セブンシスターズ、キャスト、日本語、ネタバレ、考察、感想、動画

スポンサーリンク
映画

『セブン・シスターズ』(What Happened to Monday) は、2017年制作のイギリス、アメリカ合衆国、フランス、ベルギーのSF映画。

あらすじ

セブン・シスターズのあらすじは次の通り。

世界的な人口過多と飢饉による食糧不足から、厳格な一人っ子政策が敷かれた近未来。そこでは二人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存される。セットマン家の七つ子姉妹は、唯一の身寄りである祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週1日ずつ外出して共通の人格を演じることで30歳まで生き延びてきた。しかしある夜、〈月曜〉が帰宅しなかったことで、姉妹の日常は狂い始める。〈月曜〉に何が起きたのか? 誰かが当局に密告したのか? 何者かの裏切りにより当局に命を狙われる身となった姉妹は、力と知恵を合わせて残酷な運命に抗おうとする―。

キャスト、日本語

キャストは次の通り。

 

カレン・セットマン(マンデー、チューズデー、ウェンズデー、サースデー、フライデー、サタデー、サンデー) – ノオミ・ラパス(朴璐美)(7役)

ニコレット・ケイマン – グレン・クローズ(唐沢潤)

テレンス・セットマン – ウィレム・デフォー(上別府仁資)

エイドリアン・ノレス – マーワン・ケンザリ(中村章吾)

ジョー – クリスティアン・ルーベック(ノルウェー語版)(笠間淳)

ジェリー – ポール・スヴェーレ・ハーゲン(英語版)(岡井カツノリ)

エディ – トミワ・エドゥン(岩城泰司)

ゼーキア – キャシー・クレア(種市桃子)

インフォマーシャル・プロセッサー – サンティアゴ・カブレラ

チャールズ・ベニング – ロバート・ワグナー

ネタバレ、考察、感想

ノオミ・ラパスが7つ子の姉妹を1人7役で演じている。

裏切者が一人いそうな、いかにもな展開。

ラストまでに裏切者マンデーを含めて5人が死亡。

生き残ったのは、目をえぐられたチューズデーとサースデーの2人だけ。

 

 

サタデーとエイドリアンのセックスシーンが不要にエロい。

7姉妹を演じるノオミ・ラパスは、美人じゃないけどエロいな。

 

 

一人っ子政策のために、残りの子供を冷凍するための冷凍装置が、冷凍保存かと思いきや、焼却処分してたという残虐なシーンあり。

ケイマンの邪悪な計画を暴露。

ラストシーンでは、飼育器の中で育つ、マンデーの胎児ふたり。

それを見ながら、新しい眼球を入れたチューズデーは「テリー」という名前で生きていくと話す。

男がサースデーに「君の新しい名前は?」と聞くと、最初に「カレンなんてクソだ」といっていたサースデーは、「カレンよ、私は、カレン・セットマン」と答えた。

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント