白石隆浩の現在、家族、座間事件、動機、アパート、彼女、判決は死刑か?

スポンサーリンク
ニュース・トレンド

白石隆浩は、座間9遺体事件で犯人とされている男。

現在は拘置所にいます。

座間9遺体事件とは

座間9遺体事件(ざま きゅういたいじけん)は、2017年(平成29年)10月31日に発覚した死体遺棄事件であり、その後、犯人とされる男の逮捕後尋問にて男が単独実行したことが発覚した連続殺人事件である。

神奈川県座間市の当時27歳の男が住むアパート室内で、若い女性8人、男性1人の、計9人とみられる複数人の遺体が見つかっている。殺害、遺体損壊を行った期間は8月22日から10月30日までの期間で、全て遺体が発見された室内で行われたとみられている[7]。

2017年10月31日に男は逮捕され、以降、男の供述および司法解剖の結果などから男は更に複数人の殺人・死体遺棄容疑で再逮捕されている(後述)。

事件は日本国政府の関係閣僚会議や海外メディアにも大きな影響を与えたほか、事件に利用されたソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) のTwitterでは事件後に利用規約変更がなされた。

白石隆浩のツイッターアカウント

白石隆浩はツイッター名

首吊り士@hangingpro

というアカウントを使い、言葉巧みに女性を呼び出していたようです。

現在、このアカウントは停止されているようです。

白石隆浩の生い立ち

1990年10月、座間市で生まれた。

地元の小中学校時代は「おとなしくていい子」。

白石隆浩容疑者は地元の公立小学校を卒業、2006年に地元中学校を卒業、そしてその後は県内の高校に進学しており、2009年に高校を卒業しました。

白石隆浩容疑者が通っていた小学校は座間市立旭小学校、中学校は座間市立東中学校、高校は神奈川県商工高校と言われています。

 

県内の商業系の高校に進学し、卒業後はスーパーの正社員として働いた。

2011年に退職し、パ店のアルバイトなどを経て、風俗関係のスカウトになった。

当時を知る風俗関係者の男性は「一人で黙々と、女の子を路上やネットで引いて仕事をしていた」と話す。

白石隆浩の家族、父親、母親、妹

白石隆浩容疑者の家族構成は

  • 白石隆浩容疑者

の4人家族です。

白石隆浩容疑者の父親は「大手自動車メーカーの下請け」の仕事をしている普通の男性であるそうです。

コメント