007 ロシアより愛をこめて (007危機一髪)、意味、ダニエラ・ビアンキ、動画

スポンサーリンク
映画

『007/危機一発』(原題: From Russia with Love)は、1963年のアクションスパイ映画。

ジェームズ・ボンドシリーズの第2作目。

あらすじ

イギリス諜報部にソ連情報部のタチアナという女性が亡命を希望しているとの情報が入る。罠であると気付く諜報部だったが、彼女が提供するという新型暗号解読機「レクター」を目当てに、ジェームズ・ボンドをイスタンブールへと派遣する。トルコ支局長ケリムの協力を得て、タチアナとの合流に成功するボンド。だがそれは、ボンドへの復讐を企む犯罪組織スペクターの陰謀だった。やがて、スペクターの刺客グラントがボンドに迫る。

ボンドガールはダニエラ・ビアンキ

ボンドガールはダニエラ・ビアンキ。

ダニエラ・ビアンキ(Daniela Bianchi、1942年1月31日 – )は、イタリアの女優・モデルである。

ボンドカーはベントレーマークIV・コンバーチブル

特殊装備搭載のボンドカーは登場しない。

本作の序盤で、ボンドはベントレーマークIV・コンバーチブルに乗っている。

ポケットベルで呼び出しを受けたボンドは、自動車についた電話で本部と連絡を取る。

どちらも、当時はまだ珍しいものであった。

アタッシュケース

Mから支給される秘密兵器がアタッシェケース。

催涙ガスがパウダー容器に入っていて、容器ごと磁石でアタッシュケースにくっついています。

一度セットしてしまうと、アタッシェケースを次に開けた瞬間にガスが噴き出します。

噴き出さないようにして開けるには「つまみを水平に回す」必要があります。

悪役は、スペクターNo.3、スペクターNo.5、グラント

今回の悪役はスペクターNo.3、スペクターNo.5、グラント。

スペクターNo.3は、怖いおばさん。

スペクターNo.5は、チェスのプロフェッショナル。なんか分らんがミスして殺された。

グラントは屈強な男。No.3に認められて採用された。

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント