遠藤誠一の遺体はアレフ?実家はどこ?プロポーズ大作戦に出ていた?

スポンサーリンク
ニュース・トレンド

オウム真理教の遠藤 誠一について調べてみた。

遠藤 誠一(えんどう せいいち、1960年6月5日 – 2018年7月6日)は元オウム真理教幹部。元死刑囚。北海道札幌市出身。ホーリーネームはジーヴァカ。教団内でのステージは正悟師で、1994年6月に教団に省庁制が採用されてからは厚生省大臣になり、後に厚生省を二分して生物兵器担当の第一厚生省大臣となった(化学兵器担当の第二厚生省大臣は土谷正実)。

遠藤誠一はプロポーズ大作戦に出ていた?

帯広畜産大学在学中の1980年、朝日放送「プロポーズ大作戦」の人気コーナー「フィーリングカップル5vs5」に学生選択チームの一員として出演し、柏原芳恵とカップルになっていた。

なお同級生によると遠藤は斉藤由貴が好きとのこと。

遠藤誠一の実家は?

遠藤誠一は、1960年に北海道に生まれます。

実家はごく普通の少し裕福な家庭と言えると思われます。

父親は室内装飾会社の役員、母親は世界救世教の信者であったそうです。

キリスト教系の幼稚園を経て、北海道札幌北高校へと進学しています。

左耳の難聴があったらしいですが、野球サッカー、スキーなどのスポーツを好む活発な少年だったようです。

北海道札幌北高校在学中に、愛犬が病気になり獣医に治療してもらったことから、獣医を目指して帯広畜産大学畜産学部獣医学科に進学することになったようです。

 

遠藤誠一の実家は、北海道にあるようです。

麻原彰晃の四女 松本聡香の許嫁?

1989年、麻原の4女の出産に立ち会い、遠藤は4女に恋心のようなものを抱き、麻原の4女松本聡香と許婚になる。4女の歯を抜くのに何回も失敗したこともあった。4女とは一緒にババ抜きをよくやっており、遠藤は逮捕された時「最後にもう一度、さとちゃんとババ抜きがしたかったよ」と語ったともされる。

遠藤誠一の遺体はどこへ

7月6日に死刑が執行された遠藤誠一元死刑囚(58)の遺体は、7月12日午後に埼玉県内の斎場に運ばれ、火葬されました。

関係者によりますと、遠藤元死刑囚の遺体は、オウム真理教の後継団体である「アレフ」が引き取っています。

公安当局は遠藤元死刑囚の遺骨をアレフが神格化しないか引き続き警戒を強めています。

 

↓関連記事はコチラ

オウムの土谷正実、遠藤誠一、新実智光、井上嘉浩、中川智正、早川紀代秀も死刑執行
オウムの土谷正実、遠藤誠一、新実智光、井上嘉浩、中川智正、早川紀代秀も死刑執行 オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)=東京拘置所=について、法務省が6日、刑を執行したことが関係者への取材で...

 

コメント