダーはフィズル・ボマーを捕えるために、バイオリンのケースにも似た時標変換キットを使いタイムスリップを繰り返す時空警察官だった。

1963年4月、運命の男性と出会った場所で出会いを阻止するために待ち伏せるジョン。しかし周囲を警戒する自分の背にぶつかってきたのは、女性だったころの自分自身であるジェーンであった。当時の出会いは未来の自分自身との出会いであったと悟るジョン。そしてジョンとジェーンは恋に落ちる。

1970年3月、バーテンダーはフィズル・ボマーを葬るためにタイムスリップした先で、爆弾を処理しようとして大やけどを負ったジョンを助ける(冒頭部分)。

1964年3月、ジェーンは出産するが、女性としての機能を失う。バーテンダーは生まれたばかりのジェーンの赤ん坊をさらう。ジェーンは特異な体質で、男性としての機能も持っていたため、度重なる手術のすえ、ジョンという男性として生きることを余儀なくされる。

1945年9月、赤ん坊と共にタイムスリップしたバーテンダーは、孤児院の前に赤ん坊を置き去りにする。

1963年6月、バーテンダーはジョンをジェーンと別れさせ共に未来に飛ぶ。そしてその未来でジョンは時空警察官となり、時標変換キットを使って様々な時代の犯罪を食い止める身分となる。バーテンダーはジョンを時空警察官にするという最後の任務を終える。

1975年1月、バーテンダーは引退するためにこの時に飛ぶ。時標変換キットはそこで機能を停止するはずであったが、エラーを表示し停止しない。

1975年3月、バーテンダーはフィズル・ボマーの居どころを知り、銃を持ってその場所に行く。そこには、たび重なるタイムスリップにより精神を病み、今ではフィズル・ボマーとなったバーテンダー自身がいた。フィズル・ボマーとなったバーテンダーはバーテンダーに「俺を殺せば、お前が俺になる。それがそのあと起こる事だ」と言う。しかし、バーテンダーは未来の自分を撃ち殺す。ジェーン、ジョン、バーテンダー、フィズル・ボマーは閉じた時空に存在する一人の人間だった。バーテンダーは時標変換キットを見つめ、狂気の宿った顔を上げる。

 

プリデスティネーションは難しい?時系列で解説

プリデスティネーションははっきりいって難しい。

時系列で解説してみよう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.
1945年9月。
ジェーン(サラ・スヌーク)は誕生後、すぐに孤児院の前に捨てられる。

 

2.
頭が良く喧嘩が強かったジェーン。でも愛想が悪く嫌われ者。
自分以外はバカだと思って育つ。

 

3.
宇宙慰安婦試験を受けるも、両性具有であることが発覚。(本人には知らされず)
試験に落ちる。

 

4.
1963年4月。
初恋をするも、その後すぐ相手の男は行方不明に。

 

5.
ロバートソン(ノア・テイラー)に『航時局』にスカウトされるも、妊娠が発覚しスカウトは白紙に。

 

6.
1964年。
シングルマザーとして女児を出産、母親として生きていこうとするも、難産のため子宮除去。
両性具有であること、手術によって男性になったことを知らされ、さらにひとり娘を誘拐され絶望。

その後、度重なる手術の末に男になったジェーンはジョンと改名、女性雑誌で嘘告白記事を書くライターになる。

 

7.
1970年11月。
偶然入った酒場で今までの人生を、バーテンダー(イーサン・ホーク)に告白。

 

8.
自分を妊娠させて消え、人生をめちゃくちゃにした男を殺すため、バーテンダーと共に1963年4月へジャンプ。

過去の自分と恋仲になり、妊娠させた男が自分だった事を知る。
そして自分の宿命を知ったジョンは、バーテンダーの『後継者』として仕事に邁進し功績を挙げる。やがて史上最悪の爆弾魔フィルズ・ボマーが起こす爆破事件を阻止しようと1970年3月へ。

 

9.
1970年3月。
爆破被害は防いだものの、フィルズ・ボマーを取り逃がし、顔を大火傷で1992年へジャンプ。

 

10.
1992年。
最後の任務として『後継者探し&引き継ぎ』のため1970年11月にジャンプ、バーテンダーとして過去の自分を待つ。

 

11.
1970年11月。
ジョンを連れて1963年にジャンプ。ジョンとジェーンを引き合わせる。

自分は1970年3月にジャンプ。多分、これが当局違反の違法なジャンプ。
フィルズ・ボマーを殺害しようとするもまた失敗し取り逃がす。
そこで顔と声を失った自分と出会う。

 

12.
1964年。
1964年にジャンプ、子供(ジェーン)を誘拐し、1945年にジャンプし孤児院に捨てる。
さらに、1963年に戻り、ジョンを連れて1985年へ行き、「輪廻の輪」を閉じる。(無限ループ完成)

 

13.
1975年1月。
すべての任務終了して、ニューヨークで余生を送る予定だった。
フィルズ・ボマーが最悪の事件を起こす1975年1月にジャンプしたジョンは、タイムマシンにパスワードを入力し機能を停止させ、その時代に留まるハズだったが、タイムマシンはエラー。
まだジャンプが可能に。

 

14.
今度こそフィルズ・ボマーを阻止するために、1970年にジャンプし『後継者』ジョンにメッセージを残し、自分は1975年に戻ってフィルズ・ボマーが爆弾を仕掛けたコインランドリーに。

そこで出会ったのは、未来からジャンプしてきた自分。フィルズ・ボマーは自分だったのだ。
結局、ジョンは未来の自分を殺す。

このあと、ジョンはフィルズ・ボマーになるんだろう。

 

15.
1985年。
「ジョン/未婚の母」、「バーテンダー」に連れられてこの時代へ。
そして、航時局員としてデビュー。
(以後、航時局員として数々の実地経験を積む。)
一方、「ジョン/未婚の母」を連れてきた「バーテンダー」は、ここで引退生活に入り、1975年へジャンプ。

 

16.
1992年。
1970年の爆弾魔との戦いの際、大やけどを負った「ジョン/未婚の母」、この時代へ。
顔と声を失い手術によって別人の姿(イーサン・ホーク)になる。
治療を受けた結果、「バーテンダー」の顔と声に。

「あんまりタイムトラベルし過ぎると、心身ともによくないよ~」と指摘されつつも、
(具体的には、めまい、耳鳴り、三半規管の乱れ、さらには精神病や認知症のリスクを高める・・・とパンフにあり、確かに、なんかそんなことを劇中でも注意されていたように思う)
「バーテンダー」、過去へ飛び、
・1970年に、「ジョン/未婚の母」と出会い、
・同年、爆弾魔とも戦い、
・続いて1964年に飛んで、ジェーンの生んだ子供をさらい、
・その赤ん坊ごと1940年に飛んで、その子を孤児院に預け、
・1963年に現れてジェーンと「ジョン/未婚の母」を別れさせ、
・「ジョン/未婚の母」とともに1985年に戻ってきて、彼を航時局員としてデビューさせ、自分は引退
という大活躍を見せる。

 

プリデスティネーション ネタバレ 結末

自分は1945年生まれ。

自分の母親は、1963年18才頃の自分。

自分の父親は、出産し、性転換して男になった1970年25才頃の自分。

この二人を引き合わせたのは、顔の変わったバーテンダーの自分。

1964年に二人の子供である自分自身を誘拐して、1945年孤児院に連れて行くのもバーテンダーである自分。

フィルズボマーも自分。

 

バーテンダーはフィルズボマーとなるけれど、お爺さんになったフィルズボマーは、過去の自分に殺される。

 

1970年3月には、フィルズボマーの自分と、航時局員の自分、航時局員のもう一人の自分が別々に対峙することに。

 

プリデスティネーションの意味

pre : 前置詞 / 意味= 前の
destination : 名詞 / 意味= 目的地. 行き先

→ pre + destination = 前もった目的地 = 運命. 予定

 

 

この映画のテーマは、卵先か鶏が先か。運命は決まっているってことか。

タイムパラドックスはなく、一応矛盾なく時系列は合う。

けど、自分はいったいどこから来たのかは無限ループ。

プリデスティネーションの感想

冷静に一つずつ紐解くと矛盾なく観れる。

バーテンダーが一体どこから来たのか、最初はどこかは「わからない」というのがテーマの一つ。

卵が先か鶏が先か。

 

似たようなタイムトラベル映画としては

シャッフル

 

メメント

メメント ネタバレ、感想、あらすじ、難しくて意味わからない?動画
『メメント』(原題:Memento)は、2000年に公開されたアメリカ映画。クリストファー・ノーラン監督作品。監督の弟であるジョナサン・ノーランが書いた短編『Memento Mori』が元になっている。作品はストーリーを終わりから始まりへ、...

 

ルーパー/LOOPER

LOOPER/ルーパー、ネタバレ、評価、吹替、動画
『LOOPER/ルーパー』(Looper)は、ライアン・ジョンソン監督による2012年のアメリカ合衆国のSF映画。出演はジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント。2011年1月24日よりルイジアナ州で撮影が開始...

 

12モンキーズ

12モンキーズ ネタバレ、感想、あらすじ、動画
『12モンキーズ』(Twelve Monkeys)は、1995年のアメリカ映画であり、時間旅行と陰謀論をモチーフにしたSF映画。監督はモンティ・パイソンのメンバーのテリー・ギリアム。 感想などをまとめた。 12モンキーズのあらすじ ...

 

がある。

 

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

 

コメント