フューリーのネタバレ、あらすじ、実話?酷い、戦車、キャスト、最後、動画

スポンサーリンク
映画

『フューリー』(Fury)は、デヴィッド・エアー監督・脚本による第二次世界大戦時代を描いた2014年のアメリカ合衆国の戦争ドラマ映画(英語版)である。出演は、ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、ジョン・バーンサル、マイケル・ペーニャ、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッドらである。

撮影は2013年9月から11月までにイングランドで本物のティーガーI戦車を使って行われた。

フューリー あらすじ

フューリーのあらすじは次の通り。

1945年4月、連合国がナチス・ドイツに最後の攻勢をかけようとしていた。第2機甲師団第66機甲連隊に所属する、ドン・「ウォーダディー」・コリアーが車長を務めるM4A3E8 シャーマン(使用されたのはM4A2E8)「フューリー」号には以下のクルーが乗り組んでいた。砲手のボイド・「バイブル」・スワン、装填手のグレイディ・「クーンアス」・トラヴィス、操縦手のトリニ・「ゴルド」・ガルシア。副操縦手は戦闘で死亡し、補充として新兵でタイピストを務めていたノーマン・エリソンが配属される。ノーマンは戦車の中を見たことも無く、ましてや戦闘に参加したことも無かった。デポでウォーダディーは武装SSに対して憎しみを抱いていることを顕わにする。

ノーマン以外のクルーは北アフリカ戦線からの歴戦の猛者であった。そのため、ウォーダディーとともに生き残ってきたクルーは、戦闘経験が無くドイツ兵を殺すのに怖じ気づくノーマンを過小評価する。戦車小隊が縦列で行軍中、ノーマンは木陰に敵らしき人影を見つけるが味方に警告せず、そのせいでヒトラーユーゲント(少年兵)の攻撃によって先頭を走るパーカー中尉の戦車が破壊され、乗員もろとも火だるまとなってしまう。さらに、ドイツ軍対戦車砲陣地との戦闘の際にも、ノーマンは戦うことをためらってしまう。ウォーダディーは怒り狂い、戦争の現実を「教育」するためにノーマンに捕虜のドイツ兵を射殺するよう強要する。ノーマンはこれを拒否するが、ウォーダディーは力ずくで銃を持たせ、彼に捕虜を射殺させる。

小さな町の制圧を通じて、ノーマンとウォーダディーの絆は徐々に深まってゆく。ウォーダディーとノーマンは民家に入り、ドイツ人女性のイルマとそのいとこ、エマに出会う。ノーマンとエマはベッドをともにし、続いて4人で朝食を楽しもうとしたが、ほかのクルーが家に押し入り、エマの飲み物にタバコを投げ捨てたり、食事につばを吐くなど、嫌がらせを行う。初めは黙って見ていたウォーダディーだったが、クルーらが開戦当初の苦い思い出を語りだしたことでウォーダディーは激昂し、緊張を引き起こす。そこで伝令がやってきてウォーダディー達は任務に戻ろうとするが、そこにドイツ軍の砲撃が加えられる。砲撃によって砲弾がイルマの家を直撃し、エマは死亡する。後退するドイツ軍が防衛戦に参加しない市民を殺害してその遺体を見せしめにしたり、アメリカ軍に近寄った市民を射殺し、自らの町を燃やす様子を見て、ノーマンは敵兵に対する憎悪を燃やし、そして、敵を容赦なく撃つようになってゆく。

ドイツ軍は交差点を通過して攻撃してくる可能性が高いことから、ウォーダディーの率いる戦車小隊はその交差点の保持を命じられる。部隊は行軍途中、1両のティーガーIと遭遇する。戦闘の末、ティーガーIの撃破に成功するものの、その過程で4両のうち3両が撃破され、フューリーのみが残る。加えて車上無線機が破損して使えなくなり、支援を要請することも不可能となった。それでもフューリーは先に進み、田舎道の交差点に到着する。交差点を監視できる丘の上へ移動しようとするが、対戦車地雷を踏んで右の履帯が切れ、走行不能となったフューリーは交差点上で立ち往生する。ウォーダディーらは戦車を降りて修理を試みるが、前方の丘へ偵察に出たノーマンは敵の接近を察知。約300名からなる武装SS大隊は歌いながら行進し、戦意は十分であった。クルーは戦車を放棄して森へ逃げることを主張するが、ウォーダディーはこれを拒否、1人で戦おうとする。初めは気が進まなかったクルーであるが、最終的には待ち伏せ攻撃を行うことを決意する。戦車上にドイツ兵の死体を置き、さらに火を点け、フューリーが撃破された遺棄戦車であるかのように装ったウォーダディーたちは、車内で敵を待ち受ける間に、これまでの活躍を振り返り、ノーマンを一人前のクルーとして認める。

敵をギリギリまで引きつけたウォーダディーとクルーは、戦車砲とすべての小火器・手榴弾を駆使して、圧倒的な数の差にも関わらず武装SS大隊に多数の損害を与える。だが、立ち直った武装SS大隊は夜陰に乗じて激しく反撃し、フューリー側の弾薬が乏しくなる。クーンアスは砲塔を貫いたパンツァーファウスト弾頭の噴流を受け、ゴルドは車内へ取り落した作動済みの手榴弾に覆いかぶさり、バイブルは狙撃兵が放った銃弾を頭部に受けてそれぞれ戦死。ウォーダディーも狙撃兵の銃撃によって、3発の銃弾を体に受ける。車内に残されたウォーダディーとノーマンであるが、ウォーダディーはノーマンに戦車の下部脱出ハッチから逃げろと促す。車体の下に出たノーマンは、地雷の爆発によってできた地面の穴に隠れ、ウォーダディーは戦車の中に放り込まれた手榴弾の爆発によって戦死する。ノーマンは戦車の下をのぞき込んだ1人の若い武装SS兵士によって発見されるが、武装SS兵はノーマンをそのままにして先に進んでいった。

翌朝、ノーマンはフューリーの車内へ這い上がり、ウォーダディーの遺体にジャケットをかける。そこに到着したアメリカ軍部隊が車内で息を潜めていたノーマンを発見し「お前はヒーローだ」と話しかけ、彼らの奮戦によってドイツ軍の攻勢が失敗に終わったことが暗示される。唯一の生存者となったノーマンは衛生隊の移送車両によって後方に運ばれる。一昼夜が過ぎた交差点一帯には燻ぶる炎と黒煙が立ち上り、周囲には無数に横たわるドイツ兵の遺体と破壊されたフューリーが路上に佇む。

 

フューリー キャスト

フューリーのキャストは次の通り。

 

ドン・“ウォーダディー”・コリアー – ブラッド・ピット(堀内賢雄)
ボイド・“バイブル”・スワン – シャイア・ラブーフ(小松史法)
ノーマン・“マシン”・エリソン – ローガン・ラーマン(梶裕貴)
トリニ・“ゴルド”・ガルシア – マイケル・ペーニャ(間宮康弘)
グレイディ・“クーンアス”・トラビス – ジョン・バーンサル(坂詰貴之)
“オールドマン”・ワゴナー大尉 – ジェイソン・アイザックス(田中正彦)
マイルス – スコット・イーストウッド(前田一世)
パーカー – ゼイヴィア・サミュエル(木村昴)
デイヴィス – ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
イルマ – アナマリア・マリンカ(岡田恵)
エマ – アリシア・フォン・リットベルク(英語版)(渕上舞)
ピーターソン – ケヴィン・ヴァンス(野川雅史)
ドイツの伍長 – ブランコ・トモヴィッチ(英語版)
フォスター – イアン・ギャレット
ヒルダ・マイヤー – ユージニア・カズミナ(英語版)
エディス – ステラ・ストッカー

 

フューリー 実話

フューリーは1945年4月のドイツの設定。

フューリーは実話っぽく作っていますが、実話ではありません。

 

フューリー 戦車 シャーマン ティーガー

フューリーに出てくるアメリカの戦車はシャーマン。

https://ja.wikipedia.org/wiki/M4中戦車

 

ドイツの戦車はティーガー。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ティーガーI

ティーガーはシャーマンに比べて戦闘能力は勝るものの、重くて複雑で量産されなかったとか。

 

フューリー 意味

フューリーは、英語ではFury。

意味は「激怒」です。

 

フューリー 最後

フューリーの映画の最後、ドイツ兵が戦車の下に隠れたノーマンがを見つかったが見逃したんですか?

 

見つけたけど見逃した、が、正解。

ライトが顔に当たってるしね。

それに監督がそういう意図で撮ったと明言してるそうです。

 

フューリー 酷い、ネタバレ

映画は、1945年4月の設定。

アメリカ側の兵士から見たドイツ。

はっきり言ってほとんどが戦闘シーン、平気で殺人やレイプが行われる状況で、酷い。

正視に耐えないというか、吐き気がするような映画だった。

 

ノルマンディー上陸作戦を描いた「プライベートライアン」を少し思い出した。

映画監督は、戦争がいかに悲惨であるかを描きたかったのか?

 

主役はブラッドピット演じる、ドンか?

それとも、タイピスト上がりのひ弱な兵士ノーマンか?

ノーマンは戦争、戦闘、殺人、死体に嫌気がさしているのを、ドンが無理やり戦争を教え込もうとしている。

戦争が悲惨なのは分かるが、何も無力なドイツの捕虜の兵士を殺すことないだろ?

ドイツの少女エマ姉妹との交流は、人間性が多少でも残っていたことを言いたかったのだろうか。

 

最後、シャーマンに乗り込んで多数のドイツ兵と戦うんだけど、普通に考えれば手りゅう弾一つで破壊されていただろう。

あんなに沢山のドイツ兵は殺せないだろう。

 

しかし、吐き気が出るような酷い映画だったが、戦後の日本もあんなもんだったんだろう。

占領兵に秩序を求めるのは無理だろう。

 

映画、動画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント