映画 アマデウス、あらすじ、サリエリ、音楽、曲、動画

スポンサーリンク
映画

『アマデウス』は、1984年に制作された映画。

ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化。

あらすじ

モーツァルトに嫉妬していたサリエリの回想。

モーツァルトの謎に満ちた生涯を綴った物語。

サリエリの嫉妬と復習の罠が、天才へのレクイエム。

サリエリ

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri [anˈtɔːnjo saˈljɛːri]、1750年8月18日 – 1825年5月7日)はイタリアのレニャーゴ生まれの作曲家。

 

 

映画アマデウスの中で、サリエリがモーツァルトを毒殺した描写は事実と異なる。

映画『アマデウス』などで描かれているような、彼が精神病院で余生を閉じたり、モーツァルトを死に追いやったと告白する場面は当時のスキャンダラスな風聞を元にしており事実とは大きく異なる。実際に彼は死の直前まで入院していたが、それは痛風と視力低下が元で起こった怪我の治療の為である。ただ、身に覚えの無い噂に心を痛めていたらしく、弟子のモシェレスにわざわざ自らの無実を訴えた所、かえってこれがモシェレスの疑念を呼び、彼の日記に「モーツァルトを毒殺したに違いない」と書かれてしまう結果になる。

ピアノ協奏曲、サウンドトラック

1. 交響曲 第25番 ト短調より 第1楽章(W.A.モーツァルト)

2. アイネ・クライネ・ナハトムジークより 第1楽章(W.A.モーツァルト)

3. 「スターバト・マーテル」より“肉体が死に滅びる時”(ペルゴレージ)

4. サリエリの行進「フィガロの結婚」より 第1幕“もう、飛ぶまいぞ”(サイモン・プレストン/W.A.モーツァルト)

5. 管楽器のためのセレナーデ 変ロ長調より 第3楽章(W.A.モーツァルト)

6. 「後宮からの誘拐」より“トルコ近衛兵の合唱”/“私は皇帝になりたいな”(ドイツ軍歌)(W.A.モーツァルト)

7. 「後宮からの誘拐」より“フィナーレ”(W.A.モーツァルト)

8. ミサ曲 ハ短調より“キリエ”(W.A.モーツァルト)

9. フルートとハープのための協奏曲より 第2楽章(W.A.モーツァルト)

10. 交響曲 第29番 イ長調より 第1楽章(W.A.モーツァルト)

11. グラス・ハーモニカのためのアダージョ ハ短調(W.A.モーツァルト)

12. 2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調より 第3楽章(W.A.モーツァルト)

13. 協奏交響曲 変ホ長調より 第1楽章(W.A.モーツァルト)

 

1. 「ツァイーデ」より アリア“やすらかにおやすみ下さい”(W.A.モーツァルト)

2. カロ・ミオ・ベン(ジョルダーノ)

3. ピアノ協奏曲 第22番 変ホ長調より 第3楽章(W.A.モーツァルト)

4. 「フィガロの結婚」より 第3幕“ああ、花嫁の行列だ”(W.A.モーツァルト)

5. 「フィガロの結婚」より 第4幕“ああ、これで一同みな満足”(W.A.モーツァルト)

6. 18世紀初期のジプシー音楽

7. オルムスの王「アクスール」より“フィナーレ”(サリエリ)

8. 「ドン・ジョバンニ」より 第2幕“騎士長の場”(W.A.モーツァルト)

9. ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調より 第1楽章(W.A.モーツァルト)

10. 「魔笛」より 序曲(W.A.モーツァルト)

11. 「魔笛」より アリア“夜の女王”(W.A.モーツァルト)

12. レクイエム ニ短調より イントロイトゥス(W.A.モーツァルト)

13. レクイエム ニ短調より ディエス・イレ(W.A.モーツァルト)

14. レクイエム ニ短調より レックス・トレメンデ(W.A.モーツァルト)

15. レクイエム ニ短調より コンフターティス(W.A.モーツァルト)

16. レクイエム ニ短調より ラクリモサ(W.A.モーツァルト)

17. ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調より 第2楽章(W.A.モーツァルト)

映画、動画、配信を格安で見るサイト、アプリ

最近、映画を見るのはオンラインで見るが主流だろう。

レンタルビデオショップなんかに行く手間は省けるし、とにかく安い。

 

オンラインで映画を見るサイトもいろいろあるけど、一番のお薦めはU-NEXTだ。

ここをおすすめする理由は、月額1,990円で見放題と断トツで安い事だ。

これだけで、映画以外に、雑誌も見放題だ。

 

公式サイトで、何が見れるか確認してみたらいい。

 

最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も配信。

 

U-NEXTでは12万本以上の動画を配信。
↓公式サイトはコチラ

U-NEXT

 

 

コメント