映画 ソルト あらすじ、ネタバレ、続編2、動画、アンジェリーナ・ジョリー

スポンサーリンク
映画

『ソルト』(原題:Salt)は、2010年のアメリカ合衆国のスパイアクション映画。監督はフィリップ・ノイス。日本公開は7月31日

ソルトのあらすじ

ソルトのあらすじは次の通り。

ある日、CIAの元にロシアからの亡命者オルロフが出頭。

女性諜報員のイヴリン・ソルトが尋問するとオルロフは、かつて旧ソ連時代に訓練を受け、ソ連崩壊後もクレムリンの意向とは別にアメリカに潜入している多数のロシアのスパイたちは一斉に蜂起する時「Xデー」を待っており、その中の1人が近く行われるアメリカ副大統領の葬儀でそこに出席するロシア大統領を暗殺する計画があると話し、更にそのスパイの名は「イヴリン・ソルト」であると告げる。それはすべてオルロフやイヴリンたちロシアのスパイしか知らない事実だった。

尋問を聞いていたCIA防諜部のピーボディはイヴリンが二重スパイではないかと疑うが、そんな中家にいるはずの夫・マイク(マイケル)と連絡がつかないことが分かった彼女は、オルロフがCIAのビルから逃走した隙をつき、マイクの安否を確認するために自らもCIAから逃走する。

自宅でマイクが何者かに拉致された痕跡を認めた彼女は、上司のテッドやピーボディらCIAの追跡を振り切り、アメリカ副大統領の葬儀の日に葬儀が行われていた教会に潜入。ロシア大統領を銃撃し、一度逮捕されるが護送中にパトカーから逃走。その後ロシアのスパイたちの隠れ家に向かいオルロフと再会、計画の進行を伝えられるが、そこで彼女を試すためとして拉致されていたマイクが殺される。それに激高した彼女はオルロフを殺害、その後計画に従ってNATO将校に変装しホワイトハウスに潜入する。

ホワイトハウス地下の司令室では、ロシアにミサイル発射準備の兆候が見られたことで大統領と閣僚たちが核ミサイル攻撃の準備を行っていたが、そこにCIA職員として参加していたテッドは突如銃を奪って閣僚や職員たちを射殺、「何者だ?」と問う大統領に自分の正体がロシアのスパイであると告げる。

大統領を気絶させ、アメリカを陥れるための核攻撃の準備を進めるテッドのもとにイヴリンが合流するが、その時イヴリンの銃撃により死んだと思われていたロシア大統領が、実は仮死状態にあっただけで生還したというニュースがテレビで流れたのを見たテッドは、イヴリンがマイクに心奪われたことで忠誠心が揺らぎ任務を放棄したと悟り、決別。イヴリンはテッドを襲撃して核攻撃をやめさせ、更に彼を殺害する。

事件後、ヘリでFBIの元へ護送されるイヴリンだったが、機内で尋問するピーポディに黒幕はテッド、核攻撃を止めたのは自分で、自分は今もアメリカに潜む自分からすべてを奪ったロシアのスパイに復讐すると話すと、それを信じたピーポディの計らいでヘリから脱出するのだった。

ソルトのキャスト、日本語

ソルトのキャストは次の通り。

イヴリン・ソルト – アンジェリーナ・ジョリー(湯屋敦子)
テッド・ウィンター – リーヴ・シュレイバー(東地宏樹)
ウィリアム・ピーボディ – キウェテル・イジョフォー(竹田雅則)
オルグ・ワシリエヴィッチ・オルロフ – ダニエル・オルブリフスキー(浦山迅)
マイケル・クラウス – アウグスト・ディール(真殿光昭)
ハワード・ルイス大統領 – ハント・ブロック(小島敏彦)
国防長官 – アンドレ・ブラウアー(中村浩太郎)
警備(Seculity.Offcer) – ピーター・ウィアーター

ソルトのネタバレ

ロシアからのスパイ疑惑を晴らそうとするCIAエージェント「イヴリン・ソルト」。

アンジェリーナ・ジョリーの白熱の演技がポイント。

 

いろいろと謎かけが多い。

 

主人公は格闘家の父と女流チェス(美女)の子供として生まれるが、高熱を出した際にKGBの陰謀のため「死亡」とされ、特殊施設で育てられる。
(両親は共に旧ソ連人)

 

ある程度成長した段階で、ソ連国内に住むアメリカ人一家を事故死させ生き延びた子供として、入れ替わる。(怪我は事故によるものという設定)

 

両親が死んだあと 、包帯を巻いて泣き顔のソルトに、声をかけたスーツの男は誰だろうか?

病院で話し掛けた人はアメリカ大使館員と思われます。

 

ソルトの続編、2

アンジェリーナ・ジョリーが自身のヒット作『ソルト』の続編『ソルト2(原題) / Salt 2』の脚本を却下したというニュースが大きく伝えられている。

これ続編作らないのかな。。

 

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

 

コメント