未来のミライ、あらすじ、感想、ストーリー、キャスト

スポンサーリンク
映画

『未来のミライ』は、スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。2018年7月20日に東宝配給で公開された。 キャッチコピーは「ボクは未来に出会った。」

↓公式サイトはコチラ

「未来のミライ」公式サイト
細田守監督待望の最新作。「未来のミライ」2018年7月20日(金)公開!

未来のミライ あらすじ、ストーリー、ネタバレ

未来のミライのあらすじは次の通りです。

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、
不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
父の面影を宿す青年との出会い。

そして、初めて知る「家族の愛」の形。

さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。
果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは?
“ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

未来のミライ 感想、つまらない?

未来のミライの感想をまとめた。

個人的にはサマーウォーズが面白かったけど、未来のミライの評価はかなり下。

他の人の評価も同様みたい。

全体的に細田守監督の「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」と比べても興業的には成功とは言い難い。

初登場2位となったのは細田守監督作品『未来のミライ』。土日2日間で動員29万5000人、興収4億円。これはちょうど3年前の2015年7月に公開された細田守監督の前作『バケモノの子』と比較して、興収比で60.0%の成績。そのさらに3年前、2012年7月に公開された前々作『おおかみこどもの雨と雪』の初週成績とほぼ同じ水準にまで戻ってしまった。『おおかみこどもの雨と雪』はそれでも作品への高評価が口コミなどで広がって最終興収42.2億円まで伸びて、次の『バケモノの子』にいたっては最終興収58.5億円を記録。金曜日の公開日からの3日間で興収5億円という数字、そして公開早々から作品へ寄せられている厳しい声などもふまえて予測するなら、昨年同時期公開の米林宏昌作品『メアリと魔女の花』の最終興収32.9億円を超えるかどうかという結果になるのではないか。

『未来のミライ』、厳しいスタート 前作『バケモノの子』から40%減の背景
 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の独走が止まらない。先週末の土日2日間の動員は48万6000人、興収は7億5700万円。日本全国の小、中学校が夏休みに入ったことで映画興行においても本格的なサマーシーズンが幕開けしたが、その書き入れ時に2位にダブルスコア近い差をつけての2週連続1位となった。公…

未来のミライ展

未来のミライ展やっています。

 

↓未来のミライ展はコチラ

アニミライ|アニメ映画フル動画の無料視聴まとめサイト
新作アニメ映画から定番アニメ映画までをご紹介!アニメを最もお得に無料で視聴できるサービスを調べるならここ!

2018年7月25日から9月17日。

東京ドームシティギャラリーアーモ。

未来のミライ キャスト、声優

くんちゃん

声 – 上白石萌歌
本作の主人公。本名は「おおた くん(太田訓)」。甘えん坊な4歳の男の子。生まれてきた妹に両親の愛情を奪われ、戸惑う。
ある日、飼い犬のゆっこと庭にいた時に「ミライ」と言う少女と出逢い、時空を超えた冒険の旅に出る。電車が大好きで電車の名前を覚えている。お父さんに妹の名前は何が良いと聞かれた際は「のぞみ」、「つばめ」の名前を挙げている。いつも電車のおもちゃで遊んでいて、度々このおもちゃに関するトラブルも発生する。オレンジ色の201系をデフォルメしたイラストが描かれた服を持っている。
尚、原作小説にはくんちゃん誕生の際に「命名 訓」という漢字が当てられている。また、幼稚園の名札には「おおた くん(太田訓)」と書かれている。

 

ミライちゃん

声 – 黒木華(青年期)、本渡楓(幼少期)
庭に現れ、くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来から来たくんちゃんの妹[10]。なぜか右手の手首側近くに小指の付け根の下にアザか火傷の痕がある。

 

おとうさん

声 – 星野源
在宅の建築家。仕事と育児の両立を目指すも失敗ばかり。抱っこが苦手。

 

おかあさん

声 – 麻生久美子
家事や育児で大忙しだが、ベストを尽くそうとする。片付けが苦手。

 

ゆっこ

声 – 不明
太田家のペットでクリーム色のイギリス系ミニチュアダックスフント。
くんちゃんが産まれるより前から夫婦と一緒にいる。くんちゃんのおかあさんがペットショップで一目惚れし、おとうさんは渋々承諾した。

 

謎の男

声 – 吉原光夫
くんちゃんが庭先で出逢った、奇妙ないでたちをした男。愛情に飢えているらしく、「自分はかつてこの家の王子だった」と話す。実は、くんちゃんとも所縁がある。

 

ばあば

声 – 宮崎美子
くんちゃんの祖母。二人目を出産するおかあさんの代わりにくんちゃんとゆっこの面倒をみる。おとうさんの設計した自宅のデザインが好きではない。

 

じいじ

声 – 役所広司
くんちゃんの祖父。ひなまつりの日に孫に会いに来る。未来の写真を撮ろうとするも、くんちゃんに邪魔される。

 

青年

声 – 福山雅治
くんちゃんが時空の旅先で出逢った若者。ある理由から足を引きずって歩く。くんちゃんに大きな影響を与える。実はくんちゃんと所縁のある人物。

 

少女

声 – 雑賀サクラ
くんちゃんが時空の旅先で出逢う少女。部屋を散らかすのが好き。実はくんちゃんと所縁のある人物。

 

男子高校生

声 – 畠中祐
くんちゃんが時空の旅先であるJR京浜東北線・根岸線磯子駅の待合室で出逢う、ぶっきらぼうな話し方をする男子高校生。実はくんちゃんと所縁のある人物。

 

東京駅の遺失物受付センターのロボット

声 – 神田松之丞
くんちゃんが時空の旅先である東京駅で出逢うロボット。

未来のミライ くんちゃん

主人公は、くんちゃん。

本名は「おおた くん(太田訓)」。甘えん坊な4歳の男の子

4歳にしてはちゃんとしゃべるし、ちゃんとした男の子じゃないか。

未来に嫉妬するのは仕方ない。

未来のミライ 舞台

未来のミライの舞台は横浜市の磯子区、金沢区あたり。

 

「くんちゃん』「が自転車に乗る練習をする場面で登場したのは、根岸森林公園です。

 

「ひいじいじ」は「くんちゃん」をバイクに乗せて、海岸沿いを走行していますが、その際に通ったのが、根岸湾⇒馬堀海岸沿い⇒三浦海岸です。

 

 

 

コメント