パッセンジャー、あらすじ、評価、動画、キャスト

スポンサーリンク
映画

『パッセンジャー』(原題: Passengers)は、2016年のアメリカ合衆国のSF映画。日本では2017年3月24日に公開。

日本版のキャッチコピーは「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」。

パッセンジャーの感想やネタバレをまとめてみた。

パッセンジャー あらすじ

パッセンジャーのあらすじは次の通り。

宇宙移民を目的とした5000人の人間を乗せた超大型宇宙船アヴァロン号の航行中に人工冬眠ポッドの故障によりジム(クリス・プラット)だけが目覚めてしまう。再び冬眠状態になる事は不可能なうえ、アヴァロン号が目的の惑星に到着するまであと約90年あり、宇宙船の中で孤独に寿命を迎えるのは確実となる。地球へ助けを求めるメッセージを送るも返事が来るまでに約74年を要し、乗組員ではない植民者のジムは宇宙船のコントロールにアクセスする事も出来ない。さらに、アクセス権を持つ乗組員達が冬眠している部屋は頑丈なハッチに守られているため起こす事も不可能という、絶望的な状況に追い込まれる。

それから1年後。ジムは宇宙船の中で、自らこじ開けたスイートルームを独占して船内のエンタテイメントシステムで時間を潰す自堕落な生活を続けていた。虚しさを覚えつつも、唯一の話し相手のバーテンダーアンドロイドのアーサー(マイケル・シーン)と日々会話を続けていた。そんな中、宇宙船では作業ロボットなどの故障が度々発生し、無人のコントロールルームではエラーメッセージが次々と表示されていた。ある時、ジムは宇宙服を着ての船外活動が可能な事に気づき、宇宙遊泳で初めて見る生の宇宙空間に感動する。しかし日に日に増していく孤独感に耐えられなくなったジムは、宇宙服を着ないまま外扉を開くスイッチを押そうとし、寸前で我に返り自殺を思いとどまる。

ある日、ジムは冬眠ポッドで眠る作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)に一目惚れし、彼女の事を調べていくうちに益々惹かれていくようになる。ジムはオーロラを目覚めさせたい気持ちに駆られるが、それは彼女の人生を奪ってしまう事を意味するため、葛藤する。しかし、寂しさに堪えられず冬眠ポッドを操作して彼女を目覚めさせてしまう。目覚めたオーロラは困惑するが、唯一同じ状況を共有するジムと日々を暮らしていくうちに惹かれていくようになる。だが、二人が船内での恋人の生活に慣れ、ジムがオーロラへプロポーズする直前、アーサーがオーロラにジムが故意に彼女を目覚めさせた事を告げてしまう。オーロラはその事実に憤慨し、ジムをひどく恨み拒絶するようになる。

ジムはオーロラへ謝罪し、船内に木を植えたりするなど償いの気持ちを伝えるが、依然としてオーロラはジムを避けて暮らす。そんな中、アヴァロン号の故障が停電を起こすほど深刻な状態に陥り、冬眠ポッドの故障から甲板長のガス(ローレンス・フィッシュバーン)が目覚める。アヴァロン号への全アクセスが可能なガスが目覚めた事により問題の把握と修理が進み、事態の収拾がつくと思われる。しかし、アヴァロン号は2年前の小惑星との衝突の影響で、航行や電力供給に不可欠な核融合炉が機能停止寸前であるという事が発覚する。三人は核融合炉の故障の原因を探ろうとするが、冬眠ポッドの故障の影響でガスの寿命が残り少ないことが判明する。ガスはひどく動揺するが、覚悟を決めジムとオーロラに自身のアクセス権を託して二人に看取られる。

二人は核融合炉の修理に取り掛かるが、修理を完了するには炉内の熱を排熱孔から放出する必要があり、故障の影響で排熱孔は船外からの手動でしか開けなくなっていた。ジムが船外に出て命がけで排熱孔を開き、核融合炉は限界寸前で正常に戻るが、熱が放出された衝撃によってジムは宇宙空間に吹き飛ばされてしまう。オーロラは船外に飛び出してジムを救出し、死亡したジムを治癒装置へ運び込んで蘇生させる事に成功する。

その後、二人の関係は一連の出来事で修復する。そしてジムはガスに与えられたアクセス権で、一台だけ冬眠ポッドを起動する事ができる事をオーロラに告げる。ジムは目覚めさせた償いとして冬眠ポッドを譲ろうとするが、オーロラはそれを拒み、ジムと二人で最期まで暮らす事を決意する。そしてジムは、かつて出来なかったオーロラへのプロポーズをし、オーロラは受け入れる。

88年後。目的の惑星に到着する5ヶ月前に乗組員の冬眠ポッドが起動する(乗客の起動はその1ヶ月後)。乗組員達が目覚めフロアに出ると、一帯には緑が育ち、その中心にはかつてジムが植えた木がそびえ立っている。

 

パッセンジャー キャスト、吹き替え

パッセンジャーはキャストが少ない。

  • オーロラ・レーン – ジェニファー・ローレンス(水樹奈々)
  • ジム・プレストン – クリス・プラット(小松史法)
  • アーサー – マイケル・シーン(村治学)
  • ガス・マンキューゾ – ローレンス・フィッシュバーン(玄田哲章)
  • ノリス船長 – アンディ・ガルシア

パッセンジャー 意味

知らない人もいるか?

パッセンジャー Passenger の意味は「乗客」。

パッセンジャー 評価、ネタバレ

誰もが納得できないのは最後のシーンだろう。

ジムは最初目が覚めた時は、悲劇の主人公だった。

ただ、その後、オーロラを起こしてしまうという、決してやってはいけないことをやった。

オーロラ自身もジムがやったことを「Murder (殺人)」と甲板長のガスに訴えています。

 

船と自分を身を挺して守ってくれたジムに同情したのか愛情が湧いたのか知らんけど、最後は冬眠ポッドに入って冬眠すべきだろう。

 

あと、そもそもこの船、アヴァロン号は大丈夫か?

隕石が衝突したぐらいで、勝手にポッドが故障して代替がないとか、ありえないだろう。

イマージェンシーマニュアルとかなかったんだろうか?

 

核融合炉の修理とかやらないといけない船に、あと88年も乗り続けるのか?

船員を起こした方がいいんじゃないか?

パッセンジャー オーロラ

パッセンジャーのヒロインでひときわ輝いていたのがオーロラ。

アメリカ合衆国の女優、ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 1990年8月15日 – )が演じています。

この女優さんは綺麗だね。

最近は、X-MENとか、ハンガーゲームとかレッド・スパローに出ていました。

 

俺が見たジェニファーローレンスが出ている映画は「今日、キミに会えたら」。

↓今日、キミに会えたら

https://dokuzetu.com/archives/2971

 

パッセンジャー DVD

パッセンジャーのDVDはこちら。

パッセンジャー (字幕版)

新品価格
¥400から
(2018/8/26 09:38時点)

映画、動画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント