22年目の告白 私が殺人犯です ネタバレ、感想、あらすじ、動画

スポンサーリンク
映画

22年目の告白 私が殺人犯は、2017年の日本の映画。

感想などをまとめた。

22年目の告白 私が殺人犯のあらすじ

「22年目の告白 私が殺人犯」のあらすじは次の通り。

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた凄惨な連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出てくる。盛大に開かれた記者会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。素顔をカメラの前にさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂。賛否両論を巻き起こしつつ、その告白本はベストセラーとなる。曾根崎の派手な行動は、それだけでは終わらなかった。マスコミを伴った被害者遺族への謝罪、執念深く事件を追い続ける刑事・牧村(伊藤英明)への挑発、そしてサイン会まで……。彼の行動のすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散してゆく。だがそれは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。日本中を釘付けにした告白の行方は……?やがて事件は意外な展開を見せるが……。

22年目の告白 私が殺人犯のネタバレと感想

ポイント1

面白くしようと、どんでん返しに次ぐどんでん返しを売りにした映画なのか、現実離れしすぎて引いてしまった。

曾根崎雅人が5件の連続殺人の時効の後に犯行を告白して告白本を出すとか。

5件の連続殺人だけど、目撃者も多いし、遺留品も多いわけだし、そんなに簡単に逃げ切れないだろ。

もっと早く見つかって捕まって当然の事件。

 

ポイント2

映画の後半で実は真犯人が、キャスターの仙堂俊雄と判明するけど、これだけ人を殺したのにイマイチ動機がハッキリしないしあり得ないだろ。

仙堂俊雄って戦場カメラマンでトラウマを背負って連続殺人を犯したって事だけど、そのあとニュースキャスターで大成功して大金持ちになったって?

ありえないだろ。

 

ポイント3

仙堂俊雄って5件目の牧村航を殺害しようとして失敗したってので、連続殺人を止めたっていうのもちょっと唐突過ぎる。

こんだけ人を殺せば、もっと次へ次へと事件を起こすだろ。

それに5件目なんて、そんなうまく罠を作ってクビ吊りとガス爆発を起こす、それに引っかかったりするか?

簡単に牧村航の部屋に侵入できたのも妙だし、遺留品あり過ぎる。

 

ポイント4

仙堂俊雄が、牧村航の妹であり、小野寺拓巳の婚約者でもある牧村里香を殺した動機もよく分からない。

それに、牧村里香が行方不明になったら、6人目の被害者の可能性ありと、当時からもっと騒がれているだろ。

なんで連続殺人が5件とマスコミが騒いでおいて、行方不明の牧村里香のことを騒がなかったんだ?

 

ポイント5

なんでか最後に、小野寺拓巳がどこか海外へ旅立つ展開。

今更、どこ行くの?

 

ポイント6

最後の最後に収監施設。

仙堂が留置所の廊下を刑務官に脇を固められた状態で歩いている。

そこへ、清掃員を装って紛れこんできた戸田丈がナイフを出すと仙堂めがけて突進。

これもそんな簡単に清掃員を装って刑務所に入れるの?

全体的に面白くみせようとするのがミエミエの映画。

映画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

 

コメント