加藤智大の生い立ち、母親、弟の死因、実家、名言

スポンサーリンク
ニュース・トレンド

加藤智大は、秋葉原通り魔事件の犯人として逮捕された男。

秋葉原通り魔事件とは

秋葉原通り魔事件(あきはばら とおりまじけん、英語: Akihabara massacre)とは、2008年(平成20年)6月8日に東京都千代田区外神田(秋葉原)で発生した通り魔殺傷事件。7人が死亡、10人が負傷(重軽傷)した。マスメディアや本件に言及した書籍においては秋葉原無差別殺傷事件と呼ばれることが多い。

加藤智大の生い立ち

加藤の経歴

1982年9月28日 – 青森県五所川原市で出生。

1998年4月 – 青森県立青森高等学校入学(母が卒業した学校であり母が進学を望んでいた)。

2001年
2月 – 青森県立青森高等学校卒業(学業に意欲を持てず成績は低迷し、母が望んでいた北海道大学への進学を断念)。
4月 – 中日本自動車短期大学自動車工学科入学。

2003年
3月 – 中日本自動車短期大学自動車工学科卒業(学業に意欲を持てず成績は低迷し、自動車整備士の資格を取得せず)。
4月 – 母から資金提供を受け、宮城県仙台市内にアパートを借りて一人暮らしを始めた。
7月 – 仙台市の警備会社に就職、警備事業部に配属され、警備現場の警備員に配属。雇用形態は準社員。月収は残業を含めて、多い月で25万円に達した。同じ職場で働いている人の中で仕事以外で交友する友人がいた。

2004年
1月 – 内勤に異動になり警備業務の案件ごとに必要な人を配置する職種に配属。月収は固定給になり手取りで17万6000円。
4月 – 母から資金提供を受けて、自動車運転免許を取得、30万円の自動車を購入。自動車の改装のため消費者金融から借金。

2005年
2月 – 職場の人間関係の不満に対する抗議の表明として無断欠勤し警備会社を退職。
4月 – 一般労働者派遣事業(登録型派遣)会社と契約し、埼玉県上尾市の自動車メーカーの工場に派遣。住居は派遣会社が提供する独身寮。月収は残業や休日出勤を含めて、多い月で27万円に達した。同じ職場で働いている人の中で仕事以外で交友する友人はできなかった。ネット上の掲示板への投稿に深入りするようになった。
70万円の自動車を借金して購入。

2006年
4月 – 職場の人間関係の不満に対する抗議の表明として無断欠勤し派遣会社を退職。
5月 – 一般労働者派遣事業(登録型派遣)会社と契約し、茨城県つくば市の住宅部品メーカーの工場に派遣。住居は派遣会社が提供する独身寮。同じ職場で働いている人の中で仕事以外で交友する友人はできなかった。ネット上の掲示板への投稿に深入りするようになった。
8月 – 職場の人間関係の不満に対する抗議の表明として無断欠勤し派遣会社を退職。青森や仙台時代の友人宛に、自殺するつもりであると携帯電話のメールで送信し、青森の母宛に電話した。メールを受信した友人たちは考え直すよう説得するメールを返信した。3年ぶりに両親宅に帰宅し母と面会した。母は子供時代の教育姿勢を謝罪した。
9月 – 母は次に仕事が決まるまでしばらく自宅で休養するように勧めた。父はこのまま自宅にいていいと勧めた。
秋 – 高校時代の友人たちとたびたび飲食し歓談した。母から資金提供を受けて大型自動車運転免許を取得。

2007年
1月 – 青森の運送会社に大型輸送車の運転士として就職。
3月 – 雇用形態が正社員に変更。同じ職場で働いている人の中で仕事以外で交友する友人がいた。高校時代の友人たちとの交友関係も継続していた。
7月 – 自宅を出て青森市内にアパートを借りて一人暮らしを始めた。
9月 – ネットの掲示板の投稿者と面会する旅行2週間のための休暇を会社に対して申請するが、会社から却下されたことに対する抗議の表明として無断欠勤し運送会社を退職。借金の返済をしないまま青森を去る。
9月〜10月 – 掲示板の投稿者と面会するための旅行と面会を繰り返す。
10月 – 掲示板の投稿者宛に、自殺するつもりであるとメールを送信し、メールを受信した人たちは考え直すように説得した。駐車場に無断駐車した自動車内で寝泊まりしていて、警察官に職務質問され、自殺するつもりと供述し、警察官は考え直すように説得した。
11月 – 一般労働者派遣事業(登録型派遣)会社である日研総業と契約し、関東自動車工業の静岡県裾野市に所在する工場に派遣。住居は派遣会社が提供する独身寮。日勤と夜勤の交代制で、月収は残業や休日出勤が多い月は手取りで20万円(寮費を引いた金額)、残業や休日出勤が無い月は手取りで14万円。同じ職場で働いている人の中で仕事以外で交友する友人がいた。ネットの掲示板への投稿に深入りするようになった。

2008年
5月 – 派遣会社が6月末での派遣契約の解約と、希望者には他の派遣先を紹介すると通知したので、他の派遣先で就業することを選んだ。そのことについて特に不満はなかった。
5月〜6月 – 掲示板を成りすましで荒らされ、掲示板荒らしが去って孤独を感じ、掲示板に通り魔事件を起こすと投稿するようになった。
6月 – 更衣室で自分の作業服が見つからないことを理由に無断欠勤し、そのまま職場放棄。その後は、通り魔事件を起こすとの予告を掲示板に投稿を繰り返し、通り魔事件に使用する自動車やナイフを準備をして、6月8日の事件に至る。
犯行に使用されたトラックは犯行日前日に静岡県沼津市でレンタカーとして借りた車であった。当人はより大きな車両を借りたいと考えていたが、借りるにはクレジットカードが必要であり、当人は所持していなかったため犯行に使われたトラックになった。犯行に使用されたダガーなどのナイフ類6本は犯行日2日前に福井県福井市のミリタリー輸入雑貨店で購入したものであった。トラックで人を跳ね飛ばすのは2005年(平成17年)4月に発生した仙台アーケード街トラック暴走事件(加藤は仙台市の事件現場の近くに住んでいたことがある)を参考にし、ナイフで人を襲うのは2008年(平成20年)3月に発生した土浦連続殺傷事件を参考にしたと供述している。
加藤はそのトラックを自ら運転し、東名高速道路を経由して上京し、ネットの掲示板荒らしに対する抗議の表明手段として、通り魔殺人を行った。
加藤は拘置所においては弁護士以外との面会を拒否し、手紙の受け取りを拒否し、マスコミの取材を拒否して自著以外ではコメントを発してこなかった。

神戸親和女子大学教授の片田珠美は、加藤の屈折した人格形成について母親の影響があったと意見している。

加藤は非喫煙者である。

加藤智大の弟の死因は?マスコミが原因?

加藤智大の弟は事件後、自殺しました。

マスコミに追われたのでしょうか。

死因は分かっていません。

 

「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら教えてください」

これは『週刊現代』の「独占スクープ!『秋葉原連続通り魔事件』そして犯人(加藤智大被告)の弟は自殺した」の中で、週刊現代記者の齋藤剛氏が明かしている加藤被告の実の弟・加藤優次(享年28・仮名)の言葉である。

この1週間後、優次は自ら命を断った。

加藤智大の母親はクズ

加藤の母親の子育て方法はおかしかったです。虐待と言える行動もありました。

同じ家で育ったのだから弟さんも精神的に不健康だったのかもしれません。

気の毒なことです。親を選んで生まれてこれたらどんなにいいことか…。

http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-1171.html
http://matome.naver.jp/odai/2137473015179980301
>週刊現代6/28号「秋葉原通り魔 弟の告白」(前編)から引用します。
>加藤智大容疑者が中1の時である。
『食事の途中で母が突然アレに激高し、廊下に新聞を敷き始め、、その上にご飯や味噌汁などのその日の食事を全部ばらまいて、「そこで食べなさい!」と言い放ったんです。アレは泣きながら新聞紙の上に積まれた食事を食べていました』

コメント