エリジウム、意味、ネタバレ、感想、動画

スポンサーリンク
映画

『エリジウム』は、ニール・ブロムカンプ監督・脚本による2013年のアメリカ合衆国のSF映画。

あらすじ

2154年、世界は完全に二分化されていた。 ひと握りの富裕層が上空に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」で極上の人生を謳歌する一方、人類の大多数は荒廃しきった地球で貧しい生活を強いられていた。スラムに暮らすマックス(マット・デイモン)は、ある日不慮の事故に遭い余命5日と宣告されてしまう。生き残るには医療ポッドのあるエリジウムに進入するしかない。レジスタンス軍に参加し、決死の覚悟でエリジウムへ挑む彼の前に、冷酷非情な女防衛長官デラコート(ジョディ・フォスター)が立ちはだかる…!

ネタバレ、感想

キャラクター設定が雑で魅力を感じられない。
行動の動機づけが弱くズレていて登場人物に共感できないです。
設定もツッコミどころが多い。
違法侵入しようとしているシャトルの対応をなんであんなガラの悪い傭兵一人ににやらせたりしているのか?
あんなに高度なロボットを警備等に使ってるのに不思議。
冒頭の違法シャトル撃墜シーンも、シャトルが大気圏をとっくに突破してすでにコロニーの傍まで遠く離れているのに、地上から一人で肩に担げる携帯ミサイルランチャーで撃ち落とすとかって、、、。
あんなバズーカ的な小さな個人携行ミサイルで宇宙の彼方のシャトルを破壊できるんだから凄いテクノロジーです。
なのに主人公と戦う際は日本刀使ったり。
主人公が改造されてパワーアップするけど、やたらとシリンダーが露出してたり、後頭部になんだかディスプレイ付いてたりとデザインが陳腐で技術的な意義も感じさせない。
ジョディ・フォスターの長官も深みのない行動、セリフで良いところなしで残念。
マット・ディモンとジョディ・フォスターはなんでこんなシナリオで出演OKしたのか不思議。

意味

エリジウム 【Elysium】
ギリシア・ローマ神話で、地の西端にあるとする楽園。 神々に愛された者や英雄が死後に住むという。 エリュシオン。

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント