映画かもめ食堂、フィンランド、あらすじ、ネタバレ、感想、つまらない、動画

スポンサーリンク
映画

『かもめ食堂』は、群ようこの小説及びそれを原作とする2006年3月公開の日本映画。

小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ主演。

監督は荻上直子、キャッチコピーは「ハラゴシラエして歩くのだ」。 個性的な面々がフィンランドのヘルシンキを舞台に、ゆったりと交流を繰り広げていく様子を描く。第28回ヨコハマ映画祭にて第5位を獲得した。

かもめ食堂のあらすじ

かもめ食堂のあらすじ。

ある夏の日、日本人の女性サチエはフィンランドの首都ヘルシンキにて「かもめ食堂」という日本食の食堂を開店させた。しかし、近所の人々からは「小さい人のおかしな店」と敬遠され、客は全く来ないのであった。

そんな折、ふいに食堂にやってきた日本かぶれの青年トンミ・ヒルトネンから『ガッチャマンの歌』の歌詞を質問されたものの、歌い出しを思い出すことができずに悶々としていたサチエは、町の書店で背の高い日本人女性ミドリを見かける。意を決して「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい」と話しかけると、弟の影響で知っているというミドリはその場で全歌詞を書き上げる。「旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだった」というミドリに縁を感じたサチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらうことになる。

ミドリは食堂を繁盛させようと、メインメニューであるおにぎりの具にトナカイ、ニシン、ザリガニといったフィンランドで定番とされる食材を採用するなどといった様々なアイデアを出すが、サチエは「おにぎりは梅、シャケ、おかか」であるというポリシーを持っており譲らない。だが、ある日思い立ってフィンランドの定番食であるシナモンロールを焼くと、いつも遠巻きに見ていた主婦たちがその匂いに釣られて来店し、その日を境に少しずつ客が入るようになる。

そんなある日、マサコという日本人旅行者がかもめ食堂を訪れる。マサコは介護していた両親が亡くなった後、ある時ふと目にしたテレビでフィンランドのエアギター選手権を知り、おおらかな国民性に惹かれてフィンランドまでやって来たのだった。空港で荷物を紛失して足止めを受けていたマサコは、荷物が見つかるまでの間、観光をしながらかもめ食堂へ度々来店し、そのうち食堂を手伝うようになる。

夫に家を出て行かれてしまった中年女性リーサ、経営していた店が潰れ妻子とも疎遠になっている男性マッティなど「色々な事情」を抱えた人々との出会いを経て、ささやかな日常を積み重ねていくサチコたち。徐々に客の入りが増え始めていたかもめ食堂は、やがて地元住人で賑わう人気店となるのであった。

 

かもめ食堂 フィンランド

フィンランドにかもめ食堂が実在します。

 

かもめ食堂 Ravintola KAMOME
住所:Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki

営業時間:

月~木:11:00~14:30 & 17:00~22:00

金:11:00~14:30 & 17:00~22:30

土:17:00~22:30

https://ja-jp.facebook.com/RavintolaKamomeHelsinki/

 

コピルアク

『コピ』はインドネシア語でコーヒーのこと。

そして『ルアック』はインドネシアに生息するジャコウネコ科の動物で真っ赤に熟したコーヒーの実だけを選んで食べるのだそう。

そしてコーヒーの実の外側の柔らかいところだけが消化されコーヒー豆になる種はフンとして排泄され、その排泄されたものを洗浄し乾燥させたものが「コピ・ルアック」。

 

コピ・ルアック、コピルアクは、最高の人生の見つけ方でもキーワード。

https://dokuzetu.com/archives/2781

 

おにぎり

おにぎりは、日本のソウルフードだとして、たびたび紹介される。

俺は結構苦手。。

 

他人が作ったおにぎりが食べられない。。

https://dokuzetu.com/archives/2729

 

かもめ食堂の感想、評価、評判、つまらない?

かめも食堂は、そのほのぼのとした雰囲気が好きな人にはいいんだろう。

評価は高いらしい。

俺には、その良さが分からず、つまらない映画だった。

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント