ラビリンス 魔王の迷宮 ネタバレ、感想、あらすじ、考察、動画

スポンサーリンク
映画

ラビリンスっていう映画をテレビでやっていたので改めて観てみた。

この映画、1986年公開で、当時は映画館で観た。

改めてみたけれど、いろいろと発見があった。

ラビリンス 魔王の迷宮 のあらすじ

ラビリンス 魔王の迷宮 のあらすじは次の通り。

アメリカのある都市に住む空想好きな少女セイラ(ジェニファー・コネリー)は15歳、女優を夢見ていた。家族は両親とまだ赤ん坊の弟トビーと4人。ママは継母でしっくりいっていなかった。ある土曜日、両親は連れだって外出し、彼女はトビーの助話をいいつけられた。泣き喚くトビーに彼女は愛読書『ザ・ラビリンス<迷宮>』の一節を読んできかせる。「泣きやまないと、ゴブリン王に連れていかれるよ」。その時、人形と本で埋もれたトビーの部屋の片隅から突然、黒い何者かが動き始める。「ザ・ラビリンス」に登場する悪鬼ゴブリンたちだった。邪悪で恐ろしいクリーチャーの大群は、たちまち彼女の部屋を占拠した。やがてフクロウの姿をした怪鳥が窓ガラスを破って飛び込んできて、黒マント姿に変身した。彼こそ<迷宮>に魔王として君臨するジャレス(デイヴィッド・ボウイ)だった。ジャレスは、<夢の曲界>を映し出す水晶球と引き換えにトビーを自分のものにしたいと、彼女に迫った。そして、<迷宮>の果てにあるゴブリン・キャッスルに13時間以内でたどり着けば、トビーは解放すると言って、姿を消した。ただ、1秒でも遅れるとトビーはあの醜いゴブリンそのものになってしまう、とも。彼女が足をふみ入れた迷宮は、文字通り複雑に入り組んだ迷路だった。そしてそこには、迷宮の案内人ホルグや、炎の狼ファイアリーズ、迷宮の守護神ヒューモンガス、独眼の戦士サー・ディディモンス、岩を呼ぶモンスターのルドなど奇怪な生物たちがひしめいていて、彼女の行く手をさえぎった。しかし、ホルグ、サー・ディディモンス、ルドの協力で何とか宮殿の人口にたどりつき、ジャレスと対決した。複雑にねじれた階段が交錯する魔王の部屋。目に見えるものはすべて錯覚で、すぐそこにいるトビーにも手が届かない。その多次元空間を自由にとび回るジャレスは自分のそばにいてほしいと彼女に愛を訴えた。だが弟を救い出さなければならない彼女は「あなたに支配されはしない」と拒否するが、その瞬間、ジャレスと共に魔宮も崩れ落ちていく。そして、彼女とトビーは元の自分の部屋に戻っていた。その体験が夢なのか現実だったのか、彼女には判断がつかなかった。

 

ラビリンス 魔王の迷宮 のネタバレと感想

ポイント1

悪役の魔王ジャレスは、なんとデヴィッド・ボウイ。

魔王感がハンパないね。

でもこの魔王、本当の悪人ではないね。

 

ポイント2

ヒロインであるサラ役を演じるのはジェニファー・コネリー。

めっちゃかわいいね。

 

ポイント3

トビー。

サラの弟で魔王に連れ去れる。

トビーを演じたトビー・フロウドは、ゴブリンのデザインを手がけたブライアン・フロウドの実子だそう。

 

ポイント4

どちらかが嘘しか言わず、どちらかが本当のことしか言わないってクイズ。

ラビリンスの中のあるドアにはドアの上下から顔を出した不思議な人が、それぞれのドアに2人ずついます。
右側は青のドアで左側が赤のドア、男達は言いました。
「このドアの片方はお城への道、もう片方は確実な死へ」
どっちかのドアの人に1度だけ質問をすることができますが、片方は真実を語りもう片方は嘘を語ります。
しかもどっちが真実でどっちが嘘なのかもわかりません。

サラは赤のドアの方に歩み寄って、赤のドアの人に尋ねました。
「青の人は青のドアがお城への道って言うかしら?」
赤のドアの人は下から顔を出している相棒とヒソヒソと相談をして、「Yes」と答えました。

サラはあっさりとこう言います。
「すると、赤がお城への道で、青が死へのドアなのね」
赤のドアの人は驚きます。
「どうしてわかる?本当かもしれないよ?」
「その場合はあなたが嘘でしょ?だから彼がYesと言ったとあんたが言えば答えはNo」
「わしが本当かもしれないよ?」
「だったら彼が嘘!だから彼がyesと言うと、あんた言ったってことはNoよ」

 

うーん、複雑だから考えないことにしよう。

 

ポイント5

迷路の中の生き物たち。

魔王の迷宮なのですが、恐ろしい怪物は出てきません。

みんなどこか憎めないゴブリンばかりです。

しかも、だんだんサラの仲間になっていきます。

魔王ジャレスの命令は絶対のハズなのに・・・

芋虫は、なぜか迷路を抜けるアドバイスをくれた。

ホグルというゴブリンはサラと仲良くなっちゃって、魔王ジャレスとの間で板挟み。
ルド(毛むくじゃらの怪物)はサラに助けられて仲間入り。

サー・ディディモス(犬の騎士)は、レディを守るのは騎士の役目だと言ってお供に。

アンブローシャス(サー・ディディモスの愛犬)も、もちろん一緒。

ワイズマン(ゴブリンの老人)は、寸志と引き換えに仲間に。

 

映画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

コメント