裏切りのサーカス ネタバレ、感想、あらすじ、動画

スポンサーリンク
映画

『裏切りのサーカス』(うらぎりのサーカス、原題: Tinker Tailor Soldier Spy)は、2011年のイギリス・フランス・ドイツ合作のスパイ映画。ジョン・ル・カレの1974年の小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を、ブリジット・オコナーとピーター・ストローハンが脚本化し、トーマス・アルフレッドソンが監督した作品である。主人公のジョージ・スマイリー(英語版)をゲイリー・オールドマンが演じ、コリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ、キーラン・ハインズらが共演する。

イギリスのワーキング・タイトル・フィルムズが製作し、フランスのスタジオカナルが出資した。プレミア上映は第68回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で行われた。本作は批評家には好評を持って迎えられ、またイギリスでは週末興行収入で3週連続1位となった。日本ではR15+指定。

感想などをまとめた。

裏切りのサーカスのあらすじ

「裏切りのサーカス」のあらすじは次の通り。

時は東西冷戦の時代。

世界はアメリカ、イギリスを中心とする「西側」と、ソ連を中心とする「東側」が対立していました。

英国情報部「サーカス」のチーフ“コントロール”に、「東側」の国家ハンガリーのある軍人から「サーカスにソ連の二重スパイがいる」という情報がもたらされます。

“コントロール”は腹心の部下であるジム・プリドーをハンガリーに派遣します。

しかし、それはソ連の大物スパイ、“カーラ”が仕掛けたワナでした。

ジム・プリドーはブタペストのカフェで撃たれてしまいます。

プリドーは一命はとりとめますが、ソ連のスパイ組織KGBに捕まってしまいました。

この事件をきっかけにコントロールは辞任し、その後死んでしまいます。

映画の主人公は「サーカス」のベテランスパイ、ジョージ・スマイリーです。

彼はコントロールが「サーカス」内部にいるソ連の二重スパイ「もぐら」を調査していたことを知り、その調査を行う事にします。

もぐらは、スマイリー以外のサーカスの4人の幹部のうちの誰かです。

スマイリーは調査を進めていくうちに、「サーカス」が行っていた「ウィッチクラフト作戦」が怪しい、とにらみます。

「ウィッチクラフト作戦」とは、「サーカス」の内部に二重スパイがいるようにソ連に思わせ、ソ連側にどうでもいい情報を渡し、代わりにソ連側の情報を受け取る、というものです。

しかし、この作戦自体が実はカーラの罠であり、本当に重要な情報を二重スパイが渡しているのです。

実にややこしいですが、実際の諜報活動とはこういう騙し合いの連鎖です。ジェームズ・ボンドやジェイソン・ボーンやイーサン・ハントのように格闘したり撃ち合いしたりカーチェイスしたり、あんな派手な事はやりません。

スマイリーのもとに、「サーカス」の現場工作員であるリッキー・ターがやってきます。

リッキー・ターはソ連の女性イリーナと恋愛関係になっています。

イリーナは「サーカス」にいる二重スパイの情報を与えるので、西側に亡命させて欲しいとリッキー・ターに頼んでいました。

リッキー・ターはそれを「サーカス」に連絡します。その情報が「もぐら」に漏れ、イリーナは捕まっていたジム・プリドーの前で射殺されます。

リッキー・ターは手の込んだ方法で、英国にとって「裏切者」だと思われるような罠にはまっています。実にややこしいです。

リッキー・ターはスマイリーにその件を報告し(または彼に助けてもらうため)秘かに帰国したわけです。

このへんで、スマイリーとカーラの関係が明らかになります。

かつて、スマイリーは捕まっていたカーラの取り調べをした事があります。

その時スマイリーは、アンという妻がいることをカーラに漏らしてしまいました。

アンは地味なスマイリーと違って派手好きな女性であり、いまはスマイリーも元を去ってしまっています。

実は、カーラはもぐらにアンを誘惑させているのです。

カーラのこの作戦は、西側諸国を骨抜きにするものであると同時に、スマイリーに対する個人的な挑戦(西側VS.東側であると同時に、おれとおまえの戦いなんだぜというメッセージ)でもあるわけです。

このあたりの物語の奥の深さ。原作者である英国スパイ小説の重鎮ジョン・ル・カレの真骨頂です。

スマイリーは、二重スパイをあぶり出すために一芝居打ちます。

リッキー・ターをパリに派遣し、そこから「リッキー・ターが情報を持っている」という打電をサーカス本部に打たせます。

「リッキー・ターがパリにいて何か送ろうとしている」という重要な情報は、絶対二重スパイがソ連に連絡するとにらんだスマイリーと部下たちは、「ウィッチクラフト作戦」の本部みたいに使っていた家で張り込みます。

すると男がやってきました。

サーカスの幹部の一人であるビル・ヘイドンです。

彼こそが二重スパイの正体でした。

ビル・ヘイドンは逮捕され、取り調べが行われます。

ビル・ヘイドンはある日、外に出たところを射殺されます。

撃ったのは、ソ連から釈放されて英国に帰っていたジム・プリドーです。

彼はビル・ヘイドンと愛人関係にあったようです。ビル・ヘイドンはバイセクシュアルだったのでしょう。

撃った理由はわかりません。愛していたのに裏切られたからか、ソ連に送還されて愛する彼が厳しい取り調べをされ最後には用済みとして消されてしまうのだったら自分の手で殺そうと思ったからか。

そしてソ連に騙されていたサーカスの幹部たちは失脚し、スマイリーが新しい“コントロール”となります。

裏切りのサーカスのネタバレと感想

ポイント1

英国諜報部であるサーカス内にいる裏切り者である「もぐら」を見つけ出す物語だけど、はっきりいって長難解。

一度見たぐらいじゃストーリーが分からない。

 

 

ポイント2

ストーリーの最初で、コントロールはサーカスの主要メンバー全員を疑っている。

実際にコントロールが失脚後、すぐに病死するが、コントロールの部屋には、ジョージ・スマイリーをはじめ、パーシー・アレリン、ビル・ヘイドン、ロイ・ブランド、トビー・エスタヘイスという5人のサーカスのメンバーと、それからカーラの写真をチェスの駒に貼り付けている。

コトロールは、これらの6人を怪しんでいた。

つまり、KGBの大物であるカーラを除く、サーカスの主要メンバー5人の内、誰かがモグラ。

コントロールの右腕だったジョージスマイリーも自分が疑われていた事を知ってショックだったんじゃないかな。

 

ポイント3

イリーナが捕まったのは、リッキー・ターに「サーカスにKGBの2重スパイがいる」という情報を教えたからです。

彼女はその情報の見返りとして亡命を望んでいました。

それをリッキー・ターはサーカスに報告してしまったため、サーカスに潜んでいた2重スパイの知るところとなり、さらにその情報はKGBのカーラの元に伝わります。

情報の流れとしては

イリーナ→リッキー・ター→サーカス→サーカスの2重スパイ→カーラ

 

ポイント4

イリーナは既に逮捕されていて、ジム・プリドーの前に引き出されます。

「この女を知ってるか?」と聞かれたプリドーは「知らない」と答えます。

これは本当でしょう。

彼がイリーナを知っている理由がないので。

そこでイリーナをいきなり射殺したのは、おそらくジム・プリドーに恐怖を与えるためだと思います。

なぜ彼女が微笑んだのかはわかりません。

しかし、KGB、簡単に人を殺しすぎだろ。

ストーリーの展開からイリーナが殺されるとは思わなかった。

このシーンは一番衝撃的で見たくなかった。

 

ポイント5

最後、モグラはビル・ヘイドンって事になるけど、ビル・ヘイドンもこれだけ情報がダダ漏れだったらいつか疑われるの分からなかったのかな?

 

映画を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント