マトリックス、ネタバレ、キャスト、ネオ、トリニティ、結末、動画

スポンサーリンク
映画

マトリックスの3部作を見たので、ネタバレをまとめた。

マトリックス(The Matrix)は、1999年のアメリカ映画。

マトリックス リローデッド(The Matrix Reloaded)は、2003年のアメリカ映画。マトリックス2という言い方は聞いたことがないが、2作目。

マトリックス レボリューションズ(The Matrix Revolutions)は、2003年のアメリカ映画。マトリックス3という言い方は聞いたことがないが、3部作の完結。

マトリックスのあらすじ

マトリックスのあらすじは、次の通り。

トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックスに勤めるプログラマーである。しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカーネオという、もう1つの顔があった。平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。

ある日、トーマスは「起きろ、ネオ(Wake up, Neo.)」「マトリックスが見ている(The Matrix has you.)」「白ウサギについて行け(Follow the white rabbit.)」という謎のメールを受け取る。ほどなくしてトリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。日常の違和感に悩まされていたトーマスは現実の世界で目覚めることを選択する。次の瞬間、トーマスは自分が培養槽のようなカプセルの中に閉じ込められ、身動きもできない状態であることに気づく。トリニティたちの言ったことは真実で、現実の世界はコンピュータの反乱によって人間社会が崩壊し、人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されていた。覚醒してしまったトーマスは不良品として廃棄されるが、待ち構えていたトリニティとモーフィアスに救われる。

トーマスは、モーフィアスが船長を務める工作船「ネブカドネザル号」の仲間として迎えられ、ハッカーとして使っていた名前「ネオ」を名乗ることになった。モーフィアスはネオこそがコンピュータの支配を打ち破る救世主であると信じており、仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術を習得させた。人類の抵抗軍の一員となったネオは、仮想空間と現実を行き来しながら、人類をコンピュータの支配から解放する戦いに身を投じていく。

 

マトリックス リローデッド(The Matrix Reloaded)2作目のあらすじ

マトリックス リローデッド(The Matrix Reloaded)2作目のあらすじは、次の通り。

人類の最後の砦「ザイオン」では、一つの重大な問題が持ち上がっていた。宿敵であったマトリックスを支配するコンピュータに対し、ホバークラフトシップを駆使してのゲリラ戦を挑んでいたが、オシリス号の情報によれば、コンピュータはザイオンへの直接攻撃のため、センチネルと呼ばれるロボット25万体もの大群による殲滅作戦を決行したことが明らかとなった。

対応の遅れたザイオンに残された時間は72時間を切っており一刻の猶予もない。ネオたちはマトリックスでオラクルに会う。彼女の側近であるセラフに導かれ、コンピュータの中で無秩序に広がった仮想世界が、コンピュータの意思決定能力にすら影響するという。そして、オラクルは人類を救うためにネオがマトリックスのソースにたどり着かなくてはならないことを告げた。

ネオはついに、マトリックスの創設者であるアーキテクトと対面する。そこで伝えられたのは、ネオは「予言された救世主」ではなく「プログラムされた」存在で、ザイオンもマトリックスの破局を予防するために「アーキテクト」によって企画されたことを知らされる。現実世界ではセンチネルの大群がザイオンに迫っていた。ネオは、自分の属している現実世界や親しい人たちか、人類を生かしてより完成されたマトリックスへの変化の礎となるかの選択を迫られる。

 

マトリックス レボリューションズ(The Matrix Revolutions)3作目のあらすじ

マトリックス レボリューションズ(The Matrix Revolutions)3作目のあらすじは、次の通り。

ベインとネオが意識不明。ネオの脳波はプラグが刺さっていないにも関わらず、マトリックス侵入時の状態を示していたが、マトリックス内に彼の存在は確認できなかった。ネオは、ソースに弾き飛ばされた結果「モービル・アヴェニュー」というマトリックスとソースの境界に捕らえられていた。ここでネオはサティーという少女とその両親というプログラムのラーマ一家に会い、モービル・アヴェニューはメロビンジアンだけに忠実なトレインマンと呼ばれるプログラムに制御されていることを知る。

ネオがモービル・アヴェニューで捕らえられていることをセラフから伝えられたモーフィアスとトリニティーは、ネオの解放をトレインマンに迫るが、逃げられてしまう。三人はメロビンジアンの元へ乗り込み、直接交渉し解放を了承させる。

未来が見えるようになったネオは、自分が行くべきマシン・シティーの幻影を見る。自分の変化に違和感を覚え、現実に戻る前に預言者・オラクルを訪問する。オラクルはネオに、ネオとスミスとの関係、ネオの持つ力の源を説明。また、ネオがこれからどこへ行けばよいのかわからなければ「誰にとっても」明日はないと言う。ネオが去った後、スミス達が現れ、オラクルは取り込まれてしまう。

現実の世界では、ハンマー号とネブカドネザル号の残った乗組員がロゴス号を発見。ナイオビら乗組員と合流していた。彼らは、燃料切れのロゴス号を再起動し、目を覚ましたベインに査問を始めるが、彼は記憶がないと話す。一方ネオは、理由は説明できないがマシン・シティに行くため船が必要だと言う。ハンマー号船長のローランドは反対するが、預言者にネオの助けを選択するよう言われていたナイオビがロゴス号を提供する。トリニティは、ネオと共に行く決意をする。

ハンマー号の乗組員たちは、センチネルを避けるために、航行の難しい補助パイプラインを通ってザイオンに戻ることを計画する。出発直後、ベインの尋問を任されていたマギーが殺害されていることに気づく。既にハンマー号内にベインの姿はなく、ロゴス号に侵入しているであろうことは明らかだったが、引き返してロゴス号に警告する余裕はなかった。ロゴス号では、エンジンが起動せずヒューズの点検に向かったトリニティーをベインが人質に取り、ネオを誘き寄せる。ネオは争いの中、スミスがベインに乗り移っていることに気づく。ネオは千切れた電気ケーブルで目を焼かれ視力を失うが、スミスの姿、プログラムが見えていた。ネオは、スミスを倒し、トリニティーを解放する。そして二人はトリニティーの操縦でマシン・シティーに向かう。

ザイオンのドックにはセンチネルの大群が侵入を始めていた。人間側はロック司令官の指示のもと、防御ユニットを総動員して応戦するが、電磁パルスがない上、圧倒的な数の攻撃に壊滅的な打撃を受け、敗北は時間の問題だった。残された手段は、ザイオンに向かっているハンマー号の電磁パルスで敵を一掃することだったが、ドックのゲートが破壊され、操作不能となっていた。部隊長のミフネは死に際に、自身のAPUをキッドに託し、ゲートを手動で開けるよう指示。キッドによってゲートは開かれ、電磁パルスによって敵は一掃された。同時に防御ユニットもダウンしてしまい、さらに敵の掘削機が再起動したため、あと2時間で敵が寺院の内壁に到達する事態となった。

ロゴス号はセンチネル達の攻撃を受けながらもなんとかマシン・シティの中心部へたどり着くが、船ごと建物へ突っ込む形となり、トリニティは複数の鉄柱に体を貫かれてしまう。ネオと最後のキスを交わしてトリニティは絶命する。ネオは、マシン・シティの支配者であるデウス・エクス・マキナと対面し、共通の脅威となったスミスを倒すことと引き換えに、ザイオン侵攻を止めるよう要求する。

デウス・エクス・マキナによってマトリックスへ送られたネオは、おびただしい数のスミス達が見守る中、一人のスミスと一対一で対峙する。多くの人間を取り込んだスミスはネオを凌ぐ強大な力を手に入れており、激しい格闘の末、ネオは追いつめられる。ネオを見下ろすスミスは、オラクルを取り込んだ時に見た光景に狂喜するが、スミスの口から出たのは、かつてオラクルがネオに対して語った、スミスの意志にはない言葉だった。違和感を覚えたスミスは一度はネオから離れようとしたものの、ネオを取り込むことを選ぶ。ネオがスミスに侵食され、スミスの姿になると、すぐに強い光を放ちながらその体は崩壊し、やがて周囲のスミス達も同じように消滅し、スミスに取り込まれる前の姿に戻っていく。ネオと戦っていたスミスは、オラクルだった。

ザイオンではセンチネルたちが去っていき、人々は戦争の終結を喜んでいた。マトリックスではアーキテクトがオラクルの前に現れ、秩序を乱し変化を試みたことに対し、非常に危険なゲームだと言うが、オラクルはその危険にそれだけの価値があるのを知っていた。アーキテクトは、プラグを抜かれたい人間はどうなるかを尋ねられ、もちろん解放すると答える。

 

マトリックスのキャスト

現実世界

ネブカドネザル号

モーフィアスを船長とするホバークラフト。
リローデッドの最後にセンチネルズの爆弾(トゥ・ボム)で破壊されたが、寸前にネオが爆弾に気付き、クルーは全員無事だった。
ネブカドネザルは、新バビロニア王朝の王の名前。
紀元前600年頃活躍したネブカドネザル2世は、失われた領土を奪回し、国勢の基盤を立て直した。

 

ネオ(KEANU REEVES)

MATRIXの主人公。ネブカデネザルのクルー。ニューヨークの企業でコンピュータープログラマーとして働くが、裏では ハッカーとして名を馳せる。モーフィアスと出会い、世界の真実を知ることになる。 救世主といわれる。またアーキテクトによると、アノマリーのひとり。「neo」の語源はギリシャ語の「neos」、「近代の」「新しい」という意味を持つ。 また、救世主を表す「One」のアナグラムでもある。MATRIX内の名前はトーマス・A・アンダーソン。

 

トリニティー(CARRIE-ANNE MOSS)

モーフィアスに信頼をよせ、MATRIX内のネオをモーフィアスに引き合わせた女性。ネブカデネザルのクルー。 ネオを深く愛している。
トリニティーはマトリックス内にいるときに、国税局にハッキングした経歴をもつ。
得意技はスコーピオン・キック
「trinity」の語源はキリスト教の三身一体の精神に由来している。

 

モーフィアス(LAURENCE FISHBURNE)

ネブカデネザルの船長。ザイオン一目置かれ、エージェントたちの間でも反乱軍の英雄として有名な人物。 預言者の言葉を信じ、ネオを救世主だと思い、現実世界に導いた。かなりの能力の持ち主で、ネオに「考えること」ではなく、 「知ること」の重要性を教えた。
以前、ナイオビとつきあっていた。
「morpheus」の語源はギリシャ神話に登場する夢の神モルベウス「Morpheus」。 また鎮痛剤のモルヒネも”夢のような”という意味で同じ語源による。

 

リンク(HAROLD PERRINEAU)

リローデッドからドーザー、タンクに代わり、ネブカドネザルのオペレーターを務める。 モーフィアスのことを信頼している。ジーの恋人。「link」は英語で「つなげる」という意味。

 

ドーザー(ANTHONY RAYPARKER)

タンクの兄で、ネブカドネザルのクルー。大きな活躍の場もなく、サイファーに殺された。
無口で温厚な性格。酒を作ることが出来る。
名前のドーザーは、ブルドーザーからとった。

 

タンク(MARCUS CHONG)

ドーザーの弟で、ネブカドネザルのオペレーター。サイファーに殺されかかるが、 サイファーを射殺する。「THE MATRIX」では最後まで生き残っていたが、 リローデッドでは死んだことになっている。 名前のタンクは戦車の意味。

 

サイファー(JOE PANTOLIANO)

真実を知ったことに悲観し、モーフィアスを裏切り、ネブカドネザルのメンバーの大半が殺された。最後はタンクにレーザーで 撃たれ死亡。
マトリックス内での名前はレーガン。
名前の由来は、「裏切り者」、「暗号文」、「とるにたらない」などの意味がある。

 

エイポック(JULIAN ARAHANGA)

ネブカドネザルのクルー。ネオがモーフィアスに会いに行くときの車を運転していた。
サイファーにプラグを抜かれ、死亡。
名前の由来は「APOCALYPSE」(黙示録)から。

 

マウス(MATT DORAN)

ネブカドネザルのクルー。赤いドレスの女のプログラムを 作ったことを自慢したりと、かなり子供っぽい感情をもっている。マトリックス内では、 船にいる時とは全く違い大人っぽい格好をしているが、ワナによってSWATに射殺された。 マウスはネズミの意味。

 

スウィッチ(BELINDA McCLORY)

ネブカドネザルのクルー。女性メンバーだが、中性的な人物。スウィッチは中性という意味もある。 サイファーにプラグを抜かれ死んだ。

 

ビジラント号

ソーレンを船長とするホバークラフト。
ビジラントは用心深いという意味。
ソーレンたちが発電所に侵入している間に、センチネルズの爆弾(トゥ・ボム)で、破壊された。
クルーは全滅した。

 

ソーレン(Steve Bastoni)

ナイオビとともにマトリックスにモーフィアスを探しに行ったビジラント号の船長。
発電所を破壊に向かうが、現実世界でビジラント号が破壊され、マトリックス内で倒れる。

 

ロゴス号

ナイオビを船長とするホバークラフト。
ロゴスは哲学的には理性という意味だが、キリスト教では「神の言葉」という意味。
オシリス号の最後のメッセージを届けるナイオビの言葉はまさに「神の言葉」といえる。
ENTER THE MATRIXの最後でセンチネルズに襲われるが、EMPで撃退した。

 

ナイオビ(JADA PINKETT SMITH)

ロゴスの船長。ザイオン反乱軍の勇敢な女性戦士。元モーフィスの恋人だが、現在は、 ロック司令官の恋人である。その経緯は不明。運転技術は随一で、リローデッドではモーフィスを助けた。 また、「ENTER THE MATRIX」では主役の一人として、リローデッドの別視点のストーリーが楽しめる。 「niobe」はギリシャ神話のテーベの王妃「ニオベ」に由来する。「ニオベ」はゼウスによって岩にされたという悲劇の最後をとげている。

 

カデューシャス号

バラードを船長とするホバークラフト。
カデューシャスとは、ギリシャ神話の女神ヘルメスの持つ杖の名前。
2匹の蛇が巻きつき、翼が2枚生えている杖で、医学の象徴として用いられる。

 

バラード(Roy Jones Jr.)

最初の下水道の会議で、オラクルからの連絡を受けるために、 ザイオンに戻らずにマトリックスに残ったカデューシャス号の船長。
オラクルの伝言を受けるため、セラフとも戦った。
ベインによって死亡。

 

ベイン(Ian Bliss)

カデューシャス号の一等航海士。
オラクルからの連絡を受けるためにマトリックス内に潜入していたが、 スミスに見つかり追われる。
脱出できる直前にスミスに捕まり、自らがスミスになったあと、 そのまま現実世界に戻ってきた。
ナイフでネオを襲おうとしたり、モーフィアス援護をバラードに進言したりしている。
バラード、マラカイを殺害し、EMPを誤作動させたため、艦隊は壊滅状態に陥る。
ベイン1人のみが、生き残り、レボリューションズでは強大な力を手に入れていく。
「bane」の語源は英語で、破滅、死という意味。

 

マラカイ(Steve Vella)

カデューシャス号の一等航海士。
ベインとともにマトリックス内に侵入し、オラクルからの伝言を受け取る。
スミスに追われるが、襲われる直前に、ベインより先に現実世界に戻り、助かった。
艦隊でセンチネルズを迎え撃つ際に、ベインによって殺されてた。
「malachi」の語源は聖書に出てくる預言者マラキ。

 

ザイオン

現実世界の地下3000mにある反乱軍の聖地。
もともとはギリシャ語の聖地zion(シオン)が語源

 

ロック司令官(HARRY LENNIX)

現在のナイオビの恋人で、ザイオンの司令官。人類の解放は救世主などではなく、実戦によって 得られると考え、モーフィアスと対立する。
また、ナイオビの元恋人としてモーフィアスには嫉妬している。
REVOLUTIONSでは非常に冷静な一面を見せる。

 

ハーマン評議員(ANTHONY ZERBE)

女性12人男性6人のザイオンの評議会の中心的な議員を務める政治的指導者。ロック司令官が全艦隊でセンチネルに攻撃を仕掛けることを 進言したのに対し、2機の戦艦をネブカドネザル救出に向かわせた。

 

ミフネ(Nathaniel Lees)

ザイオンに常駐する船長。
REVOLUTIONSではAPUに乗り込み、リーダーとしてザイオン防衛のために大活躍している。
「mifune」の語源は、日本の俳優、三船敏郎。

 

キッド(CLAYTON WATSON)

「ANIMATRIX」の「Kid’s Story」でネオに救われたと思っている少年。リローデッドでは、「Kid’s Story」 の声優が演じた。ネオを非常に慕っている。実世界でベインがナイフでネオを襲おうとしている際に、後ろから 声をかけることで、実はネオを助けている。ネブカドネザルのクルーになることにあこがれている。
REVOLUTIONSではAPUを操り、ゲートを開き、ナイオビたちを助けている。

 

ジー(NONA GAYE)

リンクの妻で、ザイオンの住人。ドーザー、タンクの兄弟。 ネブカデネザルで兄弟が死んでいることから、リンクのことを非常に心配している。 なかなか帰ってこないリンクをザイオンで待ち続けている。
REVOLUTIONSでは、リンクのことを思い、砲弾をつくり、チャラとともにセンチネルズと戦う。
ロケットランチャーでAPUに乗ったキッドを助ける。
「zee」はオランダ語で「海」の意味。

 

カズ(Gina Torres)

ドーザーの妻。ジーの義姉にあたる。

 

機械

人工知能(A.I.)を搭載した機械。
「ゼロ・ワン」と呼ばれる機械の国に住んでいた。

 

デウス エクス マキナ(Voice:HENRY BLASINGAME)

マシン・シティの中心に存在する機械仕掛けの神。
スミスを倒したら手出しをしないというネオの取り引きに応じる。
名前の意味は、デウス=ゼウス、エクス=究極、マキナ=機械(マシンの語源)。
アーキテクトと同一なのかどうかは不明。

 

センティネルズ

現実世界で人間を追いつめるイカ型機械。 その形状からイカ野郎、クラゲなどと呼ばれる。
爆弾を1つ投げることが可能。
センティネルとは、歩哨、見張りという意味。

 

マトリックスの世界

エージェント

マトリックスの監視人プログラム。どの人間にも乗り移ることができる。
銃弾も避け、拳はコンクリートも砕く。今まで戦おうとした人間はことごとく倒されてきたため、 エージェントに出会ったら、戦わずに逃げろといわれている。
反乱軍の監視だけではなく、エグザイルの削除も目的としている。

 

エージェント・スミス(HUGO WEAVING)

A.I.がMATRIX内に送り込んだエージェントの一人。 THE MATRIXでネオに破壊されたが、リローデッドで復活。 エージェントとしての気持ちを捨て、ネオへの復讐に燃えるため、他のエージェントからはアノマリーとされている。 新たに自分をコピーする能力を手に入れ、増殖が可能となった。 リローデッドのラストでは現実世界に姿を現している。

 

エージェント・ジョンソン(Daniel Bernhardt)

リローデッドの高速道路で、車の上を飛び移りキーメーカーに襲いかかったエージェント。
また、トラックの上でモーフィアスと格闘を演じた。

 

エージェント・ジャクソン(David A. Kilde)

高速道路でパトカーの助手席の警察に入れ替わったエージェント。
エグザイルを探せと指示を出した。
ビル内部でトリニティーを追いかけるトンプソンを銃で援護する。

 

エージェント・トンプソン(Matt McColm)

公園でスミスにコピーされたエージェント。
しかし、その後復活し、高速道路ではキャデラックを銃で撃ちパンクさせたり、トレーラーでトリニティーを追いつめたり、 パトカーを運転している警察に乗り移り、トリニティー・キーメーカーを執拗に追いかける。
また、トリニティーを追い、窓ガラスから飛び出し、一度はトリニティーを殺したエージェント。

 

アーキテクト

設計者・アーキテクト(HELMUT BAKAITIS)

メインコンピューターのソースに住むMATRIXの設計者。
RELOADEDではネオに衝撃的な話をする。

 

エグザイル

不要になったファイルは、通常削除されるが、それから逃れている漂流プログラムのこと。

 

オラクル(GLORIA FOSTER)

MATRIXに住む予言者。モーフィアスに救世主の出現を予言した。また、ネオにマトリックスのメインコンピュータ 「ソース」に行くことを助言する。しかし、予言者の予言ははずれ、ザイオンは襲われる。 オラクルはリロード前の痕跡を残すプログラム「エグザイル」の一人。

 

オラクル(Mary Alice)

MATRIXに住む予言者。ENTER THE MATRIX、REVOLUTIONSの予言者。
信頼している2人に裏切られたため顔が変わったとのこと。
その能力をメロビンジアン、スミスも欲しがっている。

 

セラフ(COLLIN CHOU)

オラクルのボディガード。オラクルに会いにきたネオを確かめるために一戦交えるが、かなりの実力者。 「ENTER THE MATRIX」ではナイオビ、ゴーストとも一戦交える。
REVOLUTIONSではモーフィアス、トリニティとともにメロビンジアンに会いに行く。
翼を失った天使と呼ばれ、昔、メロビンジアン、スミスともかかわりがあったようだ。
「seraph」の語源は、天使の位の最上位、第一位階「熾天使(seraph)」に由来する。 熾天使で有名な天使には「ミカエル」などがいる。

 

キー・メーカー(RANDALL DUK KIM)

メロビンジアンに監禁されている。MATRIXの最古プログラムのひとつ。メインコンピュータへの 鍵や、MATRIX内のあらゆる鍵を持つ。メインコンピュータ潜入途中にエージェントに接触、死亡する。 「エグザイル」の一人。
「keymaker」の語源は、英語で「鍵を作る人」

 

サティ(TANVEER K. ATWAL)

ラマ、カマラの娘。目的を持たない最後の「エグザイル」。
オラクルに預けられ、朝焼けを描く能力を持っている。
「sati」の語源は、ヒンズー神話の神シヴァの最初の妻で、ダクシャの娘。
サティの亡骸をヴィシュヌがチャクラで108の部分に切り分けた。
その体の破片が落ちた場所が聖地とされている。

 

カマラ(THARINI MUDALIAR)

サティの母。思ったことを単刀直入に言う性格。
インタラクティブ・ソフトのプログラマー
「kamala」の語源は、インド産の桃色のハスの花の名前でもあり、ヒンズー神話の神ラクシュミの別名でもある。

 

ラマ-カンドラ(BERNARD WHITE)

RELOADEDでメロビンジアンのところで連れられていった男。
ネオを助けようとするが失敗。プログラムだが、サティを消されまいと愛情をそそぐ。
プログラムのリサイクル・センターで働いていた。
「rama」の語源は、ヒンズー神話の神ビシュヌの7番目の化身の名前でもあり、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」の主人公ラーマ王子でもある。

 

赤いドレスの女(Fiona Johnson)

モーフィアスがネオに見せた仮想現実に出てきた赤いドレスの女性。マウスが作ったプログラム。 ネオが振り返って確認しようとしたところエージェントになっていた。

この時、15才。

 

メロビンジアン一味

マトリックスができた頃から存在するプログラム。

 

メロビンジアン(LAMBERT WILSON)

MATRIXの最古のプログラム。MATRIXがRELOADされる度に再読込みされてきた。 ネオの前任者にも会っているらしい。自分でプログラムを作成することも可能。パーセフォニーを妻に持ち、 キーメーカーを監禁していたが、パーセフォニーの裏切りにより逃げられる。
部下が多数存在している。
「merovingian」の語源は、フランク王国のメロビング朝から。

 

パーセフォニー(MONICA BELLUCCI)

MATRIXの最古のプログラム、メロビンジアンの妻。メロビンジアンを裏切り、ネオとのキスを 引き換えにキーメーカーを引き渡す。「persephone」の語源はギリシャ神話の女神ぺルセフォネに由来する。 ペルセフォネはゼウスの娘だが、冥界のハデスに捕らわれ、ハデスの妃となる。

 

ザ・ツインズ(NEIL AND ADRIAN RAYMENT)

MATRIXの最古のプログラム、メロビンジアンに使える双子のエージェント。 その戦闘力は高く、壁を自由に通り抜けることが可能。逃げたキーメーカーと反乱軍を追いかけた。

 

トレインマン(Bruce Spence)

ENTER THE MATRIXでナイオビに接触。
メロビンジアンの部下で、マトリックスと現実世界をつなぐ列車を管理している。
自分の作り出した地下鉄の世界モービル・トレインでは神として君臨する。

 

マトリックスの結末、感想、ネタバレ

マトリックス1の感想、ネタバレ

マトリックス 現実世界  夢

人間が実は夢を見ていて、実態はAI機械に電池の代わりに飼育されていたっていう話。

いわゆる水槽の脳。

https://ja.wikipedia.org/wiki/水槽の脳

 

胡蝶の夢とか、デカルトの哲学とか似たような話はほかにもある。

マトリックスの意味わからない?

マトリックス(あるいはマトリクス)とは、「生み出すもの」を意味する言葉である。

数学では行列のこと。

映画では、「コンピューターが支配する仮想現実空間」のことがマトリックス(The Matrix)と呼ばれました。

 

裏切者サイファーがステーキ食べるときのセリフ

裏切者サイファーがステーキ食べるときのセリフ、結構好き。

サイファー(裏切り者):
俺はな、このステーキが存在しないことは知ってるんだよ。口に入れると、マトリックスが俺の脳味噌に、これが肉汁たっぷりで最高に美味いと教えてくれるんだってこともな。9年かかって俺が何を理解したか、アンタ分かるか?

( Cypher: You know, I know this steak doesn’t exist. I know that when I put it in my mouth, the Matrix is telling my brain that it is juicy and delicious. After nine years, you know what I realize? Ignorance is bliss. )

 

サイファー:
無知の至福さ。

エージェント・スミス:
では取引成立だな?

サイファー:
俺は全部忘れるぞ。全部だ! いいな? それから俺は金持ちになりたいんだ、誰か重要な人間にな。俳優とかよ。できるんだろう、えっ?

エージェント・スミス:
何なりと君の望むままだとも、ミスター・レーガン。

夢見ている方が、幸せかもな。

 

マトリックスリローデッドの感想、ネタバレ

マトリックスリローデッド アーキテクトの説明、解説

無印のマトリックスの最後から、マトリックスリローデッドは、話が飛びすぎ。

解説がないと分からないだろう。

急に登場人物が増えているし。こんなに現実世界で目覚めている人多かったのか?

 

特に分かりにくいのが、アーキテクトの言葉か。

 

マトリックスの世界は、そもそもコンピュータシステムが人間を支配した世界です。そしてシステムが存続するエネルギー源がマトリックスに繋がれた人間です。でもコンピュータがどうしても完全に理解できないものがあります。それが人間の心、感情です。それを調べるために作られたプログラムがあの預言者です。
おかげでほとんどの感情をシステムに取り込むことができたのですが、まだ完全ではないため、ザイオンにいる人たちのような例外エラーが発生するのです。システムが予測していない感情が発生すると、前のマトリックスであったようにエージェントが排除しに来るのです。

その例外エラーをなくすにはどうすればいいか。システムのプログラムを修正すればいいのです。修正するには選ばれし者が持つ例外的な感情(コード)をプログラムに取り込めばシステムがさらに完全なものに近づけられます。
それがソースに通じる右のドアを選択することです。結局選ばれし者は人類を救うためではなく、プログラム修正のために存在していたのかもしれません。

ネオの前の5人は右のドアを選びました。(ということは5回プログラム修正が行われていて今が6個目のマトリックス)今のザイオンは攻撃されて滅びるけれど、マトリックスに繋がれた人間の中から23人を選んでまたザイオンを作り直すことができるという希望があります。(また滅ぼされるかもしれませんが・・・)
ネオのようにザイオンに特別愛する人がいなかったから、今のザイオンが滅びても新しいザイオンを作れることを選んだのでしょう。
左のドアを選べば、ザイオンは攻撃を受けることに変わりはないのですが、プログラム修正を行わないということなので例外エラーが減らず、システムがクラッシュしてしまったら繋がれてる人間も滅亡して、結果、全人類滅亡となります。

ネオは5人より愛という感情を強く経験し、その感情が選ばれし者の能力を高めています。設計者としては、そんなネオをプログラムに取り込みたいんでしょうが、ネオは拒否します。ネオがシステムに反逆した初めての選ばれし者だったのです。

 

ここで解説している人います。

https://www.youtube.com/watch?v=52v_UZaBI-4

 

マトリックスリローデッド メロビンジアンとケーキ

ネオ、モーフィアス、トリニティが初めてメロビンジャンに会った時に店にいた女がケーキを食べて、 何か下着が濡れてトイレに行くシーンがあります。彼女に何があったのでしょうか?

 

メロヴィンジアンは、オラクルと同じように古いプログラムで、マトリクス世界をコントロールするプログラムを作ることができます。

女性が食べるケーキの中に性的に興奮させる薬(=プログラム)を入れさせ、これを食べた女性が性的に興奮してトイレに行ったのです。

女性が席を立った後、すぐにメロヴィンジアンが席を立ったのは、トイレで女性に会うためためです。

そのことを、パーセフォニーも気付いていたため、彼の裏切り(浮気)の報復として、ネオたちをキーメイカーのところに案内するのです。

戦闘シーンの前、彼に「口紅が付いている」という言葉を言いますが、この言葉からトイレで何があったか、想像できます。

 

ベインの正体

ベインは、マトリックスの世界でエージェントスミスにコピーされた。当然、ベイン自身はこの時に死ぬ。そしてコピーされたベインはザイオンにやってきた。つまり、ベインの正体はエージェントスミス。

 

マトリックスレボリューションの感想、ネタバレ、ラスト、最後

マトリックスレボリューション 解説

マトリックスレボリューションも解説なしだと意味が分からん。

解説している人います。

https://www.youtube.com/watch?v=YxdzCxCcuWA

 

ラストの考察

最後にネオがスミス化して消滅したシーンを見たかぎりでは、マトリックス内のネオはスミスもろとも消滅したと見ることができ、1作目で提示されていた「マトリックスでの死(精神的な死)は現実世界での死につながる」という設定と合わせて考えると、ネオは最終的に死亡したと思われます。

ネオがスミス化して消滅した理由、そしてその後ネオがどうなったかというのは視聴者の解釈に委ねられたのか、作中では明確にはされていませんが、ネオが消滅した理由の考察のひとつとして、ネオがスミスとの最終決戦に向かう前に話していたマシン軍のボスが、ネオがスミス化したところを狙って現実世界のネオに干渉し、スミス化したネオを消滅させることで他の全てのスミスの消滅につなげたとするものがあり、実際の描写としても、ネオの消滅前に、現実世界のネオの体につながるコードをよく見ると光が流れているシーンがあり、この光がボスがネオを通して送り込んだスミスを破壊するためのものだとすると、上記の解釈の裏付けとすることができます。

上記の解釈を踏まえると、マシン軍のボスは意図的にネオを犠牲にしてスミスを倒した可能性があり、現実世界でも死を迎えたネオの体は、人類とマシン軍の戦争が終わったあともマトリックスで過ごしている人々の糧となったのかもしれません。

 

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント