映画 サイド・エフェクト、考察、最後、ネタバレ、動画

スポンサーリンク
映画

『サイド・エフェクト』は、2013年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。

複雑で難しい、どんでん返し映画。

あらすじ

精神科医による、処方ミスが引き起こした一つの悲しい殺人事件。だが、その裏には、まったく別の思惑と陰謀が渦巻いていた。自らをはめた真犯人に復讐を誓う医師だったが、次々と仕掛けられる罠に陥っていく。そして、思わぬ衝撃の真実が彼を待ち受ける・・・。

ネタバレ

ルーニーマーラって初めて見たけどすごいオーラのある女優さん。

気怠げで物憂げな鬱っぽい表情をしてたって綺麗。

 

鬱病患者に処方した新薬による副作用で、睡眠しながら夫を殺害するという事件が起こった。

その薬害訴訟によって、精神病患者を治す側である医者(バンクス)が、逆にどんどん仲間や家族を失い、薬を飲むようになって堕落していく…って話のように見えたんだけど、後半の転がすごい。

 

バンクスがどんどんイライラを募らせるようになり、新薬の副作用なんて分からなかった、自分は無罪だとか、エミリー(患者)が本当は鬱ではなく、自分を騙してるんだとか言って、エミリーの嘘を暴く行為を勝手にやってるところなんかは、明らかに「バンクスもう駄目だ…お前が精神病だ…」って感じだったのに!

 

真実はバンクスの虚言ととられた言葉そのものだったのに、一回狂ってるとレッテル貼られたら何言ってても誰も取り合ってくれない。

作中に限らず、本当に狂ってるか、演技してるかなんて実際全然分からない。

最後

盛り上がったシーバートがエミリーの体を触っていると、録音機がついていることに気づきます。そして警察が踏み込んできて、シーバードは捕まります。

エミリーはバンクスの新しいオフィスにやってきます。バンクスは裁判所命令を利用し、副作用のある薬を処方していきます。

従わなければ施設に戻すと言うと、エミリーが外へ逃げ出します。するとマーティンの母が殴ってきます。警察も来ていて、エミリーは捕まって医療センターに戻されます。

バンクスはディアドラと息子のいる元の生活に戻ります。医療センターからでれないエミリーに、看護師が調子を聞いてきます。エミリーはすごく良いと答えます。それでも出れないエミリーの姿が映し出されて終わりです。

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント