テンバガーとは、(英語:ten baggar)、見つけ方、米国株の方がよいか?

スポンサーリンク
投資

テンバガーについてまとめ。

テンバガーとは

株価が10倍になった銘柄、なりそうな銘柄のこと。野球用語でバガーは塁打を意味し、一試合で10塁打(テンバガー)を記録するくらいの勢いで株価が急騰し、10倍まで跳ね上がる銘柄をテンバガーと呼ぶ。

元々は野球用語で、1試合で10塁打と驚異的な数字をあげることを意味し、それが転じて、株式用語では、株価が10倍になるくらい爆発的に上昇する銘柄(または上昇しそうな銘柄)のことを意味します。 four-baggerはホームランです。 そして10塁打がTen baggerとなります。

テンバガーの見つけ方

テンバガーの見つけ方をまとめた。

 

(1)テーマ株相場の流れにより短期間で一気に上昇するケース

(2)大きく売り込まれたもののその後業績が回復して大きく上昇するケース

(3)業績の伸びが何年も続いたことにより株価が大きく上昇するケース

テンバガー(10倍株)を見つけよう~基礎知識編 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
 個人投資家ならぜひ狙ってみたい「テンバガー」。テンバガーとは、株価が10倍に値上がりした株のこと。中にはテンバガーならぬ「ハンドレッドバガー」、つまり株価が100倍になるようなケースもあります。 株価が10倍以上になる株の特徴や気を付け…

 

 

  • 『創業者が筆頭株主』
  • 『上場してから4年以内の銘柄』
  • 『時価総額300億円以下の新興株』
  • 『テーマ性がある銘柄』
  • 『業種がIT・通信業』
  • 『株価500円以下の低位株』
  • 『急成長株』
【2020年】最新テンバガー候補株!株価10倍期待の銘柄 | テーマ株チェッカー
2020年テンバガー(株価10倍)候補銘柄をご紹介!過去のテンバガー銘柄を振り返り、これまでのテンバガー銘柄からテンバガーの条件「時価総額」「業種」「低位株」などを一覧にまとめ、2020年注目の5GやAI(人工知能)などのテーマ性に絡んだ最新テンバガー候補について記載しています。

 

ストップ高のない米国株の方が儲かるか?

 

日本の株式取引では、一日の取引で生じる値上がりと値下がりの変動幅が株価によって決められています。これを値幅制限といい、その上限をストップ高(だか)、下限をストップ安(やす)。これらの値をストップ値段といいます。

ストップ高が設定されている理由は、適正な株価の形成のためで、ストップ安がある理由は、不測の損害からの投資家の保護のためなのですが、米国株には、この値幅制限がありません。一日に起こりうる爆上げも大暴落も無制限。天井なしで底もなし。

【米国株が儲かる理由】値幅制限がない=ストップ高なしで爆上げし続けられる - ゴジュウカラの米国株投資ブログ

 

 

テンバガーって、ネッシーでも宝くじでもなく、ごろごろあるんですよね。米国株においては、テンバガーは珍しいものではない。

グーグル、アップル、アマゾン、フェイスブック、ネットフリックス、テスラ。。

テンバガーとは?株価が10倍以上になった米国株12例 - ゴジュウカラの米国株投資ブログ

 

 

コメント