不整脈とは?検査費用、原因はストレス、自覚症状、薬、治るのか?ブルガタ

健康管理

↓血管をサラサラにして不整脈を予防、三黒の美酢の公式サイトはコチラ


ずいぶん前、とある精密人間ドックで不整脈の疑いがあると診断された。

それから長い間放置していたけれど、いい年して気になったので不整脈の検査をした。

 

↓血液をサラサラに。三黒の美酢の公式サイトはコチラ
三黒の美酢

不整脈とは

不整脈は文字通り、心臓の動きが一定でないことだ。

不整脈とは、心拍が不規則であったり、速すぎたり(頻脈)、遅すぎたり(徐脈)、心臓を伝わる電気刺激が異常な伝導経路をとることで生じるなど心拍リズム異常のことを言います。

成人の安静時の正常な心拍数は、通常毎分60~100回です。しかし、アスリートなどでは、これより心拍数が少なくても正常な場合があります。痛みや怒りなどの刺激や運動に反応して起こる心拍数の変化は正常です。

ただし、心拍数が不適切に速くなったり(頻脈)、遅く(徐脈)なっている場合や不規則になっている場合、電気刺激が異常な伝導経路を流れている場合のみ、心拍数の異常と考えられます。

引用元
https://doctorblackjack.net/heart/heart_03.html

 

心臓の心拍数はそもそも個人差こそあれ、誰でも一定ではない。

ある程度の閾値を超えると、不整脈ってことが言えるだろう。

不整脈の種類

あなたの不整脈は、どんな感じのものでしょうか。

不整脈には、脈が速くなる、遅くなる、ときどき飛ぶ…など、大別すると次の3種類があります。

頻脈(ひんみゃく)

通常より脈がかなり速くなるタイプです。運動や緊張によっても脈は速くなりますが、それは頻脈とはいいません。急に脈が1分間に140回以上にもなる場合には、危険な状態といえます。

徐脈(じょみゃく)

通常より脈がかなり遅くなるタイプです。1分間に40回程度まで低下した場合は、危険な状態といえます。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)

脈が一瞬飛んだり、リズムが乱れて、不規則なうち方をするタイプです。

 

通常、成人の脈拍数は1分間に60~100回程度で、一定間隔の規則正しいリズムを刻んでいます。脈拍数にはかなり個人差があるので、ふだんの自分の脈拍数(安静時)を測定し、その数値を知っておくといいでしょう。

不整脈の症状、動悸

健康診断などで不整脈がみつかっても、不整脈のほかに何もなければ、あまり心配ないとされています。しかし、次のような症状を伴う場合は注意が必要です。

頻脈の症状

脈拍数の増加に伴って、ドキドキという動悸が起こります。すぐに治まる場合は別ですが、さらに動悸が激しくなると、めまい、冷や汗、吐き気などを伴い、ときには意識を失うこともあります。こうしたケースでは、心室細動や心房細動の可能性もあるので、早めに受診し、検査を受ける必要があります。

徐脈の症状

脈が遅くなると、からだを動かすのがつらくなり、動くと激しい息切れを起こします。症状が治まらないときには心不全を起こしている可能性もあるので、すぐに受診する必要があります。

期外収縮の症状

あまり目立った症状はありませんが、人によっては胸がなんとなく不快になったり、胸痛を感じることもあります。胸痛がなかなか治まらない場合は、狭心症や心筋梗塞の可能性もあります。脈のリズムがバラバラになる場合には、心房細動などの可能性もあります。

不整脈の原因はストレス?睡眠不足、疲労?

不整脈の原因は何でしょうか?

不整脈は心臓が悪いから起こるのかというと、実は必ずしもそうではないのです。

一方、心臓を養っている血管が詰まる病気に心筋梗塞や狭心症がありますが、不整脈は血管が詰まるから起きるのだと勘違いされている方が少なくありません。

心筋梗塞や狭心症は心臓の血管の病気であり、一方、不整脈は電気系統の“故障”ですから、基本的には別の病気です。

不整脈の原因として最も多いのは、年齢に伴うものや、体質的なもの、つまり心臓病には関係しないものです。

1日または2日にわたって心電図を記録してみると、中年以上ではほとんどの人に、毎日1~2個は不整脈が見つかります。

年をとるにつれ、だれでも少しずつ不整脈が増えていきます。ストレス、睡眠不足、疲労などでも不整脈は起こりやすくなります。

そういう意味では、だれにでも起こりうるものだと言えるでしょう。

引用元
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph06.html

 

なるほど、誰にもで起こるんだね。

不整脈は治るか?治し方、治療、薬、抗不整脈薬

不整脈に対する薬をまとめた。

不整脈があるからと言って必ずしも服用する必要はありません。

恐ろしい不整脈、発作の起こりやすい不整脈に対しての治療薬となります。

 アミサリン、プロカイン塩酸塩

ジェネリック医薬品 なし
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1回0.25~0.5gを、3~6時間ごとに服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
その他の重い副作用はほとんどありませんが、SLE様症状の報告があります。筋肉や関節が痛くなったり、赤い斑点ができてきたら、すぐに受診してください。

リスモダン

ジェネリック医薬品 ジソピラミド、チヨバン、ノルペース
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1日に300mgを服用します。
副作用
口の渇き、便秘、尿の出が悪い、目のかすみ、頭痛などがあります。
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査などでチェックする必要があります。
その他、特異な副作用として低血糖症が知られています。特に、糖尿病治療中の方、肝臓や腎臓の悪い方、高齢の方、栄養状態の悪い方などに生じやすいものです。脱力感、強い空腹感、ふるえ、冷や汗といった症状に十分注意しましょう。

シベノール

ジェネリック医薬品 シベンゾリンコハク酸塩
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1日300mgより投与をはじめ、効果が不十分な場合には450mgまで増量し、1日3回に分けて服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性も多少ありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。その他、口の渇き、便秘、尿の出が悪い、目のかすみ、頭痛などがみられます。
重い副作用はまれですが、低血糖、肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)、血液の異常(症状:発熱、喉の痛み、口内炎、咳、だるい)なども報告されています。特に糖尿病を治療中の人は、低血糖の発現に十分注意してください。

ピメノール

ジェネリック医薬品 なし
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1回100mgを1日2回服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性も多少ありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。その他、口の渇き、便秘、尿の出が悪い、目のかすみ、頭痛などがみられます。
その他の重い副作用はまれですが、低血糖症状が報告されています。とくに糖尿病を治療中の人は、低血糖の発現に十分注意してください。

メキシチール

ジェネリック医薬品 チルミメール、メキシレート、メキシレチン塩酸塩、メルデスト
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1日300mgより服用をはじめ、効果が不十分な場合は450mgまで増量し、1日3回に分割し食後に服用します。
副作用
吐き気、胃痛、食欲不振など胃腸症状が起こることがあります。食後に多めの水で飲むようにしてください。
また、頭がボーとしたり、めまいや眠気、手のふるえなど精神神経系の副作用が起こることがあります。
その他、重い副作用はまれですが、皮膚障害(症状:発疹・発赤、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、水ぶくれ、膿む、皮がむける、強い痛み、目の充血、発熱、全身倦怠感)、肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)、肺の過敏症状(空咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱)なども報告されています。

アスペノン

ジェネリック医薬品 アプリンジン塩酸塩
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1日40mgより服用をはじめ、効果が不十分な場合は60mgまで増量し、1日2~3回に分けて服用します。
副作用
めまい、手のふるえ、吐き気、食欲不振などが起こることがあります。ひどくなるようでしたら、早めに受診しましょう。
新たな不整脈や心不全など心臓の副作用は、比較的少ないほうですが、定期的に心電図検査などでチェックする必要があります。
その他の重い副作用はまれですが、血液障害(症状:発熱、喉の痛み、口内炎、咳、だるい)や肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)、肺の過敏症状(から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱)なども報告されています。

プロノン

ジェネリック医薬品 プロパフェノン塩酸塩
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1回150mgを1日3回服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
その他、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、吐き気などがみられます。めまいやふらつきは、不整脈が原因のこともありますから、ひどいときはすぐに連絡してください。

サンリズム

ジェネリック医薬品 ピルシカイニド塩酸塩、ピルジカイニド塩酸塩錠、リズムサット、塩酸ピルジカイニド
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1日150mgを3回に分けて服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
その他、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、吐き気などがみられます。

タンボコール

ジェネリック医薬品 なし
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、100mgから服用を開始し、効果が不十分な場合は200mgまで増量し、1日2回に分けて服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
その他、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、吐き気、口の渇きなどがみられます。

インデラル

ジェネリック医薬品 アイデイトロール、ソラシロール、プロプラノロール塩酸塩
効果 心臓を休ませる作用があります。これにより心臓の拍動がおさえられ、血圧が下がります。高血圧症のほか、狭心症や不整脈(頻脈)の治療に広く用いられています。
服用方法 通常、1日30mgより服用をはじめ、効果が不十分な場合は60mg、90mgと漸増し、1日3回に分けて服用します
副作用
飲み始めに、体がだるくなったり、めまいを感じることがあります。軽ければたいてい心配いりませんが、ひどいときは早めに受診しましょう。
注意する症状として、徐脈があります。脈が1分間に50以下になったり、息苦しさや胸苦しさが強いときは、医師に連絡してください。
まれですが、喘息発作を誘発する可能性があります。

テノーミン

ジェネリック医薬品 アテネミール、アテノリズム、アテノロール、アルセノール、アルマイラー、カテノミン、クシセミン、テノミロール
効果 心臓を休ませる作用があります。これにより心臓の拍動がおさえられ、血圧が下がります。高血圧症のほか、狭心症や不整脈(頻脈)の治療にも用います。
服用方法 通常、50mgを1日1回経口服用します。
副作用
飲み始めに、体がだるくなったり、めまいを感じることがあります。
心臓の副作用として、徐脈があります。脈が1分間に50以下になったり、息苦しさや胸苦しさが強いときは、医師に連絡してください。
まれですが、喘息発作を誘発する可能性があります。

メインテート

ジェネリック医薬品 ウェルビー、ビソプロロールフマル酸塩
効果 心臓を休ませる作用があります。これにより心臓の拍動がおさえられ、血圧が下がります。高血圧症のほか、狭心症や不整脈(頻脈)の治療にも用います。
服用方法
常、5mgを1日1回経口服用します。
副作用
飲み始めに、体がだるくなったり、めまいを感じることがあります。元々喘息のある方は、喘息発作の誘発にも注意してください。
心臓の副作用として、徐脈があります。脈が1分間に50以下になったり、息苦しさや胸苦しさが強いときは、医師に連絡してください。
また、疲労や息切れ、息苦しさ、めまい、むくみや体重増加、徐脈など体調に異変が現れた場合は、直ちに医師に連絡してください。

ソタコール

ジェネリック医薬品 なし
効果 脈を整える薬です。
服用方法 通常、1日80mgから投与を開始し、効果が不十分な場合は1日320mgまで漸増し、1日2回に分けて服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
その他、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、吐き気などがみられます。

アンカロン

ジェネリック医薬品 アミオダロン塩酸塩
効果 脈を整える薬です。
服用方法
通常、飲み始めの1~2週間は1日400mgを1~2回に分けて服用する。その後、1日200mgを1~2回に分けて服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
特異な副作用として、間質性肺炎など肺の過敏症状があります。咳、息切れ、発熱などが現れたら、すぐに医師に伝えてください。
その他、肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)、角膜色素沈着、甲状腺機能の異常などもみられます。

ワソラン

ジェネリック医薬品 ベラパミル塩酸塩、ホルミトール
効果 心臓や体の血管を広げて血流がよくなり、血圧が下がります。また、心臓の脈をゆっくりして、心臓を休ませる働きもします。
服用方法 通常、1回40~80mgを、1日3回服用します。
副作用
注意する症状として、徐脈があります。脈が1分間に50以下になるようでしたら、できるだけ早く受診しましょう。
その他、顔の潮紅、頭痛、めまいなどがみられます。
長く飲み続けるていると、足の甲がむくんだり、歯肉が腫れてくることがあります。歯肉の腫れは、歯肉をよくブラッシングし口内を清潔に保つことで、ある程度予防可能なようです。

ヘルベッサー

ジェネリック医薬品 ジルチアゼム、ヘマレキート、ミオカルジー、ルチアノン
効果 心臓や体の血管を広げて血流がよくなり、血圧が下がります。また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします。
服用方法
通常、1回30mgを1日3回服用します。
※薬剤名に「R」がついている薬は通常、1日1回100mgを服用します。
副作用
注意する症状として、脈が遅くなる徐脈があります。もし、脈が1分間に50以下になるようでしたら、できるだけ早く受診しましょう。
その他、顔の潮紅、頭痛、めまいなどがみられます。
長く飲み続けるていると、足の甲がむくんだり、歯肉が腫れてくることがあります。歯肉の腫れは、歯肉をよくブラッシングし口内を清潔に保つことで、ある程度予防可能なようです。
重い副作用はほとんどありませんが、肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)や皮膚障害(症状:発疹・発赤、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、水ぶくれ、膿む、皮がむける、強い痛み、目の充血、発熱、全身倦怠感)が報告されています。

ベプリコール

ジェネリック医薬品 なし
効果 脈を整える薬です。
服用方法
通常、1日100mg~200mgを1日2回に分けて服用します。
副作用
重い不整脈や心不全を起こす危険性もありますので、定期的に心電図検査を受けるようにしてください。
特異な副作用として、間質性肺炎が報告されているようです。発症割合はきわめてまれと考えられますが、咳や息切れ、発熱などが現れたら、すぐに医師に伝えてください。
その他、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、吐き気などがみられます。

ジゴシン、ジゴキシン

ジェネリック医薬品 なし
効果 心臓の収縮力を強める薬です。脈をゆっくりさせる働きもあります。心不全などで心臓が弱っているときに用います。
服用方法
通常、1日0.25~0.5mgを服用します。
副作用
量が多いと中毒を起こし、命にかかわる重い不整脈を誘発します。中毒症状の早期発見が重要です。吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、視覚の異常、動悸、脈の異常、めまいなどのような症状が現れたら、すぐ医師に連絡してください。

ラニラピッド、メチルジゴキシン

ジェネリック医薬品 なし
効果 心臓の収縮力を強める薬です。脈をゆっくりさせる働きもあります。心不全などで心臓が弱っているときに用います。
服用方法
通常、1日0.1~0.2mgを服用します。
副作用
量が多いと中毒を起こし、命にかかわる重い不整脈を誘発します。中毒症状の早期発見が重要です。吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、視覚の異常、動悸、脈の異常、めまいなどのような症状が現れたら、すぐ医師に連絡してください。

不整脈の診断

俺の場合、精密人間ドックでは不整脈の疑いありと言われたが、普段の健康診断では何も指摘されなかった。

そこで専門の病院に行って診察してもらった。

 

行ったのは某国立の循環器専門の病院だ。

ここならちゃんと診察してくれそうだ。

診察してもらうには、一ヶ月ぐらい前に紹介所を書いてもらって行った。

 

最初の診察では、採血と心電図とレントゲンを受けた。

この時は医師も何も分からなかった。

 

次の診察では、成人心エコーと成人トレッドミルの検査を受けた。

検査日は朝食抜きで病院に行った。

成人心エコーは、いわゆるエコー検査なので、上半身裸になって超音波検査用のゼリーを塗っていろいろと心臓のあたりをエコー検査してもらった。

その後、成人トレッドミル。

この検査は初めて受ける。

運動できる格好になって、上半身裸になる。

心電図と血圧を測れる器具をつけて、トレッドミルの上を歩いたり走ったりして心臓に負荷をかける検査だ。

最初はゆっくり2分歩いて、その後2分は速歩き、その後2分は坂道になったり、もっと速くなったりして、心臓に負荷をかける。

全部で10分程だろうか。

少し汗をかく程度には運動した。

この日はここまでで検査は終わり。

 

その後、1週間ぐらい後で、検査結果を聞きに行った。

心臓血管内科の先生曰く「心配ありません」とのことだった。

 

先生によると「ブルガタ」かどうか調べてみたが、心電図の形から違うので心配ないとのことだ。

心電図にコーブド型(coved)とかサドルバック型(saddleback)とかの形でブルガタ症候群かどうかが分かるんだそうな。

ブルガタ症候群 (Brugada) は難病、寿命は?

ブルガタ症候群とはこんな病気です。

ブルガダ症候群は1992年にBrugadaらによって報告された不整脈で、発作が起こると心臓が痙攣状態(心室細動)になるため、直ちに処置を受けなければ死に至ることもあります。ブルガダ症候群は、東洋人の男性に多く、その発作がおこる年代は40~60歳が多いようです。ふつうに生活して夜眠った人が睡眠中に発作を起こし、翌朝突然死として発見されることもあるため、ポックリ病とも呼ばれていた病気の一つと考えられています。

出典
https://www.machida.tokyo.med.or.jp/?page_id=11015

 

怖いね。

心電図では、coved型、またはsaddleback型のST上昇を来すので診断できるそうです。

 

ブルガタ症候群は指定難病です。

従来のポックリ死と言われた人がこの病気であった可能性もあり、寿命が短いとも言われています。

怖いね。

 

血液をサラサラにするサプリメント 三黒の美酢

俺が使ってよかった血液サラサラにするサプリメントは、黒酢サプリメントだ。

このサプリメントの良いところは、ソフトカプセルで飲みやすいところだ。

にんにく、黒酢、DHA、EPAが入っていたら体に良さそうだろ?

 

三黒の美酢(さんごくのみず)は脅威の再販率(2回目購入)78%の黒酢サプリメントです。ダイエットや生活習慣病、血液サラサラにも適しております。
黒酢もろみをはじめ、黒にんにくや黒卵黄油を原料にしています。またアミノ酸やレシチンを豊富に含んでいて、
硬くなった血管を柔らかく、溜まったコレステロールを溶かしてくれます。血液サラサラ効果の特許成分『DHA・EPA』でカプセルを製造されているので、
他社のカプセルと比べて、高い健康効果を発揮!

 

↓血液をサラサラに。三黒の美酢の公式サイトはコチラ
三黒の美酢

 

コメント