ゴースト・イン・ザ・シェル、実写、キャスト、あらすじ、たけし、動画

スポンサーリンク
映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)は、2017年のアメリカ合衆国のSF映画。士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を原作とし、ルパート・サンダースが監督を務め、ジェイミー・モス(英語版)とウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガーが脚本を手掛けている。アメリカでは3月31日、日本では4月7日より公開された。

感想などをまとめた。

ゴースト・イン・ザ・シェルは日本アニメ・攻殻機動隊(こうかくきどうたい)の実写リメイク

ゴースト・イン・ザ・シェルは日本アニメ・攻殻機動隊(こうかくきどうたい)の実写リメイクです。

企業のネットが星を被い電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来――。

公安9課に所属する草薙素子(通称「少佐」)は認定プログラマーの国外亡命を斡旋する外交官暗殺の任務を遂行する。後日、外務大臣の通訳が電脳をハッキングされる事件が起き、他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー、通称「人形使い」の犯行である可能性が浮上。公安9課は捜査を開始するが、容疑をかけられ逮捕された人物はいずれもゴーストハックされており、人形使い本人の正体を掴むことが出来ない。

そんな中、政府御用達である義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが稼動し、女性型の義体を一体作りだした。義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはゴーストのようなものが宿っていた。公安6課によって一連の捜査の概要と、その義体こそが人形使いであることが明かされる。目覚めた人形使いは自らが情報の海で発生した生命体であることを主張し、いち生命体として政治的亡命を要求しはじめる。

しかし、施設が襲撃され人形使いの義体が拉致されてしまう。公安9課は義体の奪還と並行して捜査を続けた結果、外務省による「プロジェクト2501」の存在を突き止める。義体を確保した少佐は人形使いの電脳にダイブする。そこで人形使いから融合を提案されるが、直後に2体の義体は狙撃され破壊される。破損した義体は回収され、少佐の脳殻は行方不明として事後処理される。

20時間後、子供の姿をした義体がバトーのセーフハウスで目覚める。

ゴースト・イン・ザ・シェルのあらすじ、ネタバレ

ゴースト・イン・ザ・シェルのあらすじは次の通りです。

ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。脳以外は全て義体化された少佐率いるエリート捜査組織「公安9課」は、サイバー犯罪やテロ行為を取り締まるべく、日夜任務を遂行していた。そんな中、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく、少佐は同僚のバトーらと共に捜査にあたるが、事件を調べていくにつれ、自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付く。やがて、真の自分の記憶を取り戻していく少佐は、自身の驚くべき過去と向き合うことになる

ゴーストインザシェル キャスト、声優、吹き替え

ゴースト・イン・ザ・シェルのキャストは次の通りです。

※括弧内は日本語吹き替え。

ミラ・キリアン少佐 / 草薙素子 – スカーレット・ヨハンソン(田中敦子)
バトー – ピルー・アスベック(英語版)(大塚明夫)
荒巻大輔 – ビートたけし
オウレイ博士 – ジュリエット・ビノシュ(山像かおり)
クゼ – マイケル・カルメン・ピット(小山力也)
トグサ – チン・ハン(山寺宏一)
ラドリヤ – ダヌーシャ・サマル(山賀晴代)
イシカワ – ラザルス・ラトゥーエル(英語版)(仲野裕)
サイトー – 泉原豊
ボーマ – タワンダ・マニーモ
カッター – ピーター・フェルディナンド(英語版)(てらそままさき)
ダーリン博士 – アナマリア・マリンカ(加納千秋)
リー – ダニエル・ヘンシャル(英語版)(坂詰貴之)
ダイヤモンド – カイ・ファン・リエック(加藤ルイ)
ハイリ(素子の母親) – 桃井かおり(大西多摩恵)
モトコ(素子) – 山本花織(内野恵理子)
ヒデオ – アンドリュー・モリス(今村一誌洋)
リア – アジョワ・アボアー(柳瀬英理子)
大統領 – クリス・オビ(乃村健次)
芸者ロボット – 福島リラ(福島リラ)
トニー – ピート・テオ(英語版)(蜂須賀智隆)
オズモンド博士 – マイケル・ウィンコット(クレジットなし)(広田みのる)

ゴーストインザシェル 意味

なんで、攻殻機動隊がゴーストインザシェルなんだろうか?

ゴーストインザシェルなら、貝殻の中の幽霊だろ。

 

ここでのゴーストの意味は次の通り。

あらゆる生命・物理・複雑系現象に内在する霊的な属性、現象、構造の総称であり、包括的な概念である。作中においては主に人間が本来的に持つ自我や意識、霊性を指して用いている。
要約すると人間の肉体から生体組織を限りなく取り除く、あるいは機械で代行していった際に、自分が自分自身であるために最低限必要な物、又はその境界に存在する物こそゴーストであり、生命体の根源的な魂とも表現できる。しかし厳密な意味ではゴーストは構造や複雑さ、効果において同一ではない包括的な概念であり、その構造や機能で人間のゴーストと区別しなければ森羅万象にゴーストはあるとされている。
ゴーストは上下方向に無限の階層構造を持っており、その中に意識・無意識・自我などのレベルが存在するが、上部に完全支配されている訳ではなく、相互に連結しながら上部構造が緩やかに下部構造を総体としてまとめている。脳科学の見地からは、大脳と視床下部の活動に大きく影響しているとされている。
作中では、ミクロな意味合いでの遺伝子やマクロな意味合いでのガイア理論を持ち出すことで、個人・集団とは異なる第三の主体としてこのゴーストという概念を上げている。人間という現象をゴーストを通じた複雑系が織り成す現象へと還元することで、スタンド・アローン・コンプレックスをも定義している。
なお作中においては脳科学や電脳化、霊能者の研究が進み、一般的に認識されるようになっている。

ゴーストインザシェル 評価、感想

俺は日本アニメの攻殻機動隊は、見たことありません。

なので、ゴースト・イン・ザ・シェルの端的な感想を言うと、既存の映画である、マトリックス、ターミネーター、フィフス・エレメント、プレデター等をミックスしたような映画。

ビートたけしや桃井かおり他、日本人の俳優が起用されているほか、至る所に日本語が。

芸者ロボットとか笑える役もあり。

日本人の桃井かおり演じるハイリの娘、素子が実はスカーレットヨハンソン演じるミラ・キリアン少佐っていうのは少し難がある展開。

最後に荒巻が首相の許可の元、ハンカ社のカッターを殺害するのは、ありきたりの展開。

なんで、カッターが殺されないといけないのか分からんかったけど。

そもそも荒巻とか少佐は、ハンカ社の社員じゃねぇの?

カッターがハンカ社を経営していて、研究開発のお金を提供しているなら、その社長を簡単に殺すとかありか?

カッターは悪者かどうかと言われれば、首相の許可の元、テロリストをやっつける人造人間を開発しているわけだから、そんな悪者じゃねぇだろ?

ゴーストインザシェル たけし

荒巻大輔を演じるのはビートたけし。

桃井かおりが英語をしゃべるのに対して、ビートたけしは相手が英語でも普通に日本語で受け答え。それでも通じているんだから不思議だ。

ビートたけしを配役に起用するのは日本へのリスペクトなんだろうか?

ゴーストインザシェル DVD

↓ゴーストインザシェルのDVDはコチラ。

ゴースト・イン・ザ・シェル[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

新品価格
¥1,500から
(2018/8/20 13:40時点)

映画、動画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント